編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?

この記事の所要時間: 337




 

崔琰は袁紹が滅びた後、曹操に仕えることになります。

彼は曹操に仕えた後いろいろな人物に評価を与えたり人材を推挙しておりましたが、

才能がないポンコツを推挙したことによって死刑になってしまいます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!




曹操に直球で批判する

 

崔琰は袁紹が滅亡した後、曹操へ仕えることになります。

曹操は冀州を手に入れると崔琰へ「昨日、この州の戸籍を調べさせたところ、

大軍を要することのできる土地で州としては非常に大きな場所である」と述べます。

すると彼は「殿。袁家を滅ぼして冀州を手に入れました。

殿は戸籍を調べて軍勢がどのくらい手に入るかを調べたとの事でしたが、

それよりも民衆を安堵させることに力を尽くすべきでしょう。」と批判。

すると曹操は「全く君の言うとおりだ」と言って頭を下げて謝ったそうです。

このように直球で君主に対して反対意見を述べる崔琰。

その後曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)が後継者争いを始めるのですが、

後継者争いが始まったばかりの頃の彼に面白いエピソードが残っております。




公平な判断を下す

 

崔琰の兄貴の娘は曹植の嫁になっており崔琰も曹植と親しく付き合っておりました。

曹操は自らの年齢を考えてそろそろ後継者を決めようと考えておりましたが、

曹丕と曹植どちらを後継者にしようか迷っておりました。

そのため彼は配下達にどちらを後継者にするべき相談。

すると家臣達は曹家の重要なことであるため手紙に封をして曹操の元へ届けさせますが、

崔琰のみ手紙に封をしないで曹操の元へ送ります。

曹操は崔琰の手紙を開いて読むとため息を一ついて、彼の公平な判断力に感心します。

崔琰の手紙には「後継者は年齢の順序によって決めるべきです。

曹丕様は判断力にすぐれ、知識においても申し分ないとおもいます。」と書いておりました。

自らの兄の娘が曹植に嫁いでいるにも関わらず公平で客観的な進言を行います。

崔琰は反対すべき事柄には直球で反対意見を述べます。

また相談事には公平で客観的な意見を述べる事のできる人物でした。

そんな彼は人物の評価にも定評のある人でした。

 

司馬懿・孫礼など多くの人材の評価をする

 

崔琰は適切な人物評価をすることで定評を持っている人物でもありました。

彼は司馬懿の兄である司馬朗(しばろう)と仲が良く、

弟である司馬懿が成年に達するとかれの人相などを見て

「君の弟はあんたを超える人材になるに違いない」と評価。

司馬朗はちょっとだけ不満でしたが崔琰は自らの判断を覆すようなことをしませんでした。

また涿郡の廬毓(ろいく)や孫礼(そんれい)達には「孫礼は剛毅果断で廬毓はどんなに鍛えても

つぶれることのないタフな精神力を持っている。

二人共後年三公の位に登る人物になるであろう」と高評価を下しており、

司馬懿の人物評価や廬毓・孫礼の人物評価は見事に当たることになります。

優秀な人物であった崔琰ですがどうして処刑されてしまうのでしょうか。

 

ポンコツを推挙してしまう

 

このように多方面に才能を持っていた崔琰は多くの人材を推挙しており、

ほとんどが有能な人材として魏国に仕えておりました。

曹操も崔琰が推挙してくる人材は優秀であるため、

推挙してくる人材をほとんど受け入れておりました。

崔琰はある日、鉅鹿(きょろく)の人で楊訓(ようくん)という人物を曹操へ推挙。

曹操は彼が推挙してくる人材にハズレはいないと考えているためすぐに彼を迎えに行かせます。

こうして楊訓は曹操に仕えることになるのですが、

この人物が崔琰の命を奪ってしまうとんでもない人でした。

 

阿ることしかできないポンコツ

 

楊訓は曹操へ上奏文を上げるのですが、

この上奏文の内容が実がなくただ阿っているだけのくだらない上奏文でした。

崔琰は楊訓が上げた上奏文を読んで彼に手紙で「もう少しまともに書いてくれ」と注意します。

この崔琰の手紙を手にいれた人物は曹操へ「崔琰は王を誹謗中傷するような手紙を

楊訓へ送っております。」と悪口を言います。

この悪口を信じてしまった曹操は激怒して、崔琰を牢屋にぶち込んでしまいます。

しかし崔琰は牢屋にぶち込まれても平然としており、

自らを訪ねてくる人物達に会って話を聞いているような状態でありました。

 

怒って死刑にする

 

曹操は崔琰が反省しているのかどうか部下を派遣して様子を見に活かせます。

部下は帰ってきて曹操へ「王よ。崔琰は反省するような素振りを見せてはおりません。

彼は獄中にいながら自らに会いに来た人物達と談笑するような有様で、

ヒゲを蓄えて堂々としておりました。」と報告を受けます。

この報告を受けた曹操は激怒して「あいつは全然反省していないようだな。

この曹操を舐めているのではないか。もう許さん処刑じゃ!!」と

言って彼をすぐに処刑するように命令を下します。

崔琰が処刑されると聞いた多くの家臣は曹操へ命乞いを行いますが、

崔琰を許すことなく刑を執行してしまうのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

崔琰は楊訓というポンコツを推挙したせいで処刑されてしまいます。

民衆達は彼が亡くなったことを聞くと大いに悲しみ、

無実の罪に着せられて亡くなったのではないかと長い間噂していたそうです。

確かに楊訓を推挙することがなければ彼は亡くなる事は無く、

曹操が部下の報告を真に受けないでしっかりと調査していれば彼を亡くなる事はなかったでしょう。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  2. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部
  5. 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(…
  6. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  7. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力
  2. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  3. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!
  4. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  5. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ
  6. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!? 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 キングダム 525話 ネタバレ予想:朱海を翔ぶ鳳凰 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの?

おすすめ記事

  1. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将
  2. キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍
  3. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  4. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!
  5. その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10
  6. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  7. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家
  8. 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP