三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達

この記事の所要時間: 326




 

秦の始皇帝は天下統一間際に暗殺されそうになります。

しかも一度ではなく二度も暗殺されかけてしまいます。

秦が反乱を鎮圧できずに滅亡してしまうと劉邦がライバル項羽(こうう)を倒して

漢帝国を築き上げます。

彼は漢帝国を築き上げることに成功しますが、疑心暗鬼に掛かってしまいます。

 

 

そのため彼に協力してきた韓信(かんしん)彭越(ほうえつ)黥布などの諸将が劉邦に疑いを

もたれて反乱を起こして殺されてしまいます。

劉邦は天下統一前は人材確保の為、張良や陳平などの有能な人材を尊重し、

謙虚に接しておりましたが、

天下統一後はあまり他人を尊重するようなことをせず傲慢になっていきます。

そのため彼を暗殺して葬り去ってやろうと考えた人々がおりました。

しかし彼らがなぜ劉邦を暗殺しようと計画を立てたのでしょう。

劉邦にそれほど強い恨みを持っていたわけではないのですが、

あることがきっかけで恨みを持つようになり劉邦暗殺計画を立てて彼を殺害しようと試みます。

 

関連記事:40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




趙へ立ち寄る

 

劉邦は項羽と争っていた時代。

いたるところで反乱が勃発し戦国時代の群雄の子孫や子が故国で立ち上がって

割拠しておりました。

趙の国も陳余(ちんよ)と張耳(ちょうじ)が協力して趙王の子孫を連れてきて趙国を建国。

だが陳余と張耳は意見の対立から喧嘩別れしてしまいます。

張耳はその後劉邦に味方して韓信と共に趙国を討伐して平定。

趙平定戦で活躍した張耳の功績を認めた劉邦は、彼に趙の国を与えて優遇します。

その後天下統一が果たされた後も張耳は趙国の主として君臨しておりましたが、

亡くなってしまいます。

劉邦は張耳の息子へ娘を与えて婚姻関係を結んでいた間柄であったので、

白狼山で匈奴軍との和平が行われた帰り道に趙へ寄って行くことにします。

張耳の息子である張敖(ちょうごう)は劉邦が来ることを知ると急いで趙の国の道をきれいにしたり、

劉邦をもてなすために食材を集めて豪勢な料理を作り、彼を待ち受けます。




傲慢な態度を取り続ける

 

劉邦は趙の国へ入ると張敖の歓迎を受けます。

しかし彼は張敖の歓迎を喜ぶ風でもなく当然のように受けます。

また彼は上座に座って足を投げ出して張敖の家臣達を怒鳴りつけて指示を与える始末です。

この劉邦の態度に激怒したのは趙王・張敖ではなく

趙の大臣である貫高(かんこう)・趙午(ちょうご)でした。

 

張敖にブチギレる

 

貫高と趙午は張耳の時代から食客として側に仕えており、礼儀を重んじる人達でした。

そのため劉邦の無礼な態度にブチギレて張敖へ「王よ。なぜ劉邦を注意しないのです。

王が誠心誠意尽くしているのにも関わらずあやつはあんなに無礼な態度をとっているのですぞ。

激怒してもいいでしょう。」と張敖を責めます。

しかし張敖は「お前たちやめないか。陛下は我が義父であり漢の皇帝であるぞ。」と注意します。

だがふたりは張敖の注意を聞かずにその場を立ち去ってしまいます。

 

劉邦暗殺計画始動

 

ふたりは家臣を集めて密議を交わします。

貫高は激怒しながら趙午へ「王はダメだ。我らで劉邦を暗殺しようではないか。

無礼な態度を取った劉邦へ天誅を行おうぞ」と述べます。

趙午も貫高の意見に賛成し、家臣達も賛成したことで暗殺計画は始動することになります。

 

綿密な計画を立てるも劉邦の直感によって計画失敗

 

ふたりは家臣達を柏人と言われる場所に伏兵を置いて、

劉邦がここを通ったらすかさず急襲して一気に劉邦を殺してしまおうとの計画を立てます。

この計画は事前にバレることなく日が過ぎていきます。

そして劉邦が趙の国をあとにして首都へ帰還しようと行軍を開始すると

柏人で一泊してから首都へ行く計画を立てておりました。

しかしこの柏人へ到着すると彼はふと周りを気になり始めて家臣へ

「ここはなんという地名か」と訪ねます。

すると家臣は「柏人と言います」と応えます。

劉邦は「柏人か。文字を崩すとひとが迫ってくるという意味か。なんとなく縁起が良くない。」と

独り言を言ってからこの地を去っていきます。

貫高と趙午は暗殺計画が失敗したことを知り大いに落胆し、

ふたりは「暗殺計画がバレたらすぐに出頭して自分達が企んだことにしよう。

そうすれば王に迷惑をかけないはずだ」と決めておりました。

そのため暗殺計画が失敗しても落胆するのですが、あまり気にかけず政務に励んでいきます。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

劉邦は項羽と戦っている時からあまり礼儀正しくない性格でした。

特に儒教を学んでいる学者達が大嫌いだったので、

彼らが劉邦に色々と進言すると辟易してしまいます。

また劉邦はある儒者の言っていることに苛立ち彼が付けている冠に小便をかけたこともありました。

このようにすこぶる態度の悪い人物でした。

 

参考文献 史記 司馬遷 和田武司・山谷弘之訳など

 

関連記事:劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

関連記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹
  2. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  3. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさ…
  4. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の…
  6. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  7. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた…
  8. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. 江華島事件と戦前の日朝関係とは? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  2. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから?
  3. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  4. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  5. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画
  6. なぜ孫権は暴君と化してしまったのか?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ) 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか? 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの?

おすすめ記事

  1. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?
  2. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  3. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!
  4. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?
  5. 【朝まで三国志 2017】諸葛亮参戦のお知らせ
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/9〜10/15】
  7. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?
  8. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP