三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士

この記事の所要時間: 26




 

劉備は蜀を制圧すると益州(えきしゅう)の名士や荊州(けいしゅう)時代から付き従っていた幕僚達に

分け隔てなく官位を授けることにします。

しかし一人だけ彼が気に食わなかったので、

官位をさずけるかどうかためらった人物がいました。

その名は許靖(きょせい)です。

彼は劉備軍に成都城が包囲されている時、

成都城からダイブして脱走しようと図っていたためです。

劉備はそのことを聞いて彼に官位を授けたくなかったのですが、

法正(ほうせい)に説得されて許靖を優遇することになります。

法正は許靖の処遇について劉備へ

「彼は能力は無いですが、名声は天下に轟いております」と述べております。

しかし許靖は本当に名声だけしか取り柄がなかったのでしょうか。

本当は何かしらの才能を持っていた人物ではないのでしょうか。

今回は許靖が本当になんの取り柄もなかったのかどうか調査してみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢中征伐は一人の漆黒の天才軍師・法正の進言によって行われた




汚職官吏を追放して新しい風を政権に吹き込む

 

許靖は汝南(じょなん)出身の人物で、董卓が政権を握ると彼の政権に参加。

彼は漢陽(かんよう)出身の周毖(しゅうひ)と一緒に董卓政権の人事を司ることになります。

彼らは汚職にまみれた後漢王朝の役人達を追放して、

まだ人には知られていないが優秀な人材を政権に組み込んでいきます。

穎川(えいせん)の名士である陳紀(ちんき)・荀爽(じゅんそう)らを起用して政権に参加させ、

各地に優秀な人材達を太守に昇進させて天下を安定させることにします。

しかし彼らが任命した各地の太守が董卓を討伐するために挙兵。

周毖は董卓の逆鱗に触れてしまい処刑されてしまいます。

許靖は従兄が董卓討伐の計画に参加していたため処刑を恐れて董卓政権から逃亡。

彼は中原に逃亡しますが中原では安心できなかったのか、

後に会稽(かいけい)にまで逃亡することになります。




孫策を恐れて再び逃亡

 

許靖は会稽の王朗と親しく付き合っていたので会稽に逃亡するのですが、

小覇王・孫策(そんさく)が江東を席巻して王朗を討伐。

許靖は孫策の武威を恐れて交州(こうしゅう)へ再び逃亡することになります。

交州を治めていた士燮(ししょう)は許靖を匿ってあげたそうです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

劉璋に招かれて益州へ

 

許靖は交州で数年を過ごすと益州のボスであった劉璋から招かれた事がきっかけで、

益州に身を寄せることになります。

彼は劉璋から広漢の太守に任命されることになるのですが、

荊州の学者である宋仲子(そうちゅうし)なる人物が許靖をこのように評価しております。

彼は友人で劉璋に仕えている王商へ「許靖は独立の精神を持った優秀な人物で、

君は彼に指南するべきである」と述べております。

彼は交州の士燮に身を寄せている時に袁徽(えんき)なる人物が魏の荀彧(じゅんいく)へ

「許靖は物事を計画する能力に優れており、ぜひ彼を招いて幕僚に加えるべきです。」

と手紙で述べております。

上記二つのエピソードから考えて彼が名声だけしかない人物ではなく、

しっかりと能力を持っていた人物である証左であると考えます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンが考えるに劉備が許靖を優遇したのは、

彼が持っていた名声に加え人物を公平に評価して優れた人物を抜擢する能力に

秀でていたからこそ、劉備は法正の進言を聞いて彼を優遇したのではないのでしょうか。

また彼はいろいろな人から尊敬されており、蜀の諸葛孔明や魏の陳羣(ちんぐん)

王朗華歆(かきん)などから敵味方に分かれていながら手紙のやり取りをしていたそうです。

このように考えると名士の中でもかなり上位にあたる人物であり、

能力もそれなりに高かったことが伺えると思うのですが、

皆さんはどのように思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた

関連記事:孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  2. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  3. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  4. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄…
  5. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  6. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と…
  7. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前…
  8. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  2. 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?
  3. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  4. 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】
  5. 2017年はじめてのストライキ宣言文
  6. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮が三人目の後継者候補を言わなかったのはなぜ? 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの? 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ!

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.9「煮詰まる・・」
  2. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  3. 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想
  4. 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?
  5. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  6. 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける
  7. 郝萌(かくぼう)と曹性(そうせい)はどんな人?呂布の配下で猛威を振るった八健将
  8. キングダム577話ネタバレ予想vol2難攻不落の鄴ってどんな城?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP