編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?

この記事の所要時間: 228




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・これが起きたら時代は変わった!」のコーナーです。

 

 

三国志最強の武将といえば、真っ先に名前があがるのが「飛将」と呼ばれて

匈奴から畏怖された驍勇、呂布奉先でしょう。

名馬・赤兎馬にまたがり、自由自在に方天画戟を振るう姿はまさに三国志の花形です。

 

 

しかし天下に名を知られた呂布も198年に曹操に捕らえられて処刑されてしまいます。

198年といえば、反董卓連合が結成されてからわずか8年後のことです。

呂布の活躍した期間は本当に短かったといえますね。しかし残したインパクトは絶大です。

日本で例えると6年間しか実働のない新選組が、後世に絶大な影響力を及ぼしています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!




騎馬隊を率いれば敵なしの呂布

 

呂布の騎馬隊の精強さはさまざまな三国志の作品で語られています。

私が愛読している北方謙三先生の「三国志」では、

呂布軍の騎馬隊の核となる旗本五百騎の動きはまさに一匹の龍のようであると描写されていました。

三国志「正史」においても呂布自身が、

「曹操が歩兵を率い、自分が騎兵を率いれば天下は容易に平定できる」と豪語しています。

配下にも猛将として名高い張遼や、戦上手の高順などがおり、恐ろしいほどの攻撃力を誇っています。

攻めれば無類の強さの呂布も、いざ籠城となると武勇を活かしきれなかったようです。




人材コレクターの曹操がなぜ呂布を処刑したのか

 

敵陣の人材であっても有力と見れば引き抜くのが曹操です。

重臣の顔ぶれを見ても以前は曹操に敵対していた者も少なくはありません。

張遼、徐晃、張郃、龐徳、高覧、賈詡、陳登、張繍、張燕、劉勲、許攸、臧覇、昌豨などがいます。

張繍など一度降伏した後、反乱を起こして曹操の長子・曹昂や

護衛の典韋などを殺害していますが、曹操はその後の降伏も受け入れています。

昌豨など何度、曹操を裏切り反乱を起こしたことか。

その都度降伏を許されました(最期は于禁の独断で処刑されていますが)。

 

 

恨みがあっても天下泰平のため、有力な人材は起用するのが曹操です。

劉備や関羽を保護したことがあるほどです。

しかし呂布は処刑しています。

正史にも三国志演義にも同様の記述がありますが、

呂布の起用に心を動かされた曹操にくぎを刺したのは劉備です。

丁原を裏切り、董卓を裏切った男を信用してはいけないと助言したのでした。

曹操はそれを聞いて処刑を決断します。

恐らく劉備にしてみたら、

曹操と呂布が手を結んだら手が付けられなくなると懸念したのではないでしょうか。

実は曹操にしても劉備と呂布が手を結んでいたときはかなりの脅威に感じていたようです。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

もしも呂布が曹操に起用されていたら

 

先鋒を任されていたら対袁紹戦で大きな成果をあげているでしょう。

兵糧不足の関係で多方面同時展開の作戦がとりにくい曹操の陣営ではあったものの、

呂布を総大将にして荊州攻めを命じることも可能です。

一気に荊州北部を制圧できたかもしれません。

問題はどこまで信用できるか、呂布の独立や反乱をどこまで抑えられるかです。

赤壁の戦いで曹操が大敗した直後などが危険ですね。

まず確実に反乱を起こしていたのではないでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

呂布がその生涯を閉じるまで曹操に忠誠を誓うということはありえません。

再び、曹操の前に立ちはだかるのは明白です。

その時に呂布がどの勢力と手を結んでいるのかがポイントになるでしょう。

潤沢な経済力と軍事力を有している勢力が背後につけば呂布はさらに脅威となります。

孫策、孫権などと結びつけば、呂布は徐州・青州・豫州などで暴れまわることになり、

その征伐は容易な事ではありません。

下手をしたら曹操が滅ぶことにもなりかねません。

将来のことを考えると、曹操が呂布を処刑したことは正解だったのではないでしょうか。

でも生きていてくれたほうが盛り上がったのは確かでしょうね。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  2. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  3. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(…
  4. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だ…
  5. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  6. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  7. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  8. 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  2. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  3. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  4. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  5. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  6. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説! 3周年を迎える「はじめての三国志」公式オンラインストアをオープン! 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 キングダム 531話 ネタバレ予想:必殺の別働隊 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】 『日経三国志』のテレビCMが、ACC賞フィルム部門でブロンズ賞を受賞!

おすすめ記事

  1. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  2. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる
  3. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  4. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  5. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?
  6. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  8. キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP