キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?

三国志大学を目指す曹操




 

三国志の主役級の人物である曹操(そうそう)、優れた政治家、軍人、

詩人であった彼ですが、実は曹操、歴史の先生として宮廷で採用された事がありました。

そして、その辺りの事情を注意深く観察してみると、どうして曹操が後漢を見限り、

群雄として立ちあがったか、その理由も見えてくるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察




従妹の夫が誅殺された後、罷免された曹操に歴史の先生の仕事が・・

 

曹操が、北部都尉として赴任し、洛陽北門を警備する任務についていた頃、

仲常侍で霊帝のお気に入り、小黄門蹇碩(けんせき)の叔父が

夜中に北門を通過して禁を破りました。

「俺は蹇碩の叔父だぞ」と権力をカサにきた態度も曹操には通じず、

やはり五色棒で打ち据えて撲殺してしまいます。

 

これで洛陽は戦慄し、夜中に北門を通過する人間はいなくなりました。

 

ちなみに夜中に門を通過するものを棒で打つのは、決して非道ではなく、

野盗や犯罪者を城内に入れない為の法律であり必要なものでしたが

霊帝の時代には、法律が形骸化し、権力者は守らなかったのです。

 

この事で蹇碩は、曹操を恨みますが、なにしろ曹操は法を執行しただけなので

表立って難癖をつける事も出来ず、業績を褒め称えて、栄転という形で

頓丘(とんきゅう)令に追いやるのが精々でした。

 

曹操が、頓丘令をやっていた頃、従妹の夫である㶏彊(いんきょう)侯

宋奇(そうき)が事件を起こし誅殺されます。

曹操も従妹との関係で連座が適用されクビになりました。

しばらく故郷で隠棲していた曹操ですが、思いがけず宮廷よりお呼びが掛ります。

古学、つまり歴史に詳しい事で議郎として採用されたのです。




曹操は、どうして歴史に詳しかったの?証拠は・・

 

曹操の業績を書き記した武帝紀には、そこかしこに、

曹操の歴史の造詣への深さが窺われる記述が出現します。

 

例えば、西暦191年、黒山賊の于毒(うどく)、白繞(はくじょう)

眭固(ずいこ)らが、十余万の軍勢で魏郡・東郡を包囲、掠奪を尽くした事がありました。

この時に、曹操は、袁紹(えんしょう)の要請で、東郡大守王肱(おうこう)の

援軍に向かい、濮陽(ぼくよう)に黒山賊の白繞(はくじょう)を撃って撃破しました。

 

袁紹(えんしょう)は役立たずの王肱を大守から降ろして上表し、

太祖を東郡太守とし、東武陽に郡都を置いて統治させます。

翌年、曹操は、頓丘に軍を駐屯させますが、その隙を突いて、

于毒は、東武陽を急襲します。

 

それを知った曹操の部下は、急いで東武陽に引きかえして、

于毒を討ちましょうと進言しますが、

曹操はここで歴史ウンチクを炸裂させます。

 

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

 

わざわざ二つの歴史ウンチクを炸裂させる曹操

 

「君達は、斉の孫臏(そんびん)の故事、囲魏救趙を知っているだろう?

彼は、同盟国の趙の都、邯鄲が包囲されると、

邯鄲に向かうのではなく魏の都の大梁(たいりょう)を突いた。

当時、魏は全軍を趙に振り向けていたから、都は老人と子供ばかりだった

慌てた魏軍は、自ら邯鄲の包囲を解き、急いで戻ってきて疲れの為に

迎え撃った孫臏の斉軍に難なく撃破されたのだ。

 

また、光武帝の臣である耿弇(こうえん)は、長安と臨淄の城の間にいたが、

小さな長安城と大きな臨淄城では、実は臨淄城が攻めやすい事を考え、

わざと長安城を攻めると宣言しておいて、逆に臨淄城を攻撃、

不意を突いて撃破し、結局、長安城の敵も恐れて逃げてしまったのだ

 

我は、歴史に学び、ここは黒山賊の本拠地を攻撃する事にする。

もし、于毒が戻ってくれば、疲れ果てた所を撃破すればいいし、

戻らないなら、黒山賊の本拠地を陥落させる事が出来よう・・」

 

別に二つも事例を出す必要はないと思うのですが、、

それは、歴史オタクならではの、ウンチク話したい病でしょう。

俺は知っているぞとPRしたいのです。

 

こうして曹操は、黒山賊の本拠地に向かうと、于毒は慌てて、

東武陽の包囲を解いて戻ってきます、そこを曹操は待ち伏せて、

眭固と於夫羅(おふら)を撃破して大勝しているのです。

 

ウンチク通りに作戦が成功して、さぞかし曹操は鼻高々だったでしょうね。

 

歴史を知る曹操は衰亡する後漢を救いたかった

 

議郎は、宮廷に仕えるので、霊帝に上奏するチャンスもありました。

歴史に詳しい曹操は後漢が亡国に向かっている事を感じて忸怩たる思いを

抱えていて、どうにか、腐敗を正そうと燃えていたのです。

 

曹操は議郎になると早速、大将軍の竇武(とうぶ)や太傅陳蕃(ちんばん)達が

宦官を皆殺しにしようとして、逆に陥れられて殺された事を引き合いに出しました。

 

そして、彼等のやろうとしたことは正しいので名誉を回復すべきだし、

現在も、邪悪な人間が宮廷に蔓延っているので、これを排除すべしと上奏します。

 

宦官の害は秦を滅ぼしていますし、その後も度々、王朝を腐敗させていますから

曹操の上奏は歴史に照らして真っ当なものでした。

 

しかし、事実上、宦官のお陰で皇帝になったような霊帝は、恐ろしさから

竇武や陳蕃の名誉を回復する事も、邪悪な人間を処断する事も出来ませんでした。

彼は本心かどうか別として、宦官の趙忠(ちょうちゅう)を母、

張譲(ちょうじょう)を父と呼んでいるような臆病な人だったのです。

 

曹操は、激しい失望を味わう事になります・・

 

曹操、今度は三公を糾弾するが・・

 

しばらくすると、今度は地方の腐敗が酷いとして、三府(三公)に地方官で

無能な人間や悪名を受けている役人を罷免するように詔勅が下ります。

曹操は様子を見ていましたが、三公の判断は腐敗していて、賄賂を受けた

人間や仲常侍の関係者は見逃し、賄賂が無い人間や正義の人は陥れられて

次々と摘発されてクビになる有様でした。

 

曹操は激怒して、三公の不正を憎み、たまたま天変地異があって、

その原因を知りたいと朝廷から天下に公募があった時に上書します。

 

「畏れながら、三公は偏っております。

彼等は、悪人でも無能な人間でも、貴族に関係する人間は見逃し

賄賂を贈るものは見逃し、無実の人間を悪人としてクビにしております。

このような不正義を放置して良いのでしょうか!」

 

それは霊帝を諌めるような内容であり、流石に自らを反省した霊帝は、

三公を叱り、罷免された人々を議郎として再登用しました。

しかし、三公が行政上の責任を負う事はなく、その後も腐敗は延々と続きます。

それを見て、もはや上奏しても無意味と悟った曹操は献言を止めたのです。

 

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

関連記事:蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

その後、黄巾の乱が起きたので曹操は騎都尉として大きな活躍をします。

乱後は、済南の相になり、腐敗を一掃して人々を苦しめた邪教の廟を破壊しますが

結局、大木の根が腐っているので、どうにもなりませんでした。

 

途中、冀州刺史王芬(おうふん)、南陽の許攸(きょゆう)沛国の周旌(しょうけい)等は

豪族と手を組んで、曹操に霊帝を廃位するクーデターに加わるように密書を送ります。

 

その中で王芬等は、主君の廃位は、殷の伊尹(いいん)や前漢の霍光(かくこう)も

やっているから容易だと楽観論を述べていますが、曹操は、その粗雑な思考に呆れて、

当時と現在の状況の違いを述べて、必ず失敗するから止めなさいと言っています。

 

この辺りにも、曹操が歴史を丸暗記しているのではなく、詳細までを知り、

現状と比較検討可能な程に内容を読みこんでいる事がわかります。

 

やがて曹操は、一族にまで迷惑が掛る事を恐れて、東郡大守を辞退し、

間も無く病気と称して、故郷に引っこんでしまいます。

次に中央に出てくるのは、霊帝により西園八校尉に任命されたからですが、

まもなく霊帝も死去し後継者争いから、後漢は決定的な倒壊を迎えます。

 

歴史マニアだった曹操は、もう行政官僚として国を変えるのは不可能と悟り

筆を武器に持ちかえて自ら歴史を造る方に参加したのです。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

関連記事:曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  2. ホウ徳(龐徳) ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の…
  3. 空箱を受け取る荀彧 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  4. 篤姫 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  5. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  6. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  7. 董卓 【有料記事】董卓が洛陽の人々から強奪した金額は何と○○円!
  8. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 空箱を受け取る荀彧
  3. アンティキティラ島の機械
  4. 辮髪(べんぱつ)
  5. 平野国臣
  6. 孫権と張昭
  7. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  8. 宴会マナーと酒(古代中国)

おすすめ記事

  1. 読者の声(2018年10月28日〜11月5日) 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  3. 【PR】三国志は壮大なミステリー 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 大久保利通の死後、子供たちはどうなったの?八男一女を紹介 大久保利通 幕末
  5. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  6. 【新機種】iPhoneXR/ XS MAX対応スマホケース発売開始しました 郭嘉スマホケース

三國志雑学

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 公孫サン(公孫瓚)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜と孫策
  2. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 張遼・楽進・李典
  5. 桓騎

おすすめ記事

蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅 曹操&袁紹花嫁泥棒 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑) 朝三暮四の出典は「荘子」と「列子」でも意味は微妙に違う 【告白】私はこうして三国志にハマりました! はじめての三国志 画像準備中 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点 堀田正睦vs孝明天皇、地味な老中首座の実力とは? 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP