帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?

この記事の所要時間: 221




 

高祖・劉邦(りゅうほう)を支えたのは張良(ちょうりょう)陳平(ちんぺい)だけではありません。

劉邦の挙兵時代から付き従っていた家臣の中も大勢おります。

その中でも文官として力を発揮していたのが蕭何(しょうか)です。

彼はあまり戦場で目立つような働きをしておりませんでしたが、

戦場の兵士達にとって一番大事な食料補給や

戦争が下手な劉邦のために兵士を募兵して前線へ送りこむ仕事を担当しておりました。

また三国志の英雄・曹操の先祖として有名な曹参は将軍として各地の戦場で活躍しており、

彼は韓信と共に趙平定戦や斉平定戦等で活躍していた人物です。

この二人は漢帝国が樹立されると蕭何は漢帝国の丞相として国政を担当し、

曹参は斉国の丞相として劉邦の息子を補佐しておりました。

別々の道を進むことになった彼らですが、漢帝国の群臣の中で知らない者は誰ひとりいないほど

仲が悪かったそうです。

そんな彼らですが、丞相蕭何がなくなる時に仲の悪かった曹参を次の丞相として任命するように

遺言を残して亡くなっていた事を知っておりましたか。

今回は仲の悪かった蕭何は曹参を後継者として推薦したのか。

この点にスポットライトを当てて見たいと思います。

 

関連記事:【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




蕭何、病を得る

 

漢帝国の功臣として最大の栄誉を得た蕭何。

彼は劉邦が天下統一をしてから功労者達へ褒美を与えていきます。

この時蕭何は張良や陳平、曹参らを追い越して一番大きな領土をもらい、

爵位も一番偉い爵位をもらい宮殿では小走りに走る必要なくゆっくりと歩き、

剣もつけたまま殿上に上がって良く、皇帝に目通りする際は名前を呼ばれない

三つの最大の特典を与えれます。

上記は三国時代に曹操も献帝からもらった特典です。

こうした最大特典を与えられて漢の功臣の一番となった蕭何ですが、

漢の初代皇帝の死後、二代目皇帝・恵帝(けいてい)が即位した時に病にかかってしまいます。




私の次の宰相には曹参にしてくださいby蕭何

 

蕭何は病にかかっていまいます。

あらゆる医者に見せますが彼の容態は一向によくなりませんでした。

漢の二代目皇帝である恵帝は蕭何を見舞いに行きます。

恵帝は彼を見舞うと「丞相。もしあなたが亡くなった際、次の丞相は誰がいいのであろう」と

質問します。

三国志の諸葛孔明が倒れた際、劉禅の使者としてきた李福と孔明の質問に似ていますね。

話がそれました・・・・。すいません。

さて恵帝から質問をされた蕭何は「陛下は臣下の能力を見抜く力を持っておいでしょう。

次の丞相はもうすでに決めているのではないのでしょうか。」と尋ねます。

すると恵帝は「さすが丞相。私は次の丞相を曹参にしようと思うがどうであろう。」と答えます。

恵帝は蕭何と仲の悪い曹参の名前を聞いた事で激怒するのではと

ビクビクしておりましたが意外にも蕭何は納得して、

「陛下の仰る通りです。ぜひ彼を私の次の丞相としてください。」と

恵帝に伝えてから数日後に亡くなってしまいます。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

蕭何はなんで曹参を自らの後継者として推薦したのでしょうか。

漢帝国の家臣達が皆知っているほど仲が悪いのに・・・・。

レンの私見ですが二人は互いの能力を認め合っている仲で、

本当は仲が悪いわけではなく、超仲が良かったのではないのでしょうか。

では何で仲が悪いふりをしなくてはならなかったのでしょうか。

それは晩年の劉邦の疑心暗鬼から来ているのではないかと考えます。

漢帝国の功臣の仲で一番が蕭何ですが、二番手は曹参でした。

彼ら二人が仲良くしていれば疑い深くなった劉邦から、

あらぬ疑いをかけられる可能性があったため、二人は険悪な仲を演じていたのではにのでしょうか。

蕭何は劉邦から疑われて、一度牢屋にぶち込まれたこともあります。

上記のように考えれば腑に落ちるのですが、皆様はどうして二人は仲が悪かったと思いますか。

 

参考文献 史記 司馬遷著 訳:和田武司・山谷弘之など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった…
  2. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  3. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦
  4. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  5. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  6. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織…
  7. 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの?
  8. 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  2. 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙
  3. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  4. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  5. 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる! 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは? 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚 キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した! 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?

おすすめ記事

  1. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  2. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?
  3. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  4. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  5. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  6. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる
  7. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?
  8. 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP