袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?

この記事の所要時間: 337




 

崔琰は袁紹が滅びた後、曹操に仕えることになります。

彼は曹操に仕えた後いろいろな人物に評価を与えたり人材を推挙しておりましたが、

才能がないポンコツを推挙したことによって死刑になってしまいます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!




曹操に直球で批判する

 

崔琰は袁紹が滅亡した後、曹操へ仕えることになります。

曹操は冀州を手に入れると崔琰へ「昨日、この州の戸籍を調べさせたところ、

大軍を要することのできる土地で州としては非常に大きな場所である」と述べます。

すると彼は「殿。袁家を滅ぼして冀州を手に入れました。

殿は戸籍を調べて軍勢がどのくらい手に入るかを調べたとの事でしたが、

それよりも民衆を安堵させることに力を尽くすべきでしょう。」と批判。

すると曹操は「全く君の言うとおりだ」と言って頭を下げて謝ったそうです。

このように直球で君主に対して反対意見を述べる崔琰。

その後曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)が後継者争いを始めるのですが、

後継者争いが始まったばかりの頃の彼に面白いエピソードが残っております。




公平な判断を下す

 

崔琰の兄貴の娘は曹植の嫁になっており崔琰も曹植と親しく付き合っておりました。

曹操は自らの年齢を考えてそろそろ後継者を決めようと考えておりましたが、

曹丕と曹植どちらを後継者にしようか迷っておりました。

そのため彼は配下達にどちらを後継者にするべき相談。

すると家臣達は曹家の重要なことであるため手紙に封をして曹操の元へ届けさせますが、

崔琰のみ手紙に封をしないで曹操の元へ送ります。

曹操は崔琰の手紙を開いて読むとため息を一ついて、彼の公平な判断力に感心します。

崔琰の手紙には「後継者は年齢の順序によって決めるべきです。

曹丕様は判断力にすぐれ、知識においても申し分ないとおもいます。」と書いておりました。

自らの兄の娘が曹植に嫁いでいるにも関わらず公平で客観的な進言を行います。

崔琰は反対すべき事柄には直球で反対意見を述べます。

また相談事には公平で客観的な意見を述べる事のできる人物でした。

そんな彼は人物の評価にも定評のある人でした。

 

司馬懿・孫礼など多くの人材の評価をする

 

崔琰は適切な人物評価をすることで定評を持っている人物でもありました。

彼は司馬懿の兄である司馬朗(しばろう)と仲が良く、

弟である司馬懿が成年に達するとかれの人相などを見て

「君の弟はあんたを超える人材になるに違いない」と評価。

司馬朗はちょっとだけ不満でしたが崔琰は自らの判断を覆すようなことをしませんでした。

また涿郡の廬毓(ろいく)や孫礼(そんれい)達には「孫礼は剛毅果断で廬毓はどんなに鍛えても

つぶれることのないタフな精神力を持っている。

二人共後年三公の位に登る人物になるであろう」と高評価を下しており、

司馬懿の人物評価や廬毓・孫礼の人物評価は見事に当たることになります。

優秀な人物であった崔琰ですがどうして処刑されてしまうのでしょうか。

 

ポンコツを推挙してしまう

 

このように多方面に才能を持っていた崔琰は多くの人材を推挙しており、

ほとんどが有能な人材として魏国に仕えておりました。

曹操も崔琰が推挙してくる人材は優秀であるため、

推挙してくる人材をほとんど受け入れておりました。

崔琰はある日、鉅鹿(きょろく)の人で楊訓(ようくん)という人物を曹操へ推挙。

曹操は彼が推挙してくる人材にハズレはいないと考えているためすぐに彼を迎えに行かせます。

こうして楊訓は曹操に仕えることになるのですが、

この人物が崔琰の命を奪ってしまうとんでもない人でした。

 

阿ることしかできないポンコツ

 

楊訓は曹操へ上奏文を上げるのですが、

この上奏文の内容が実がなくただ阿っているだけのくだらない上奏文でした。

崔琰は楊訓が上げた上奏文を読んで彼に手紙で「もう少しまともに書いてくれ」と注意します。

この崔琰の手紙を手にいれた人物は曹操へ「崔琰は王を誹謗中傷するような手紙を

楊訓へ送っております。」と悪口を言います。

この悪口を信じてしまった曹操は激怒して、崔琰を牢屋にぶち込んでしまいます。

しかし崔琰は牢屋にぶち込まれても平然としており、

自らを訪ねてくる人物達に会って話を聞いているような状態でありました。

 

怒って死刑にする

 

曹操は崔琰が反省しているのかどうか部下を派遣して様子を見に活かせます。

部下は帰ってきて曹操へ「王よ。崔琰は反省するような素振りを見せてはおりません。

彼は獄中にいながら自らに会いに来た人物達と談笑するような有様で、

ヒゲを蓄えて堂々としておりました。」と報告を受けます。

この報告を受けた曹操は激怒して「あいつは全然反省していないようだな。

この曹操を舐めているのではないか。もう許さん処刑じゃ!!」と

言って彼をすぐに処刑するように命令を下します。

崔琰が処刑されると聞いた多くの家臣は曹操へ命乞いを行いますが、

崔琰を許すことなく刑を執行してしまうのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

崔琰は楊訓というポンコツを推挙したせいで処刑されてしまいます。

民衆達は彼が亡くなったことを聞くと大いに悲しみ、

無実の罪に着せられて亡くなったのではないかと長い間噂していたそうです。

確かに楊訓を推挙することがなければ彼は亡くなる事は無く、

曹操が部下の報告を真に受けないでしっかりと調査していれば彼を亡くなる事はなかったでしょう。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  2. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  3. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  4. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…
  5. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  6. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  7. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?…
  8. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  2. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  3. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  4. 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?
  5. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  6. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事! 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム? 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介 116話:劉備、失意の中白帝城に没す! 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎

おすすめ記事

  1. 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる
  2. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  3. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)
  4. 何で日本人は三国志が好きなの?
  5. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  6. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画
  7. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  8. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP