キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:ろひもと理穂

【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!




 

始皇帝の恐れた七巻の天書。五巻は燃やされ、二巻は逃れた。兵法と術法の天書である】

と、いうことで始まりました新三国志ゲーム「幻想少女」のプレイ中継の第2回目。

実況は「はじめて三国志」でおなじみの「ろひもと理穂」がお送りいたします。自称三国志マニアです!

前回にお伝えしたようにこれまでの三国志の常識をぶち壊す新感覚ゲームです。

 

前回記事:【第1回】はじめての三国志が幻想少女を初見プレイ

 

ダウンロードはコチラはこちら

幻想少女にはログインボーナスがある!

 

毎日ログインボーナスがありますね。定番のサービスながらやっぱり嬉しい特典ですね。

アイテムのときもあれば、ガチャをひくための宝石(ルビー)のときもあれば、

武将カードのときもあるようですね。

幻想少女を攻略していくためにはやっぱり毎日のログインは必要です。

?マークのカードが気になりますね。なにか凄いカードなのでしょうか。

 

 

メイン画面の右上に手紙のアイコンがありますが、こちらには毎日メールが届いています。

ここからもプレゼントをゲットできますので、チェックはこまめにしないといけませんね。

一括受取を使うと時間短縮になります。

プレイするたびにたくさんの特典をもらえるのでテンションが上がります。

 

ダウンロードはコチラはこちら

ルビーを使ってガチャを回してみる

 

さて、ルビーもたまってきたところでガチャをやってみましょう。

ルビー30個でキャラガチャが1回ひけるようですね。

300個あると11連ガチャがひけます。

こちらは1回お得なうえに今回は凄いカードをひけるチャンスのようです。

昔はキン●マンのガチャをよくしていました。あの頃は1回100円で3個出てきたなー。

昔話はともかく、それではやってみましょう!

まあ呉のメンバーでガチガチに固める必要もないようなので、

私的には「馬超」とかメンバーに欲しいですね。

呉だと「陸遜」も好きだなー。魏だったら「張遼」とか。

それで「曹豹」とか「陳横」とかだったらどうしよう。いやそれはそれで面白いか。

どうか強くてカッコいいカードがひけますように!!

という期待を胸に11連ガチャやってみました。

すると・・・・・・

 

 

おおー!!まさかの「関羽」じゃないですか。

しかも★5つ。SR+の武将カードです。これはいいぞ。

早速カードを合成してレベルアップ。

関羽といえばあの曹操がもっとも手に入れたいと願った武将です。

劉備の義兄弟で義に厚く、最後まで劉備に忠を尽くしています。

蜀の五虎将軍の筆頭でもあり、三国志史上・最強レベルに位置する猛将のひとりです。

愛用の武器は「青竜偃月刀」、愛馬は有名な「赤兎馬」です。

現代では神様として祀られています。

 

 

こうなると主人公がやや貧弱に見えてくるな。

ここは一気に合成させてレベルアップしよう。

資金は120000かかりましたが、Lv.5からLv.30まで上がりました。

攻撃力、防御力、HP、クリティカルともに素晴らしい上昇です。

これなら関羽と共に戦場に立つ資格があるでしょう。

さて、どのくらい強くなっているのでしょうか。

 

ダウンロードはコチラはこちら

 

関羽の強さを検証

 

では早速、関羽を連れて冒険へGO!ストーリーを進めていきましょう。

すると敵方に張飛ロボを発見。はやくも関羽VS張飛の義兄弟対決になりましたねー。

しかし張飛ロボの光学迷彩の能力ってハイテクすぎじゃないですか!?

それを気配で気づいた主人公も凄い。

なんせ張飛ロボの破壊力は異次元の世界ですからね。勝てるのか?

 

 

戦闘モードでは、敵味方入り乱れての大激戦になります。

チーム編成されている武将の他に歩兵や弓兵も敵の兵種に合わせて呼び出します。

画面左下に並んでいる武将が私のチームですが、一番左の女の子が光ってますね。

これはスキルを発動できる準備が整った証です。

出し惜しみせずにどんどん使っていきます。

ちなみに私のチームの最強武将関羽のスキルが発動すると・・・・・・

 

 

無双矛地烈斬」が登場!!凄い強そうなネーミングですね。

使ってみると敵の大軍が一気に倒れていきます。ネーミング通りの威力です。

さすがは関羽だ。これはしばらく安泰ですね。そう簡単には負けないでしょう。

張飛ロボにも圧勝です。

ちなみにチーム編成は他に★4個の「凌統」「貂蝉」「大喬」というメンバーになっています。

バランスは良さそうな感じですね。




三国志登場人物紹介「周倉

 

【今回の三国志登場人物紹介】

今回はストーリーモードで敵キャラとして登場した「周倉」をご紹介します。

三国志では関羽の腹心です。でももともとは黄巾の賊徒。関羽に惹かれて部下になります。

三国志の「正史」には登場しません。フィクションとされています。

関羽の愛馬、赤兎馬と同じくらいの速度で走れたという伝説もあります。

「三国志演義」に登場して活躍します。

想像上の人物ですが、実際に関帝廟に祀られているほど有名です。蜀の人気武将のひとりです。

画面上ではロボですね。張飛ロボと同じ開発者なのだろうか。

確かにこれなら赤兎馬の速度についていけそうです。

 

というわけで、2回目の幻想少女プレイ中継はここまでです。

戦闘モードや武将の合成など少しずつ慣れてきました。

次回はさらに強くなって、その他の気になるイベントについてお伝えしていきます。

こうご期待。

 

次回記事:【第3回】はじめての三国志が幻想少女をプレイ【ネタバレ注意】

 

ダウンロードはコチラはこちら

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操は関羽をGET どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  2. 玉璽に興奮する袁術 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  3. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略…
  4. 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!…
  5. 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?
  6. 劉備孔明と出会う? 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?
  7. 【大三国志 攻略11】ついにLv6の城を攻略!Lv7の城はいける…
  8. 山頂に陣を敷いた馬謖 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック
  2. 織田信長
  3. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  4. 法正
  5. 呉の勢力を率いる孫策

おすすめ記事

  1. 一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ
  2. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀? 曹操に憧れる荀彧
  3. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い!
  4. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 漢の顔良(がんりょう)
  5. 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」
  6. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?

三國志雑学

  1. 兵戸制
  2. 孔子と儒教
  3. 魏延の謀反を察する孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 平清盛 鎌倉幕府
  2. 曹操
  3. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  4. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性
  5. 結婚を喜ぶ孫策

おすすめ記事

張魯 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯 【史記】には解説書が3つ三家注って何? 【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見! 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの? 西遊記 三国志 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP