よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士

この記事の所要時間: 26




 

劉備は蜀を制圧すると益州(えきしゅう)の名士や荊州(けいしゅう)時代から付き従っていた幕僚達に

分け隔てなく官位を授けることにします。

しかし一人だけ彼が気に食わなかったので、

官位をさずけるかどうかためらった人物がいました。

その名は許靖(きょせい)です。

彼は劉備軍に成都城が包囲されている時、

成都城からダイブして脱走しようと図っていたためです。

劉備はそのことを聞いて彼に官位を授けたくなかったのですが、

法正(ほうせい)に説得されて許靖を優遇することになります。

法正は許靖の処遇について劉備へ

「彼は能力は無いですが、名声は天下に轟いております」と述べております。

しかし許靖は本当に名声だけしか取り柄がなかったのでしょうか。

本当は何かしらの才能を持っていた人物ではないのでしょうか。

今回は許靖が本当になんの取り柄もなかったのかどうか調査してみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた




汚職官吏を追放して新しい風を政権に吹き込む

 

許靖は汝南(じょなん)出身の人物で、董卓が政権を握ると彼の政権に参加。

彼は漢陽(かんよう)出身の周毖(しゅうひ)と一緒に董卓政権の人事を司ることになります。

彼らは汚職にまみれた後漢王朝の役人達を追放して、

まだ人には知られていないが優秀な人材を政権に組み込んでいきます。

穎川(えいせん)の名士である陳紀(ちんき)・荀爽(じゅんそう)らを起用して政権に参加させ、

各地に優秀な人材達を太守に昇進させて天下を安定させることにします。

しかし彼らが任命した各地の太守が董卓を討伐するために挙兵。

周毖は董卓の逆鱗に触れてしまい処刑されてしまいます。

許靖は従兄が董卓討伐の計画に参加していたため処刑を恐れて董卓政権から逃亡。

彼は中原に逃亡しますが中原では安心できなかったのか、

後に会稽(かいけい)にまで逃亡することになります。




孫策を恐れて再び逃亡

 

許靖は会稽の王朗と親しく付き合っていたので会稽に逃亡するのですが、

小覇王・孫策(そんさく)が江東を席巻して王朗を討伐。

許靖は孫策の武威を恐れて交州(こうしゅう)へ再び逃亡することになります。

交州を治めていた士燮(ししょう)は許靖を匿ってあげたそうです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

劉璋に招かれて益州へ

 

許靖は交州で数年を過ごすと益州のボスであった劉璋から招かれた事がきっかけで、

益州に身を寄せることになります。

彼は劉璋から広漢の太守に任命されることになるのですが、

荊州の学者である宋仲子(そうちゅうし)なる人物が許靖をこのように評価しております。

彼は友人で劉璋に仕えている王商へ「許靖は独立の精神を持った優秀な人物で、

君は彼に指南するべきである」と述べております。

彼は交州の士燮に身を寄せている時に袁徽(えんき)なる人物が魏の荀彧(じゅんいく)へ

「許靖は物事を計画する能力に優れており、ぜひ彼を招いて幕僚に加えるべきです。」

と手紙で述べております。

上記二つのエピソードから考えて彼が名声だけしかない人物ではなく、

しっかりと能力を持っていた人物である証左であると考えます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンが考えるに劉備が許靖を優遇したのは、

彼が持っていた名声に加え人物を公平に評価して優れた人物を抜擢する能力に

秀でていたからこそ、劉備は法正の進言を聞いて彼を優遇したのではないのでしょうか。

また彼はいろいろな人から尊敬されており、蜀の諸葛孔明や魏の陳羣(ちんぐん)

王朗華歆(かきん)などから敵味方に分かれていながら手紙のやり取りをしていたそうです。

このように考えると名士の中でもかなり上位にあたる人物であり、

能力もそれなりに高かったことが伺えると思うのですが、

皆さんはどのように思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた

関連記事:孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一…
  2. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  3. 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命…
  4. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  5. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十…
  6. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  7. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなか…
  8. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  2. 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】
  3. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  4. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  5. 【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?
  6. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い! はじめての三国志開設2周年のご挨拶 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1 キングダム 532話 ネタバレ予想:信の刃 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの? 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介

おすすめ記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ
  2. 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い
  3. 【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予想
  4. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  5. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  6. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!
  7. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】
  8. ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP