キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【李傕・郭汜祭り 6日目】全員悪人の例外?献帝を保護するつもりだった段煨(だんわい)




 

李傕(りかく)郭汜(かくし)祭に登場する人々は、被害者の献帝を除けば、

弁護したくもなくなるような、残虐な悪党揃いでリアルアウトレイジなのですが、

どんな世界にも例外は存在するようで、これから紹介する段煨(だんわい)などは、

あの董卓(とうたく)の配下とは思えないようないい人でした。

そして、段煨の生涯は、人間良い事はするモノだなあとしみじみ思わせる

結末になっていたのです。

 

前回記事:【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書

前回記事:【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレンスライフ

前回記事:【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)

前回記事:【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい)

前回記事:【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)




涼州武威郡の人、段煨忠明

 

段煨忠明(ちゅうめい)は、涼州武威郡に生まれます、生年は明らかではありません。

それ以前に名が伝わっているのは珍しいと言えるでしょう。

 

これは、段煨が後に魏に仕えて大鴻臚(だいこうろ)、光禄大夫(こうろくだいふ)に

任じられ、闅郷(びんごう)侯に封じられて位人臣を極めたからです。

ちなみに、段煨の同郷人には涼州DQN軍団の一人張済(ちょうさい)がいます。




孫堅の侵攻に備えて華陰に進駐した段煨

 

西暦191年、反董卓連合軍で実質的に動いたといえる群雄、

孫堅(そんけん)は、陽人城でで呂布(りょふ)と胡軫(こしん)を撃破し、

副将だった華雄(かゆう)を捕えて縛り首にしました。

これに衝撃を受けた董卓は、孫堅を懐柔しようとし失敗すると

洛陽を焼き払い長安へと遷都してしまいます。

 

しかし、さらに孫堅が追撃することを恐れた董卓は華陰に中郎将の段煨を

配置して、東方の守りとしています。

同じように董卓は陜には牛輔(ぎゅうほ)を置いて反董卓連合軍に備えていました。

 

熱き漢たちが今年の夏も躍進する 李傕・郭汜祭り

 

掠奪をせず地道に開墾をして自給自足していた段煨

 

「ないモノは奪えばいいんだよぉ!ヒャッハー!!」というのが、

涼州DQN軍団の傾向なんですが、段煨は奇跡的にそういう事をしませんでした。

彼は掠奪どころか、華陰では開墾して農地を広げひたすらに自給自足します。

やがて、董卓が呂布に殺されて、同僚の李傕郭汜長安に攻め込む事態になっても

段煨は、まるで動こうとはせず、董卓に言われた通りに華陰を死守します。

というより、董卓の仇討ちにも参加しない所を見ると、とっくの昔に、

董卓を見限っていたようです。

 

西暦195年11月 献帝の東遷の一行が通過すると知り歓迎に向かう

 

西暦195年の11月、献帝の一行が内戦で荒れ果てた長安を出発し、

東遷(とうせん:東に移動)する事になります。

この時点では献帝一行は洛陽ではなく、張済の本拠地、弘農へ向かっていましたが

それを知った段煨は、尊皇心が篤い人だったのか、是非、華陰で休んで頂きたいと

衣服などを携えてやってきたのです。

 

しかし、献帝の一行には、段煨と仲が悪い楊定(ようてい)が含まれていました。

その楊定を見た段煨は、献帝の前でも馬を降りずに警戒してしまいます。

楊定と仲が良い侍中の种輯(ちゅうしゅう)がそれを見咎めて

献帝に「段煨は帝に反逆しようとしています」と讒言、

 

さらに、段煨に献帝を奪われる事を警戒した董承(とうしょう)も楊定のサイドに立ち

「段煨の陣営に郭汜が700騎を連れて入ったようです」と献帝に嘘を言い

疑心暗鬼に陥った献帝は段煨の要請を断り、華陰を通過する事になります。

 

段煨、楊定と合戦 李傕郭汜の援助を受けて撃破する

 

その途中、段煨は楊定と武力衝突を引き起こし、献帝一行は慌てて出発しました。

ですが、最期の最期まで、段煨の振る舞いには無礼な所は無かったようです。

楊定と戦っている途中、リベンジに燃える李傕と郭汜の軍が舞い戻り、

段煨に加勢して楊定を撃破、敗れた楊定は荊州に落ちのび行方不明になります。

 

ここで、段煨は思わぬ人物を配下にする事になります。

献帝に印綬を返上して華陰に残った賈詡(かく)でした。

 

段煨に恐れられている事を知った賈詡は張繍を頼る

 

段煨は賈詡を厚遇しますが、あまり信用してはいなかったようです。

なにしろ、その時点でも賈詡は、牛輔、李傕と主君を変えていますし、

その神算鬼謀は底知れないと言われた策士、いつ自分の地位を脅かすかと

不安になったのでしょう。

それを察知した賈詡は、宛に割拠した張繍(ちょうしゅう)を頼り段煨の元を去ります。

この辺りの逸話を見ると、段煨の器量は小さく、群雄として天下を争うには、

力不足だった事が窺えます。

 

しかし、賈詡を恐れて好待遇を施しただけあり、賈詡が置いていった

賈詡の家族の面倒は、今後の事も考えて手厚く見ていました。

そのあたりの人を見る目は充分にあったのです。

 

謁者僕射の裴茂に従い、李傕の誅滅に力を貸す

 

西暦198年、献帝を保護した曹操(そうそう)は、謁者僕射(えっしゃぼくや)の

裴茂(はいぼう)に軍勢を与えて、李傕一味の討伐を命じます。

 

その途中で段煨は華陰から裴茂に従い、共に李傕・郭汜を討伐しました。

コツコツと華陰を開発していた涼州騎兵らしくない段煨は、その後曹操に帰順。

曹操も段煨の業績を評価して、大鴻臚、光禄大夫の地位に上ります。

これは九卿であり、高級官僚と言えるポストでした。

 

段煨は、赤壁の戦いの翌年、西暦209年に死去していますが、

李傕、郭汜、張済、董承のような人々が全て、終わりを全うしていないのに比べ

万事に慎重で残虐な振る舞いの無かった段煨は、穏やかな最期を迎えました。

 

[李傕郭汜祭]kawauaoの独り言

 

段煨は、涼州人は涼州人でも、一定の教養を持つ人だったかも知れません。

曹操に帰順してから与えられた大鴻臚のポストは外国使節の応接の仕事で、

やはり教養がないと務まらないからです。

 

涼州人にも皇甫酈(こうほり)のような知識人もいたので、

董卓に仕えていたとはいえ、元々が山賊に毛が生えたような李傕や

郭汜のような連中とは、段煨は身分階層が違っていたのでしょう。

 

次回記事:【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  2. 政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  3. 李斯 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんな…
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる…
  5. キレる劉備 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  6. 五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…
  7. 徐庶の初陣 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  8. 関羽 3つの条件 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大政奉還した徳川慶喜
  2. 陸遜
  3. 三国志ライター黒田レン
  4. 呂布、黒山賊
  5. 三国志ライター よかミカンさん

おすすめ記事

  1. 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった!
  2. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  3. 幻のノーベル賞、山極勝三郎とはどんな人?【はじ三ヒストリア】
  4. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?
  5. 【新機種】iPhoneX/ Xperia XZ1/ XZ1 Compact対応スマホケース発売開始です! 郭嘉スマホケース
  6. 「でいぜろバンコク」のスポンサーになりました はじめての三国志からのお知らせ バナー

三國志雑学

  1. 逃げる劉備追う曹操
  2. 環夫人
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 曹操は褒め上手
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 茶を飲む張角(太平道)
  5. 水時計
  6. 王賁
  7. 眠る于禁

おすすめ記事

曹彰 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは? バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 【告知】新サービス「はじめての三国志コミュニティ」のお知らせ 海江田信義の性格は直情的?西郷どんで登場する海江田信義について語ろう! はじめての三国志編集長 kawauso 【10月の見どころ】10/12公開予定:【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは! 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP