ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての魏

衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官

荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

涼州(りょうしゅう)。

三国志が成立する前の涼州は小豪族がいろんな所で独立しており、

非常に治めにくい土地でした。

しかしある人物はこの治めにくい涼州の統治方法を曹操へ示した人物がおりました。

今回は画期的な涼州の統治方法を示した人物・衛覬(えいき)をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!?


はじめてのお使い

 

衛覬曹操に仕えることになるとある命令を受けます。

それは益州(えきしゅう)の牧・劉璋(りゅうしょう)を使って、

荊州(けいしゅう)の劉表を牽制するようにとのことでした。

河北の覇者・袁紹(えんしょう)は、

劉表と手を組んで曹操を南から牽制しておりました。

曹操は劉表が南から自らの勢力を牽制することに集中できないようするため、

方法を思いつきます。

それは劉璋を使って劉表へプレッシャーをかければ、

劉表から受ける牽制力を弱めることができると曹操は判断。

そのため彼は衛覬に「劉璋の元へ行って劉表を牽制するようにお願いしてきてくれ」と

命令します。

衛覬 は命令を受けるとすぐに劉璋の元に向かって行きます。

彼は関中を通過して益州へ向かうことにするのですが、

長安(ちょうあん)から益州へ向かう道が寸断されているため、

益州へ向かうことができませんでした。

そのため長安にとどまることになってしまうのですが、この地で彼はあることに気づきます。


関中に帰ってくる人が多い

 

衛覬は益州へ向かうことができずに長安に留まることになるのですが、

この地に帰郷してくる民衆が多いことに気づきます。

長安は董卓が移り住んだ後、李傕(りかく)らが占拠。

この二人は暴政を敷いた為、

長安や長安近辺に住んでいた民衆達は彼らを嫌っていろんな所に逃亡。

その結果、長安の街はすっかりと荒れ果ててしまいましたが、

董卓李傕らがいなくなると当時住んでいた人々が、

少しずつ住んでいたところに帰ってきます。

しかし関中各地にいた小豪族は彼らが帰ってくると自らの領土に彼らを招き入れて、

そのまま住まわせてしまっていたため、

長安の街は荒れ果てた状態から復興できない状態でした。

このことに目をつけた衛覬 は曹操の参謀役として活躍していた荀彧(じゅんいく)へ

手紙を送ることにします。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました


荀彧に送った手紙とは

 

衛覬は荀彧へ「長安や長安近辺の関中の土地は肥沃な土地で、

民衆達は董卓李傕らが居なくなった事がきっかけで次々とこの地に帰郷しております。

しかし関中へ帰ってくると仕事無く途方にくれている所を関中の豪族達に吸収されています。

彼らは帰郷してきた民衆達を自己の勢力へ組み入れて兵力として活用しているそうです。

このままでは帰郷してきた民衆達は関中の豪族達へ組み入れられ続け、

彼らの勢力は侮りがたいことになるでしょう。

そこで私は関中へ帰郷してきた民衆達へ牛を配給して、

農業を奨励させることに注力すれば、

民衆達が豪族達の元へ行くことを無くすことができるのではないのでしょうか。

また関中に主がない状態ですと民衆達も不安に駆られる可能性がありますので、

司隷校尉(しれいこうい)に関中を統治させて民衆達の主として君臨させれば、

彼らも安心して農業やその他の仕事に従事することができるのではないのでしょうか。」と

提案します。

荀彧はすぐに曹操へ衛覬 の提案を伝えるとすぐに彼の提案を採用し、

関中の統治方法を改めさせることにします。

衛覬の提案を採用した結果、関中へ帰郷してきた民衆達は他国へ流れることなく、

関中の地に定住し民衆達は農業に励み、関中は日を追って豊かになって行ったそうです。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

衛覬の提案によって荒れ果てていた長安の街や関中の街は復興することになります。

彼は提案がきっかけとなって昇進していくことになります。

さらに彼は曹操から「蕭何(しょうか)に匹敵する功績を残している」と評価された

鍾繇(しょうよう)の関中に割拠している豪族達の統治方法に対して、

違う視点から関中の豪族達を統治したほうがいいのではと曹操へ提案しております。

この話も後ほどそのうちご紹介させていただきたいと思います。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

関連記事:曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  2. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  3. 真田丸 武田信玄 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  4. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗…
  5. 郭嘉 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  6. 賈詡と曹操と張繍 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  7. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば…
  8. 九品官人法を作った陳羣 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  2. 年を取った司馬懿
  3. 坂本龍馬(幕末時代)
  4. 成廉、魏越、呂布
  5. 陸遜
  6. 曹仁 三国志 ゆるキャラ
  7. 赤い汗をかいてお肌をつるつるになっているカバ(赤兎馬)
  8. 法正
  9. 生徒に勉強を教える盧植

おすすめ記事

  1. 陳宮は曹操をどうして裏切ったの?曹操に認められた軍師の謎に迫る 曹操を裏切る陳宮
  2. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  3. 大山巌とはどんな人?明治の軍人の名言なども紹介 大山巌
  4. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす 曹操を逃す関羽
  5. 孫権の妻たちは意外と知られてない? 謝夫人 孫権の妻
  6. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 曹操は褒め上手

三國志雑学

  1. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  2. 法正
  3. 蜀の劉備
  4. 蜀の劉備
  5. 太行山に入り山賊になる劉備三兄弟


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 赤兎馬と武霊王
  2. キングダム
  3. はじめての三国志
  4. 曹仁と曹操
  5. 織田信長
  6. 服部半蔵
  7. 疫病が流行った村

おすすめ記事

孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ 司馬遷(しばせん) 【史記】には解説書が3つ三家注って何? kawauso kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1 賈詡 賈詡の功績をご覧あれ!能ある鷹は爪を隠す! 服部半蔵 明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る 張飛益徳参上 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略? お酒 三国志 曹操 三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP