キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ

この記事の所要時間: 254




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の天才たち」のコーナーです。

 

 

「馬氏の五常」のひとりとして有名な馬謖(ばしょく)

諸葛亮孔明にその才を愛されたこともよく知られています。

馬謖が主将として臨んだ「街亭の戦い」については以前触れました。

馬謖諸葛亮孔明の指示に従わず山上に陣を置いたことによって敗戦しました。

この敗戦が北伐の致命傷となり、諸葛亮孔明は第一次北伐を諦めて退却したのです。

 

 

その後、敗戦の責任をとるために諸葛亮孔明は

自らの階級を三階下げてほしいと君主たる劉禅(りゅうぜん)に願い出ています。

そして馬謖を処刑しました。

「泣いて馬謖を斬る」のシーンです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る




裴松之の注釈

 

三国志「正史」に注釈をつけ、

補完作業を行った裴松之はこの時の馬謖の様子をこう記載しています。

諸葛亮孔明は馬謖を我が子のように思い、

馬謖もまた諸葛亮孔明を父として思っていた。

そこで「かつて舜が鯀を誅し、その子である禹を採り立てたようにしていただけたら、

私は死すとも恨みませぬ」と馬謖は諸葛亮孔明宛てに手紙を書いたそうです。

諸葛亮孔明は涙を流しながら馬謖の処刑を命じましたが、

その遺児は処罰されることなく以前と変わらぬ待遇を受けたと記されています。

諸葛亮孔明の思いやりの心を表すエピソードですね。

互いに信頼していたことがうかがえます。

その他、馬謖は処刑されずに獄死したという説もあります。

どちらにせよ諸葛亮孔明は、その才を愛した馬謖を許すことはしなかったのです。




陳寿による記録

 

「泣いて馬謖を斬る」のエピソードはこのような美談としても語られることがありますが、

実は許すに許せない行為が馬謖にはあったという話もあります。

街亭の戦いは主将に馬謖、その副将に王平(おうへい)が付けられました。

後詰は向朗です。山上に陣を置こうとする馬謖を王平は止めます。

諸葛亮孔明の指示が敵を倒すことではなく、この街亭を守り切ることだったからです。

しかし字も読めない王平を馬鹿にしていた馬謖はその助言を真っ向から否定し、

異論があるなら私兵で好きにしろと言い放ちました。

王平は山麓の下り坂の両側の林に私兵を五百ずつ配置します。

街亭に進軍してきた魏の張郃は街亭をすでに押さえられていることに驚きましたが、

敵陣が山上にあるため喜びました。五万の兵で麓を囲い、水源を断ちます。

打つ手がなくなった馬謖は最終的に山を攻め下りますが、兵の半数を失いました。

そして後詰の向朗のところにたどり着きます。二人は親友同士でした。

このとき、馬謖は向朗に驚くべき提案をします。

「呉に逃亡するから手を貸してほしい」

向朗は王平が戦死していたらいくらでも言い訳できるから様子を見ようと答えます。

一方、張郃は馬謖を追撃しようとしましたが、王平の伏兵に気が付き、警戒して兵を止めています。

王平は馬謖の率いていた敗残の兵を収容してから退却しました。

慌てて馬謖は呉に逃亡しようとしましたが、失敗し捕らえられたのです。

 

関連記事:登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

 

戦後処理

 

戦後、王平は評価されて参軍に任命され、討寇将軍の称号を受けています。

丞相長史だった向朗は馬謖の亡命を手助けしたとして免職。

馬謖の下で参軍だった陳寿の父親は頭髪を剃る刑(髠刑)に処されています。

正史を編纂した陳寿には父親が処分されたことも、

馬謖がなぜ処刑されることになったのかもよくわかっていたことでしょう。

馬謖は敗戦したうえに、その責任から逃れるため亡命しようとして処刑されたのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

「泣いて馬謖を斬る」

そこには潔く処刑された馬謖のイメージがありますが、

実は山上に陣を置いて敗北しただけでは処刑されていなかったかもしれないのです。

亡命まで試みたために処刑され、その情けなさに嘆いて諸葛亮孔明は涙したのかもしれません。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?…
  2. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  3. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/2…
  5. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  6. 【三国ブレイズ 攻略3】LRの武将が二人加入!メンバー選択に大苦…
  7. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいな…
  8. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  2. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!
  3. 島津斉彬と沖縄(琉球)との対外貿易計画はどんな関係性だったの?
  4. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部
  6. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?

おすすめ記事

  1. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  2. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  3. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  4. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  5. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  6. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  7. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!
  8. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP