曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?

この記事の所要時間: 221




 

高祖・劉邦(りゅうほう)を支えたのは張良(ちょうりょう)陳平(ちんぺい)だけではありません。

劉邦の挙兵時代から付き従っていた家臣の中も大勢おります。

その中でも文官として力を発揮していたのが蕭何(しょうか)です。

彼はあまり戦場で目立つような働きをしておりませんでしたが、

戦場の兵士達にとって一番大事な食料補給や

戦争が下手な劉邦のために兵士を募兵して前線へ送りこむ仕事を担当しておりました。

また三国志の英雄・曹操の先祖として有名な曹参は将軍として各地の戦場で活躍しており、

彼は韓信と共に趙平定戦や斉平定戦等で活躍していた人物です。

この二人は漢帝国が樹立されると蕭何は漢帝国の丞相として国政を担当し、

曹参は斉国の丞相として劉邦の息子を補佐しておりました。

別々の道を進むことになった彼らですが、漢帝国の群臣の中で知らない者は誰ひとりいないほど

仲が悪かったそうです。

そんな彼らですが、丞相蕭何がなくなる時に仲の悪かった曹参を次の丞相として任命するように

遺言を残して亡くなっていた事を知っておりましたか。

今回は仲の悪かった蕭何は曹参を後継者として推薦したのか。

この点にスポットライトを当てて見たいと思います。

 

関連記事:【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




蕭何、病を得る

 

漢帝国の功臣として最大の栄誉を得た蕭何。

彼は劉邦が天下統一をしてから功労者達へ褒美を与えていきます。

この時蕭何は張良や陳平、曹参らを追い越して一番大きな領土をもらい、

爵位も一番偉い爵位をもらい宮殿では小走りに走る必要なくゆっくりと歩き、

剣もつけたまま殿上に上がって良く、皇帝に目通りする際は名前を呼ばれない

三つの最大の特典を与えれます。

上記は三国時代に曹操献帝からもらった特典です。

こうした最大特典を与えられて漢の功臣の一番となった蕭何ですが、

漢の初代皇帝の死後、二代目皇帝・恵帝(けいてい)が即位した時に病にかかってしまいます。




私の次の宰相には曹参にしてくださいby蕭何

 

蕭何は病にかかっていまいます。

あらゆる医者に見せますが彼の容態は一向によくなりませんでした。

漢の二代目皇帝である恵帝は蕭何を見舞いに行きます。

恵帝は彼を見舞うと「丞相。もしあなたが亡くなった際、次の丞相は誰がいいのであろう」と

質問します。

三国志諸葛孔明が倒れた際、劉禅の使者としてきた李福と孔明の質問に似ていますね。

話がそれました・・・・。すいません。

さて恵帝から質問をされた蕭何は「陛下は臣下の能力を見抜く力を持っておいでしょう。

次の丞相はもうすでに決めているのではないのでしょうか。」と尋ねます。

すると恵帝は「さすが丞相。私は次の丞相を曹参にしようと思うがどうであろう。」と答えます。

恵帝は蕭何と仲の悪い曹参の名前を聞いた事で激怒するのではと

ビクビクしておりましたが意外にも蕭何は納得して、

「陛下の仰る通りです。ぜひ彼を私の次の丞相としてください。」と

恵帝に伝えてから数日後に亡くなってしまいます。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

蕭何はなんで曹参を自らの後継者として推薦したのでしょうか。

漢帝国の家臣達が皆知っているほど仲が悪いのに・・・・。

レンの私見ですが二人は互いの能力を認め合っている仲で、

本当は仲が悪いわけではなく、超仲が良かったのではないのでしょうか。

では何で仲が悪いふりをしなくてはならなかったのでしょうか。

それは晩年の劉邦の疑心暗鬼から来ているのではないかと考えます。

漢帝国の功臣の仲で一番が蕭何ですが、二番手は曹参でした。

彼ら二人が仲良くしていれば疑い深くなった劉邦から、

あらぬ疑いをかけられる可能性があったため、二人は険悪な仲を演じていたのではにのでしょうか。

蕭何は劉邦から疑われて、一度牢屋にぶち込まれたこともあります。

上記のように考えれば腑に落ちるのですが、皆様はどうして二人は仲が悪かったと思いますか。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳:和田武司・山谷弘之など

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ…
  3. 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したド…
  4. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  5. 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣
  6. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  7. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかし…
  8. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  2. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  3. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ
  4. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  5. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  6. 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの? 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか? 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】 インスタグラムはじめました。 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは? 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将

おすすめ記事

  1. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  2. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  3. 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  4. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  5. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  6. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  7. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  8. 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP