はじめての三国志

menu

はじめての変

蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点

この記事の所要時間: 30




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志占いの館」のコーナーです。

 

仁徳の君主として有名な劉備の子が今回の主役・劉禅(りゅうぜん)です。

劉備は蜀漢を建国するまでの期間、大変な苦労をしてきています。

それに従った義弟の関羽や張飛も同じです。

 

 

そんな劉備が「髀肉之嘆」をこぼしたのが、

荊州の劉表の客将として新野にいた頃になります。(運動不足で肥えてきたのを嘆いた)

 

 

ここで劉備は運命的な出会いをします。

劉備は軍師として諸葛亮孔明を得たのです。

そして劉禅は劉備の人生の岐路となったこの年に生まれています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙




劉禅を占う

 

三国志演義では母親の甘氏が妊娠中に

北斗七星を飲み込む夢を見たことから「阿斗」という幼名をつけられます。

北斗七星といえば、北斗神拳の伝承者ケンシロウを連想しますね。

劉禅も同じように正義のために戦うことを宿命づけられているのでしょうか。

その占いが九分の確率で当たるといわれる

自称:占い師の私が彼の運命を占ってみましょう。

フムフム・・・・・フムフム・・・・・・なんと!

出ました!!「戦場は大凶」「龍は吉」「軍師の話を鵜呑みにしていれば大吉」です!!




戦場での劉禅

 

劉禅が戦場に登場したのは西暦208年のことになります。

なんと1歳の頃です。

しかも相手は英雄・曹操。劉禅側は兵力においても圧倒的に不利な状態です。

父親の劉備はとにかく逃げます。逃げることにおいて劉備の右に出る者はいません。

妻子のことなど構わずに逃げます。

戦場と化した当陽県長坂に劉禅や母親の甘氏は取り残されてしまいます。

周囲は阿鼻叫喚の大混乱。

 

 

そこに登場したのが愛馬・白龍にまたがる劉備配下の趙雲子龍です。

趙雲は赤子の劉禅を懐に抱いて戦場を駆け抜けます。

劉禅は九死に一生を得ました。そして二度と戦場には出るまいと決心するのです。

 

関連記事:またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?

関連記事:魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?

 

戦場はトラウマ

 

なんて1歳の赤ちゃんが決心するわけもないのですが、

それ以降、劉禅は戦場に出ることがありません。

青年になっても、成人しても、親となってもです。

長坂の戦いがトラウマになったのでしょうか。それとも占いを信じたのか。

三国志の他の勢力を見てみると、呉の孫権は合肥の戦場に何度も出陣しています。

 

 

魏の文帝(曹丕)も袁紹との戦いや孫権との戦いなど幾多の戦場を渡り歩いてきています。

その子の明帝(曹叡)にしたって合肥に親征しているのです。

明帝は劉禅より1つか3つほど年上なだけです。年齢はそれほど変わりません。

しかも劉禅の蜀よりも遥かな巨大な国の皇帝です。

それでも国の大事と考えたときには出陣しています。

 

最後まで出陣せず

 

さすがに蜀が滅亡するときには少しは戦っただろう。

と想像されるひとも多いと思いますが、なんとそのときもまったく抵抗せずに降伏しています。

あれだけ諸葛亮孔明が魏の討伐のために何度も出陣しているのに、

劉禅は戦場で苦心することなく魏の軍門に下ったわけです。

まさに北斗神拳の伝承者ケンシロウとは対照的ですね。

ケンシロウは毎週戦っていましたが、劉禅は一生で一度も戦ったことがないのです。

この戦乱の時代において一度も戦ったことがないなんて・・・・・・

どこまで過保護に育てられているんだ。

豊臣秀頼もこんな感じだった気がするな。

 

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

劉禅が暗愚な君主なのかどうかには触れていません。

そこはいずれまた。

今回は劉禅がまったく戦場に出ていないことをクローズアップしてみました。

まあ、皇帝らしいといえば皇帝らしいのでしょうが。

時代が時代だからなー。少しは戦ってほしかった。

本当に戦場に出たら死にますよって占われていたのかもしれませんね。

で、劉禅は凄く占いを信じるひとだったとか。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  2. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【5/8〜5/15…
  4. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  5. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10…
  7. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  8. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説
  2. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  3. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  4. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い!
  5. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  6. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集 ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか? 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは? 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将

おすすめ記事

  1. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  2. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  3. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  4. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!
  5. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  6. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/21〜11/27】
  8. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP