ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?

呂布、黒山賊




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・これが起きたら時代は変わった!」のコーナーです。

 

 

三国志最強の武将といえば、真っ先に名前があがるのが「飛将」と呼ばれて

匈奴から畏怖された驍勇、呂布奉先でしょう。

名馬・赤兎馬にまたがり、自由自在に方天画戟を振るう姿はまさに三国志の花形です。

 

 

しかし天下に名を知られた呂布も198年に曹操に捕らえられて処刑されてしまいます。

198年といえば、反董卓連合が結成されてからわずか8年後のことです。

呂布の活躍した期間は本当に短かったといえますね。しかし残したインパクトは絶大です。

日本で例えると6年間しか実働のない新選組が、後世に絶大な影響力を及ぼしています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!




騎馬隊を率いれば敵なしの呂布

 

呂布の騎馬隊の精強さはさまざまな三国志の作品で語られています。

私が愛読している北方謙三先生の「三国志」では、

呂布軍の騎馬隊の核となる旗本五百騎の動きはまさに一匹の龍のようであると描写されていました。

三国志「正史」においても呂布自身が、

曹操が歩兵を率い、自分が騎兵を率いれば天下は容易に平定できる」と豪語しています。

配下にも猛将として名高い張遼や、戦上手の高順などがおり、恐ろしいほどの攻撃力を誇っています。

攻めれば無類の強さの呂布も、いざ籠城となると武勇を活かしきれなかったようです。




人材コレクターの曹操がなぜ呂布を処刑したのか

 

敵陣の人材であっても有力と見れば引き抜くのが曹操です。

重臣の顔ぶれを見ても以前は曹操に敵対していた者も少なくはありません。

張遼徐晃、張郃、龐徳、高覧、賈詡陳登張繍張燕、劉勲、許攸臧覇昌豨などがいます。

張繍など一度降伏した後、反乱を起こして曹操の長子・曹昂

護衛の典韋などを殺害していますが、曹操はその後の降伏も受け入れています。

昌豨など何度、曹操を裏切り反乱を起こしたことか。

その都度降伏を許されました(最期は于禁の独断で処刑されていますが)。

 

 

恨みがあっても天下泰平のため、有力な人材は起用するのが曹操です。

劉備関羽を保護したことがあるほどです。

しかし呂布は処刑しています。

正史にも三国志演義にも同様の記述がありますが、

呂布の起用に心を動かされた曹操にくぎを刺したのは劉備です。

丁原を裏切り、董卓を裏切った男を信用してはいけないと助言したのでした。

曹操はそれを聞いて処刑を決断します。

恐らく劉備にしてみたら、

曹操と呂布が手を結んだら手が付けられなくなると懸念したのではないでしょうか。

実は曹操にしても劉備と呂布が手を結んでいたときはかなりの脅威に感じていたようです。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

もしも呂布が曹操に起用されていたら

 

先鋒を任されていたら対袁紹戦で大きな成果をあげているでしょう。

兵糧不足の関係で多方面同時展開の作戦がとりにくい曹操の陣営ではあったものの、

呂布を総大将にして荊州攻めを命じることも可能です。

一気に荊州北部を制圧できたかもしれません。

問題はどこまで信用できるか、呂布の独立や反乱をどこまで抑えられるかです。

赤壁の戦いで曹操が大敗した直後などが危険ですね。

まず確実に反乱を起こしていたのではないでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

呂布がその生涯を閉じるまで曹操に忠誠を誓うということはありえません。

再び、曹操の前に立ちはだかるのは明白です。

その時に呂布がどの勢力と手を結んでいるのかがポイントになるでしょう。

潤沢な経済力と軍事力を有している勢力が背後につけば呂布はさらに脅威となります。

孫策孫権などと結びつけば、呂布は徐州・青州・豫州などで暴れまわることになり、

その征伐は容易な事ではありません。

下手をしたら曹操が滅ぶことにもなりかねません。

将来のことを考えると、曹操が呂布を処刑したことは正解だったのではないでしょうか。

でも生きていてくれたほうが盛り上がったのは確かでしょうね。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

関連記事:呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 黄月英 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  2. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  3. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  4. 後宮にいる美女の階級事情 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  5. 袁紹と曹操 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってた…
  6. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  7. 楊貴妃 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美…
  8. 信陵君 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)
  2. 鎌倉時代の侍
  3. 孫策に攻撃される黄祖
  4. 徳川家を守った篤姫

おすすめ記事

  1. 諸葛亮の忠義を劉備は疑っていた?劉備の遺言を考察してみた 劉備
  2. 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣 陸遜
  3. 徳川慶喜は会津藩をポイ捨てにした? 酒乱の徳川慶喜
  4. 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション 蜀の姜維
  5. 三国志演義が今どき嫌われる理由
  6. 飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察

三國志雑学

  1. 周瑜の魅力
  2. 孔明
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 馬車


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  2. 織田信長
  3. 袁術と袁紹の喧嘩
  4. 真田丸
  5. 趙雲子龍
  6. 泣く子も張遼
  7. 費禕

おすすめ記事

春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 遷都とは?中国の皇帝はイメチェン好き!遷都のメリット・デメリットも解説 劉備 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 楊彪を司空に任命させる董卓 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか? 蜀の兵士 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 2つの持論を展開する費禕 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった? ホウ徳(龐徳) 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP