キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!




 

孫呉は孫権(そんけん)が兄・孫策(そんさく)から領土と家臣を引き継いで、

天下の大半を領有していた魏と戦い続け、

揚州を保持し続け三国志の一角を占めることになります。

 

 

孫権の時代には周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)甘寧(かんねい)など、

優秀な指揮官や政治家武将などが多くいたため勢力を拡大していきます。

しかし孫権死後国内のゴタゴタや宰相が権力を握ってやりたい放題やっていたことから、

国内はボロボロになってしまいます。

そして孫呉最後の皇帝・孫皓(そんこう)が皇帝になった際、

蜀を滅ぼして天下の9割を手中に収めていた晋の攻撃を受けて滅亡してしまいます。

この時孫呉のために戦い抜いた武将達が多くおりました。

今回は孫呉の滅亡に際して戦い抜いたラストサムライをご紹介したいとおもいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰?




孫呉の滅亡に際して戦い抜いたラストサムライ:孫呉最後の丞相張悌(ちょうてい)

 

孫呉の滅亡に際して戦い抜いたラストサムライは、

孫呉最後の丞相に就任した張悌(ちょうてい)です。

張悌丞相に就任する前に蜀が魏の攻撃を受けたことを知ります。

この時、孫呉の家臣のある人が張悌へ「魏の攻撃を受けても蜀は滅びないんじゃないか」と述べます。

しかし張悌は魏と蜀の戦力差を説明した後「蜀は必ず魏に敗北することになり、

魏が蜀を滅亡させることができれば、孫呉に危機が訪れることになるでしょう。」と

予想を述べます。

張悌からこのことを聞いた孫呉の家臣は驚きと共に張悌の予想に大笑いしたそうです。

だが事実は皆さんが知っているとおり蜀は鄧艾(とうがい)の活躍によって、

滅亡することになってしまうのでした。

このように張悌は物事に対して優れた予見力を持っている人物でした。

予見力に優れた張悌ですが孫呉のラスト・エンペラー孫皓から、

丞相に任命されることになります。

さて丞相になった張悌ですが、一所懸命政務に励んで孫呉の国を立て直そうとします。

だが孫皓の時代になって国土は荒れ果ててしまいどうにもなりませんでした。

そんな時、晋の大軍が多方面から攻撃を仕掛けてくることになります。

張悌は孫皓から命じられて晋軍を迎撃するために出陣。

張悌の部下には諸葛誕(しょかつたん)の息子・諸葛靚(しょかつせい)

沈瑩(しんえい)が付けられておりました。

諸葛靚は剛毅な性格でありながらしっかりと状況を的確に判断する能力を有しており、

幾度も張悌に的確なアドバイスを出します。

また沈瑩は特殊部隊・「青巾兵(せいきんへい)」と言われる精鋭部隊を率いており、

今までいくつもの戦を経験すると共に何度も防御に秀でた陣営を切り崩してきたそうです。

張悌は優秀な二人の武将を率いて晋軍を迎撃に出撃することになります。

 

関連記事:孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

晋軍を降伏させる

 

張悌率いる孫呉の軍勢は楊荷橋に駐屯していた晋軍を攻撃。

楊荷橋に駐屯していた晋軍は孫呉の軍勢の攻撃に耐えることができず、

張悌へ降伏の使者を出します。

張悌は楊荷橋に駐屯していた晋軍の降伏を受け入れることにします。

張悌の軍師役を勤めていた諸葛靚は「奴らを受け入れるのは良くないでしょう。

奴らは本心で孫呉に降伏したわけではなく裏切る可能性があります。

裏切られて危機に陥るよりも奴らを全員殺害して、

我が軍の士気を上げるのがいいのではないのでしょうか。」と進言。

しかし張悌は諸葛靚のアドバイスを受け入れずに晋軍の降伏を受け入れてしまうのでした。

これが後に大変な禍を招くことになります。

こうして晋軍を加えた張悌の軍勢は晋軍と対峙していた味方の軍勢と合流して、

晋軍へ攻撃を開始することになります。




四方八方から攻撃を受ける

 

張悌は沈瑩率いる青巾兵を先鋒に立てて攻撃を行います。

青巾兵は今まで固く守りを固めた敵陣をいくつも撃破している事もあり、

自信満々で出陣していきます。

だが青巾兵の猛攻を受けても晋軍の陣地はビクともせず、

反対に猛反撃を仕掛けてくる有様でした。

青巾兵は晋軍の陣地を陥落させることができないことを知ると著しく士気が低下。

そして青巾兵は一度撤退しようと後方へ進み始めると大混乱が起きてしまうのでした。

孫呉の軍勢が大混乱に陥った事を知った晋軍は、

孫呉の軍勢の後方に陣地を敷いておりましたが、

いきなり反旗を翻して孫呉の陣営へ攻撃を開始。

諸葛靚の予想が当たってしまうのです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

孫呉の軍勢大敗!!その時張悌は・・・・

 

張悌率いる孫呉軍は前方の晋軍と降伏して後方にいた晋軍からも攻撃を受けてしまい、

挟み撃ちの状態になってしまいます。

孫呉軍は晋軍の挟み撃ちの攻撃によって、

兵士達は逃げる者や命令を聞かずにあたふたしてしまう者など大混乱。

晋軍は孫呉の軍勢が混乱しているチャンスを見逃すことなく激しい攻撃を加えます。

張悌の軍師役であった諸葛靚は軍勢をまとめて退却するため、

張悌へ使者を送りますがその使者が帰ってくることはありませんでした。

そのため諸葛靚は自ら少ない軍勢を率いて張悌の陣営へ向かいます。

諸葛靚は張悌が孫呉軍を指揮して晋軍と必死に闘っている姿を発見。

諸葛靚は張悌の側へ行き「丞相。孫呉の存亡はあなた一人でどうにかなる状態は、

とうに過ぎているのに、どうして死に急ぐのですか。」と尋ねます。

すると張悌は涙を流しながら諸葛靚へ「ありがとう諸葛靚殿。

しかし私は今日死ぬべきなのだ。

だって孫呉の国が滅亡しようとしているのに誰も一緒に死なないのでは、

孫呉の国が可哀想じゃないか」と言って諸葛靚の手を払って敵陣へ突撃。

諸葛靚は張悌の言葉を聞いてボロボロと涙を流してその場を去って退却していくのでした。

その後張悌は晋軍の兵士達に串刺しにされて討ち死にしてしまうのでした。

孫呉の滅亡時に戦い抜いたラストサムライと言える壮絶な最後を遂げた

張悌をご紹介しました。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は孫呉の最後を飾ったラストサムライをご紹介しました。

張悌は孫呉の国に殉じて亡くなりました。

なぜ張悌は亡くなったのでしょうか。

レンの推測ですが、もしかしたら諸葛一族に関係があるかもしれません。

張悌は子供の頃、諸葛孔明に褒められた事があったそうです。

そのため諸葛孔明を尊敬しており諸葛一族も尊敬していたのではないのでしょうか。

諸葛一族は各国に仕えておりましたが、

蜀に仕えていた諸葛噡(しょかつせん)・諸葛尚(しょかつしょう)親子は、

蜀の滅亡時に討ち死にしております。

更に魏に仕えていた諸葛誕も司馬家に反乱を起こして討ち死に。

このように諸葛一族は見事な最後を迎えており、

諸葛一族を尊敬する張悌も諸葛噡親子や諸葛誕を見習ったのかもしれませんね。

ここで少し話は変わりますが張悌の他にも孫呉の滅亡に殉じたラストサムライ達は、

いっぱいいます。

陸抗の息子である陸機(りくき)・陸雲(りくうん)の兄弟のお兄ちゃんである陸妟(りくあん)、

陸景(りくけい)、陸玄(りくげん)です。

陸妟、陸景、陸玄の三兄弟は陸抗が亡くなった後、

陸抗が率いていた軍勢を分割して率いることになります。

しかし晋の水軍を率いていた王濬(おうしゅん)の精鋭部隊の攻撃を受けてしまい、

敗北してしまいます。

更に陸妟・陸景・陸玄の三人は逃げることをしないで必死に抵抗して、

最後は討ち死にしてしまうのでした。

また討ち死にはしていませんが張悌の軍師役であった諸葛靚も意地を見せております。

諸葛靚は孫呉滅亡後、晋から幾度も官職について晋のためにその能力を役立ててほしいと言われておきながら、

生涯晋で官職につくことなく無官のままだったそうです。

諸葛靚の場合は父を司馬家に殺害せれていることもあり、

その恨みを忘れないためにこのような行動をとったのかもしれませんが、

孫呉を滅亡させた晋に対する恨みもあったのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志・呉書 小南一郎訳など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?

関連記事:【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  2. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  3. 三国志の時代にドリンクバーが存在した?三国志時代の飲み物について…
  4. 管仲 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  5. 合肥の戦いの地図 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  6. え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?
  7. 劉禅 劉禅ってどんな政治をしたの?暗愚と呼ばれた君主の政治手腕を解説
  8. 姜維と孔明 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 信長の野望・創造
  2. 宋姫
  3. 陸遜
  4. 韓信
  5. 董昭
  6. 徳川家康
  7. 劉備の黒歴史

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法 徳川慶喜(幕末)
  2. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  4. 曹家の文才「三曹七子」って何? 曹丕と曹植
  5. 司徒とはどんな役割?具体的に何をする?チベットでは今も存在する司徒 しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  6. 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法 周瑜はナルシスト

三國志雑学

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. 甘寧に殺されかける料理人
  3. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  4. 夏侯惇
  5. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 藏覇(臧覇)と劉備と曹操
  3. 曹操は褒め上手
  4. 陸遜

おすすめ記事

【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説! 曹操と黄巾賊 【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人 兵士 朝まで三国志 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの? 曹植は軟弱ではなかった 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部 呂蒙が病気になり心配する孫権 病気の呂蒙を穴から見守る孫権 若かりし劉備 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP