袁術祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】

この記事の所要時間: 258




 

蜀漢において軍務を取り仕切った大将軍の官位には、

丞相として全権を掌握していた諸葛亮孔明死去後、蒋琬(しょうえん)が引き継ぎました。

蒋琬が病気になった際には、後継として費禕(ひい)が大将軍になっています。

そこまでは引き継ぎも含め順風満帆だったのでしょうが、費禕が暗殺されたことで混乱が生じます。

費禕が亡くなったのが西暦253年のことですから、そこから数年は大将軍空位の時期となります。

費禕と同格の器とされていた董允(とういん)は費禕よりも先に死去していました。

諸葛亮孔明が後任として名をあげていた多くの人材が西暦253年までにこの世を去っていったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




ひとり気を吐く姜維

 

蒋琬や費禕の近くで将として活躍していたのが姜維です。

彼もまた諸葛亮孔明の期待を受けていた人材のひとりでした。

費禕の急死によって対魏の経験豊富な姜維が後任に指名されます。

姜維は費禕の軍務を引き継ぎました。

魏の西方の司令官であった郭淮の後任は経験豊富な陳泰です。

西暦253年、軍務を司ることになった姜維は雍州の南安を攻めます。

五丈原よりもはるかに西方で、涼州に近い場所です。

姜維はもともと雍州に住んでおり、

さらに近隣の異民族との国交も丁寧に行って味方につけていましたから、

ある程度の成果が期待できたのでしょう。

しかし、郭淮・陳泰の援軍が南安に向っていることを聞き、不利と判断して撤退しています。




己の存在感をアピールしなければならない事情

 

姜維は有能な先輩方に見込まれた蜀漢で期待の将でした。

ただし、魏を裏切って蜀に降ったという過去があります。

そんな姜維が出世していくことに疎ましく思う蜀臣も多かったことでしょう。

姜維がさらに認められるためには強力な手柄、武功が必要だったのです。

それは諸葛亮孔明ですら成し得なかった北伐の成功でした。

姜維は西暦254年に再度北伐を敢行します。南安よりもさらに西方に姜維は攻め込みます。

魏の狄道県の県長である李簡は姜維に内応します。

姜維を迎撃した魏の徐質は蜀の張嶷を討ちましたが、姜維の反撃の前に討ち死にしています。

姜維は魏領の三県を占領します。しかし補給が続かず徹底を余儀なくなれました。

さらに翌年の西暦255年には再度狄道を攻め、魏の西方司令官・陳泰の後継者だった王経

を打ち破ります。数万の魏の兵を姜維は討ったとされています。

しかし鄧艾(とうがい)を率いる陳泰の援軍に敗退し撤退しています。

大国・魏の領土を攻めて、ここまでの実績をあげた姜維は周囲を納得させ、

西暦256年についに大将軍の任に就きます。

 

ライバル鄧艾の台頭

 

武功をあげた魏の鄧艾は安西将軍となり、

多くの魏の将が、撤退し弱体した姜維の兵は攻めてこないだろうと予想していましたが、

鄧艾だけは姜維がすぐにまた攻めてくることを想定していました。

西暦256年、大将軍の姜維は鎮西将軍の胡済と計画し、上邽を挟撃しました。

しかし作戦を呼んでいた鄧艾の反撃にあって敗退しています。

姜維は1万の将兵を失い、致命的な損害を受けたのです。

姜維は諸葛亮孔明の先例に習って大将軍から降格します。

実は姜維は北伐においてその後も含めて四度鄧艾に敗北するのです。

魏の名将の出現と、蜀の兵力の減少は、国内に暗い影を落とします。

多くの蜀臣が北伐の無謀さを考えるようになっていきました。

諸葛亮孔明に対峙した司馬懿のように、鄧艾は姜維の前に立ちはだかりました。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

姜維はその武功によって大将軍となり、失態によって大将軍から降格しています。

それがすぐに大将軍に復帰することになるのです。

まったくもって不可解な人事でもあります。

蜀の国内はいったいどうなっていたのでしょうか。

次回、後編ではその内情について切り込んでいきたいと思います

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  2. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?…
  3. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  4. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  5. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  6. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説…
  7. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  8. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選
  2. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?
  3. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言
  4. 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣
  5. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  6. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった? 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏 109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった? 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ

おすすめ記事

  1. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  2. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!
  3. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  4. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  5. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  6. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  7. とっても皇帝になりたかった袁術
  8. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP