キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじさん書評倶楽部

『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?




 

はじ三ライターが普段どんな本を読んでいるかを紹介すべく始まったこのコーナー

今回は初心に帰って、三国志関連本を紹介します。

でも、普通の三国志本を紹介するのもあれなので、割りと好き嫌いが別れる

ろくでなし三国志を解説してみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由




三国志の英雄を面白くdisる目的で書かれた本

 

ろくでなし三国志は、本田透という人の原作なのですが、

元々はWebにupされていた連載を加筆修正したという内容だけあって

その内容は非常に過激です。

 

そもそも作者の執筆動機が日本のバブル期にモーニングで連載されていた蒼天航路

主人公、曹操(そうそう)のカリスマ扱いに対する違和感なので半端ではありません。

 

作者は曹操を後漢を破壊しておきながら、統一王朝も樹立できない

中途半端人間と断じていて、決して英雄豪傑ではないと主張します。

曹操でさえそうなのですから、他は押して知るべしで、

三国志時代の人間は、統一国家も作れず、後の五胡十六国時代、

350年の大混乱時代を招いた無能人間揃いと罵倒するのです。

 

そして、そんなろくでもない時代の物語だからこそ

バブル崩壊後のろくな人材も出ない低成長で不景気な日本人が

学ぶべき教科書であると巻頭で述べています。

 

さあ、なんかワクワクした人と、腹が立って仕方ない人と

2タイプに別れそうですが、皆さん怒ってはいけません。

この程度で怒っていては本を読み終える前に憤死しますよ。




ろくでなし三国志 挑発的な目次を紹介

 

ろくでなし三国志は、その目次からして特徴的ですので、

幾つか紹介しましょう。

 

劉備(りゅうび)日和見傭兵隊長が成り行きでこんな事に

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

史上最も中国を混乱させた混沌よりの使者

 

・思想犯孔明について

 

魏延(ぎえん)、馬謖(ばしょく)、李厳(りげん)、北伐失敗の度に

誰かが戦犯として消されていく

 

・ダークな曹操ジュニア

 

・呉 南国の海賊マフィア

 

・おのぼりさん孫堅(そんけん) 玉璽をネコババ

 

・中二病でヤクザに憧れる周瑜(しゅうゆ)と

北関東ヤンキー連合のドン魯粛(ろしゅく)

 

いかがでしょうか? タイトルもすごいですが内容はもっと凄いです。

でも、一応、誹謗中傷ではなく、史実(正史&演義)に則って書いているので

酷い書かれ方をしていますが、まあ許せます。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

もっともdisられているのは諸葛亮孔明

 

ろくでなし三国志は、意図的に三国志演義で持ち上げられている人々の裏面を暴き

disる形で芸にしているので、必然的に諸葛孔明はボロクソ言われます。

本書の中での孔明は、地上に一人である筈の皇帝を「3人でもいいじゃん」と言い出し

折角、曹丕(そうひ)によって統一される予定の中国を混沌に投げ込んだ戦犯扱いです。

 

しかし、その主張は100%的外れでもないので性質が悪い、

表現はオーバーですが、それを割り引けば分からなくもない内容。

kawausoも、孔明のルール違反の三皇帝並立や、実は関羽(かんう)は、

独立した群雄だったという説などは、こちらから来ています。

 

特定の武将に思い入れが強い人で三国志演義命の人は、

本を投げ捨てる危険性もありますが、三国志は見方によって

こうも違って見えるという事が分かるので面白いですよ。

 

 

はじ三書評倶楽部 kawausoのアドバイス

 

著者の本田透は、小説家であり評論家なので過激なdisを飛ばしていても

思わず納得してしまったり、なるほど、こんな見方もあるのかと頷く事ありで

ただの批評本ではありません。

でも、まあ、好き嫌いがあるので腹が立ち過ぎて最期まで読めない人も出ると

思いますし、ムカムカして他人に当たってもつまらないので、

徹夜する時に読むのがうってつけですね。

 

本田透の他の著作はこちら・・

 

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません

関連記事:これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?
  2. 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった
  3. 羌瘣 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げる…
  4. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  5. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  6. 曹操 詩 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  7. 城の前を掃除する孔明 三国志の時代の城の機能について図解解説
  8. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  3. 関羽と張飛と劉備
  4. 曹操と劉備
  5. 野球をする曹操と関羽と呂布
  6. 魏延
  7. 山頂に陣を敷いた馬謖
  8. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

  1. はじめての三国志コミュニティをリリースしました! バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  2. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】 降参する姜維
  3. 人中の鬼人呂布のラストウォー下邳の戦いを紹介 呂布のラストウォー 呂布
  4. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  5. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  6. 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

三國志雑学

  1. 荀彧と曹操
  2. 周瑜、陸遜
  3. 漢の顔良(がんりょう)
  4. 孔明
  5. 酒を飲む曹操と劉備と呂布
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽に惚れる曹操
  2. 胡亥
  3. キングダム54巻amazon
  4. 阿部正弘
  5. 嬴政(始皇帝)
  6. 魏延の謀反を察する孫権

おすすめ記事

陸遜 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣 キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ 趙雲 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う! 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの? 蜀 武運を誇る馬超 潼関の戦いの原因と目的と経緯について簡単に解説するよ 関羽VS華雄 21話:汜水関の戦いの功労者 怒る曹操 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP