よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!

この記事の所要時間: 349





 

三国で一番ちっぽけな蜀(しょく)を粉骨砕身して支え続けた

泣かせる宰相、諸葛亮(しょかつりょう)

彼が四十七歳にしてようやく授かった息子の、名前の付け方が、

これまた泣かせるのです!

※年齢は「満」ではなく「数え」で書いております

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?

関連記事:孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

 




 

男の子がとっても欲しかった諸葛亮

 

ううむ……蜀を粉骨砕身して支え続けた泣かせる宰相ですか。

っていうか独裁体制でブイブイ言わせてたんじゃないの。

という個人的な偏見はさておき。

諸葛亮は長年男児に恵まれず、兄の諸葛瑾(しょかつきん)の次男

諸葛喬(しょかつきょう)を養子に迎えております。

これがいつ頃のことであったか不明ですが、諸葛喬のもとの字(あざな)が

仲慎(ちゅうしん)であったのを、養子になって伯松(はくしょう)と改めたという

記録がありますので、字を名乗るような年齢になってからのことであったはずです。

(誕生と同時に字を決めておくこともありますが、それを使うのは成人後ですから、

まだ人に知られていない字のことをわざわざ字を改めましたなんて記録される

わけないので、大きくなってからのはず)

十五や二十歳にはなっていたことでしょう。

 




 

養子をもらった時期を想像してみる

 

二十歳の時に養子になったと仮定すると、そのとき諸葛亮は四十三歳です。

この年まで男児に恵まれなかったから、このままでは無理なのかも……と

考え始めそうなお年頃ですね。この年には蜀の初代皇帝・劉備(りゅうび)

亡くなっているので、いよいよ自分の双肩に国政がのしかかってくるなぁとか、

外征を手がけて忙しくなるかもしれん、とか考えて、家庭面での悩みを

さっさと解決しとこうと思ったら、跡取り息子が欲しくなりそうな感じですよ。

劉備在世中は険悪だった呉との外交が劉備崩御のこの年に回復しましたから、

呉にいる諸葛瑾との連絡もとりやすかったことでしょう。ま、これは単なる想像です。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

待望の実子が誕生

 

諸葛亮四十七歳、諸葛喬二十四歳の時に、諸葛亮に男児が授かりました。

もう授からないのかな、と諦めた頃に授かった、っていう話、世間でもよく聞きますよね。

年がいってからの赤ちゃん、可愛かったでしょうねぇ。

諸葛亮の親ばかエピソードはこちらの過去記事にございます↓

 

諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】

 

実子を授かっても、養子の諸葛喬のことも諸葛亮はちゃあんと大事にしてまして、

将来に期待していたそうですが、この諸葛喬さん、残念ながらこの一年後に

亡くなっています(まさか誰かがよからぬ「忖度」をして何かしでかしたんじゃ

あるまいな……まさかね……)。劉封(りゅうほう)の最期が頭にちらつきますが

振り払うこととします。劉封の最期につてはこちら↓

 

孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた!

 

可愛い坊やの名前、どう付けた?

 

五十手前にして授かった待望の男の子に、諸葛亮は「瞻(せん)」と名付けました。

諸葛瞻(しょかつせん)です。瞻という文字、「仰ぎ見る」とか「遠くを見やる」とか

いう意味です。この文字を見て、儒教的教養のある人が真っ先に思い浮かべるのは

『詩経(しきょう)』の「陟岵(ちょくこ)」という詩でしょう。

 

【原文】

陟彼岵兮 瞻望父兮

父曰嗟予子 行役夙夜無已

上慎旃哉 猶來無止

【書き下し文】

彼の岵(こ)に陟(のぼ)りて 父を瞻望(せんぼう)す

父は曰(い)えり 嗟(ああ)予が子よ 役に行きては夙夜(しゅくや)已むこと無からん

上(ねが)わくは旃(これ)を慎めや 猶(な)お来れかし止まること無かれ

【訳文】

岩山に登って、(はるか遠い故郷の)お父さんがいる方角を眺めやる。

お父さんはこう言っていた。我が子よ、兵役についている間は

朝も夜も休むいとまもないだろう。慎重に行動しておくれ。必ず帰ってくるんだぞ。

戦場に止まったきり(←戦死のことを婉曲に言っている)にならないように。

 

いま挙げたのはこの詩の父バージョンの部分で、このあと似たような構造で

母バージョンと兄バージョンの詩句が続きますが、

いずれも、遠征に出かけている兵士が故郷の方角を見やりながら

出征前に家族が言ってくれた言葉を思い出すという内容です。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

諸葛瞻が生まれた西暦227年は、諸葛亮が首都の成都(せいと)を離れて

対魏(ぎ)戦略の前線基地である漢中(かんちゅう)に駐屯し始めた年です。

これから北伐(ほくばつ)を開始して、何年も家には帰れなくなることを

覚悟していた矢先です。そういう時期に生まれた坊やに「父を瞻望(せんぼう)す」

という詩句にある「瞻」という名前を付けたのは、

自分が遠征に出かけて息子の近くにいてやれなくなることが分っていたからでしょう。

年とってからの可愛い坊やを残して前線へ行く諸葛亮の心中は

いかばかりであったろうかという、泣かせるお話でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生

関連記事:曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官が…
  2. 司馬昭の死因と大きな決断とは一体何!?
  3. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  4. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  5. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…
  6. 【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?
  7. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  8. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  2. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  3. だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  5. 孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志?
  6. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何? 井伊直弼の家系図は豪華絢爛! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】 三国志って何?はじめての人向け 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

おすすめ記事

  1. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  3. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  4. 【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃
  5. 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ
  6. 【9月の見どころ】9/23公開予定:【三国志平話】関羽が昔の恩義で 曹操を見逃す名シーンがない!?
  7. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  8. 第3話:三国夢幻演義 龍の少年「疎開の旅」配信中

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP