三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての呉

張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相

photo credit: contraste y color via photopin (license)
この記事の所要時間: 513




陸遜

 

呉の歴代丞相には初代丞相は孫卲(そんしょう)から始まり、

顧雍(こよう)・陸遜(りくそん)・歩隲(ほしつ)などが任命されます。

今回紹介する張悌(ちょうてい)は呉の最後の丞相として名を連ねます。

ミスが少ない丞相でしたが晋軍の攻撃から呉の国を守れなかった事を後悔し、

呉の国に殉じた悲劇の丞相なのです。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

関連記事:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙

関連記事:やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?



呉の三代目皇帝孫休に仕える

 

張悌は呉の三代目皇帝の孫休(そんきゅう)の時代に呉に仕えます。

青年期から文才があり、筋道を通した生き方をしていたそうです。

彼は襄陽出身であったため、幼少期に孔明と会い褒められた事がありました。

呉に仕えた後も孔明に褒められた事を糧にして、

コツコツと一生懸命職務に励みます。

彼は屯騎校尉(皇帝の周りを守備する親衛隊)に任命されます。

 

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?



蜀の滅亡を予言

 

263年魏軍が大軍を率いて蜀の討伐を開始。

張悌は魏の軍勢が蜀に侵攻した事を知ると、友人と集まり、議論します。

ある友人は「司馬家の基盤が確立されていないから、蜀軍に敗北するはずだ。」

と予想を言います。

しかし張悌はこの発言に賛同せず「司馬家は歴代の曹氏が行った圧政から民衆を

解放しようとしている。そのため曹氏から皇帝の位を簒奪したとしても、

民衆は司馬家の行いに反対しないであろう。また司馬家は兵士の訓練をしっかりと行い、力を養ってきた。

しかし蜀は宦官らが政治を行い、毎年行われる北伐により、

兵士も民衆も皆疲れ果てているだろう。

そのため魏の討伐軍に蜀軍は敗れる可能性は高く、我が国も魏軍に備えなくてはならない。」と友人に話します。

この言葉を聞いた友人は「お前。心配しすぎだぞ。」と笑いながら楽観視していました。

結果は張悌の予想通りになり、蜀は魏に降り滅亡してしまいます。

 

関連記事:費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

 

孫晧が皇帝の位を継ぐ

劉邦 農民

 

三代皇帝孫休が亡くなると、皇帝の位を孫晧が継ぎます。

陸凱は孫休の時代から丞相を務めており、孫晧も彼がいる間は凶暴性に歯止めをかけていました。

しかし陸凱が亡くなると、孫晧は自らの好き放題やりたいため、丞相を数年間、任命しませんでした。

そのため民衆は疲弊。

群臣は国を引っ張る丞相の必要性を感じていましたが、

孫晧の凶暴性に恐怖し、誰も意見を述べませんでした。

 

孫晧の一声で丞相へ

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

photo credit: Zweiweit via photopin (license)

 

孫晧は突然張悌を呼び「お前明日から、丞相やれ」と命じられます。

張悌はいきなりの事でビックリしましたが、呉の国を良くするため承諾。

次の日から張悌は税を安くし、軍の力を強くするため

訓練を強化するなど、色々な政策を実施。

しかし呉の国はその程度の政策じゃ立ち直れないほど、弱っていました。

 

滅亡へのカウントダウン

 

張悌が丞相になって一年後、呉の国にとって緊急事態が起きます。

晋の軍勢が六方面から同時侵攻を開始したと知らせが入ります。

張悌はすぐさま孫晧の元に行き、報告します。

孫晧は報告を受けると「お前に三万の軍勢と三人の将軍を預ける。晋軍を迎撃せよ」と命令を受けます。

張悌は孫晧の命令を受け、自ら三万の軍勢と三人の将軍を率いて迎撃に出ます。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 朝まで三国志 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  2. 陸遜 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好き…
  3. 孔明 コペルニクス 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  4. 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰)  【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  5. 袁術 呂布 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  6. photo credit: Ladybird on grass via photopin (license) 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめ…
  7. 司馬炎 はじめての三国志 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人…
  8. photo credit: the_rose via photopin (license) 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕 曹植
  2. 賈詡
  3. 曹操と張松
  4. 基礎知識 馬謖03
  5. 父親サムネイル用
  6. 7-5_歳をとっても元気な孔明
  7. 信 キングダム
  8. 孔明 東南の風
  9. 孔明南東の風
  10. 王昭儀

おすすめ記事

  1. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの? 三国志 麻雀
  2. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 郭嘉
  3. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 吉川元春 wiki
  4. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ! 蒼天航路
  5. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 関羽 神様
  6. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 袁術 伝説 ゆるキャラ

三國志雑学

  1. 楊奉 ゆるキャラ
  2. 孔明
  3. 新年 劉備 曹操 孔明
  4. 司馬懿
  5. photo credit: Ukok via photopin (license)

ピックアップ記事

  1. 屈原 wiki
  2. photo credit: p1050059 via photopin (license)
  3. photo credit: slworking2 Some More Star Trails Above the Anza-Borrego Desert via photopin (license)
  4. 小帝
  5. 劉エン 劉縯
  6. 曹操 機密保持
  7. 尹夫人 曹操 2
  8. 司馬朗 曹操

おすすめ記事

㈰臧洪 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス! photo credit: Is There A Place In Your Heart For Me? via photopin (license) 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人 孔明 郭嘉 周瑜 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング! 週間まとめ7月 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの? 若かりし劉備 チャライ★ 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 photo credit: Sneak peek via photopin (license) 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者 キングダム45 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?

おすすめ記事

  1. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当? 曹操と劉備
  2. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった? 魯粛
  3. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 凌統
  4. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 黄忠VS夏侯淵
  5. 江東の豪族・陸遜は政治家としては優秀だったの? 陸遜 孫権
  6. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? キングダム 政
  7. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 鮮卑族 l
  8. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた 三国時代の船 楼船

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP