よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?

この記事の所要時間: 357




キングダム 36 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

大人気春秋戦国時代漫画、キングダム、現在は趙との決戦が大詰めを迎えつつも

その後に行われると思われる論功行賞も気になる所です。

それと言うのも、かつて蒙武(もうぶ)が提言し、秦王政が承諾した六虎将軍に

一体誰が任命されるのか?

今回の鄴(ぎょう)攻めを以て、その何名かが決定するかも知れないからです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?




始皇帝の六大将軍って史実で存在するの?

 

さて、そもそもの話として、春秋戦国時代の末期の秦に

六虎将軍なんて存在したのでしょうか?

答えは残念ながらNOです、そればかりか昭王が集めたという

秦国六大将軍も史実では存在してはいません。

 

これらは漫画を盛り上げる為に、創作されたフィクションで、

昔から、ドラゴンボールのギニュー特戦隊とかいて、

あるグループを一括りにすると人気が出るというのはあるのです。

 

しかし、グループとして存在しないというだけで、

キングダムに登場する将軍達は、大体存在しているので、

その点はフィクションではありません。




現時点で六大将軍は推定できるの?

 

では、現時点で六虎将軍は推定できるのでしょうか?

これについては、大して難しくないと思います。

それと言うのも、秦が滅ぼすのは六国、六虎将軍も6名ですから

史実に沿って考えれば大半は当たるだろうと思うからです。

 

では、以下に六国を滅ぼす将軍を時系列で紹介しましょう。

 

六大将軍推定 キングダム将軍一覧

 

騰(とう)・・・・・・・紀元前230年に韓を滅ぼす

王翦(おうせん)羌瘣(きょうかい)・・・・・紀元前228年趙を滅ぼす

 

王翦王賁(おうほん)李信(りしん)・・紀元前226年燕を滅ぼすが、

燕王喜(き)は代へ逃亡する

 

王賁・・・・・・紀元前225年、魏を滅ぼす

 

王翦・・・・・・紀元前223年、楚を滅ぼす。

 

王賁蒙恬(もうてん)李信・・紀元前221年、斉を滅ぼす。

 

こうして見ると奇しくも、六国滅亡に功積があった将軍は6名です。

つまり、騰、王翦羌瘣王賁李信蒙恬、この6名が大将軍として

任命される事は間違いありません。

 

何しろ、一国を滅ぼしたのですから、敵将を討ったとか、どこどこの

戦いで勝ったとか、そんなレベルではないのです。

その意味で鉄板は、この六名で疑いないでしょう。

 

最終的にはそうだが、波乱含みではある

 

このように断言してしまうと「なーんだ」と興味を削がれるかもですが、

私は最終的には、そうなると思うだけで、最初からそうだとは思いません。

それが何を意味しているのか?というと、つまり、欠員と補充が

あるかも知れないと言う事を意味しています。

 

例えば、騰は紀元前230年で史実からぷっつり姿を消しますし、

羌瘣も紀元前228年に趙を滅ぼし、中山に駐屯してから、

史実から記述が途絶えていまいます。

 

これを戦死、引退、結婚(羌瘣限定)とするならば、

六大将軍に欠員が発生する事になります。

となると、そこからは、漫画オリジナルで、

補充する六大将軍は誰になる?という事になるのです。

 

六虎将軍、欠員に食い込むような将軍は?

 

考えられるのは、桓騎(かんき)楊端和(ようたんわ)ですが、

桓騎は途中で李牧に負けて脱落、楊端和も、羌瘣と同時期に

史実から姿を消してしまうのです。

 

そうなると、六虎将軍に任命されるのは初期だけであり、

欠員の補充には使う事が出来ないですね。

 

となると、やはり鉄板は蒙武、後一人は蒙毅(もうき)と言いたい所ですが、

流石に蒙一族で大将軍50%シェアは多くないか?と思うので、

昌平(しょうへい)君を入れておこうかと思います。

 

まあ、昌平君も、やがて故国の楚に帰り、蒙武に討たれるという

悲しい結末で、再び欠員が出るのですが・・

 

キングダムウォッチャー kawausoの独り言

 

そう考えると、最終的な秦の六虎将軍は、

王翦、王賁、蒙恬、蒙武、李信、あと一人が誰なのか?

という事になっていきます。

誰なんでしょう?これまでに活躍した武将で思いつく人がいません。

 

 

あ!そうそう、キングダムとは全く関係ないのですが宣伝です。

はじめての三国志の伝説の企画ネタ、朝まで三国志が電子書籍で

6月17日から発売になっています。

定価480円、読み放題機能も有りですよ。

 

kawausoを助けると思って、誰か買って~~~~~!!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  2. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後
  3. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  4. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  5. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  6. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  7. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…
  8. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. アンゴルモア元寇合戦記 29話の7 最新話ネタバレ 「高麗が高麗である為に」
  2. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?
  3. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇
  4. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  5. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  6. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!! 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた? 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

おすすめ記事

  1. 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介
  2. 何でこんなに孫権は地味なの?
  3. 三国志演義に登場する兵器
  4. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  5. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  6. インスタグラムはじめました。
  7. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!
  8. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP