ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!

親バカな諸葛孔明





 

三国で一番ちっぽけな蜀(しょく)を粉骨砕身して支え続けた

泣かせる宰相諸葛亮(しょかつりょう)

彼が四十七歳にしてようやく授かった息子の、名前の付け方が、

これまた泣かせるのです!

※年齢は「満」ではなく「数え」で書いております

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?

関連記事:孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

 




 

男の子がとっても欲しかった諸葛亮

 

ううむ……蜀を粉骨砕身して支え続けた泣かせる宰相ですか。

っていうか独裁体制でブイブイ言わせてたんじゃないの。

という個人的な偏見はさておき。

諸葛亮は長年男児に恵まれず、兄の諸葛瑾(しょかつきん)の次男

諸葛喬(しょかつきょう)を養子に迎えております。

これがいつ頃のことであったか不明ですが、諸葛喬のもとの字(あざな)が

仲慎(ちゅうしん)であったのを、養子になって伯松(はくしょう)と改めたという

記録がありますので、字を名乗るような年齢になってからのことであったはずです。

(誕生と同時に字を決めておくこともありますが、それを使うのは成人後ですから、

まだ人に知られていない字のことをわざわざ字を改めましたなんて記録される

わけないので、大きくなってからのはず)

十五や二十歳にはなっていたことでしょう。

 




 

養子をもらった時期を想像してみる

 

二十歳の時に養子になったと仮定すると、そのとき諸葛亮は四十三歳です。

この年まで男児に恵まれなかったから、このままでは無理なのかも……と

考え始めそうなお年頃ですね。この年には蜀の初代皇帝・劉備(りゅうび)

亡くなっているので、いよいよ自分の双肩に国政がのしかかってくるなぁとか、

外征を手がけて忙しくなるかもしれん、とか考えて、家庭面での悩みを

さっさと解決しとこうと思ったら、跡取り息子が欲しくなりそうな感じですよ。

劉備在世中は険悪だった呉との外交が劉備崩御のこの年に回復しましたから、

呉にいる諸葛瑾との連絡もとりやすかったことでしょう。ま、これは単なる想像です。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

待望の実子が誕生

 

諸葛亮四十七歳、諸葛喬二十四歳の時に、諸葛亮に男児が授かりました。

もう授からないのかな、と諦めた頃に授かった、っていう話、世間でもよく聞きますよね。

年がいってからの赤ちゃん、可愛かったでしょうねぇ。

諸葛亮の親ばかエピソードはこちらの過去記事にございます↓

 

諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】

 

実子を授かっても、養子の諸葛喬のことも諸葛亮はちゃあんと大事にしてまして、

将来に期待していたそうですが、この諸葛喬さん、残念ながらこの一年後に

亡くなっています(まさか誰かがよからぬ「忖度」をして何かしでかしたんじゃ

あるまいな……まさかね……)。劉封(りゅうほう)の最期が頭にちらつきますが

振り払うこととします。劉封の最期につてはこちら↓

 

孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた!

 

可愛い坊やの名前、どう付けた?

 

五十手前にして授かった待望の男の子に、諸葛亮は「瞻(せん)」と名付けました。

諸葛瞻(しょかつせん)です。瞻という文字、「仰ぎ見る」とか「遠くを見やる」とか

いう意味です。この文字を見て、儒教的教養のある人が真っ先に思い浮かべるのは

『詩経(しきょう)』の「陟岵(ちょくこ)」という詩でしょう。

 

【原文】

陟彼岵兮 瞻望父兮

父曰嗟予子 行役夙夜無已

上慎旃哉 猶來無止

【書き下し文】

彼の岵(こ)に陟(のぼ)りて 父を瞻望(せんぼう)す

父は曰(い)えり 嗟(ああ)予が子よ 役に行きては夙夜(しゅくや)已むこと無からん

上(ねが)わくは旃(これ)を慎めや 猶(な)お来れかし止まること無かれ

【訳文】

岩山に登って、(はるか遠い故郷の)お父さんがいる方角を眺めやる。

お父さんはこう言っていた。我が子よ、兵役についている間は

朝も夜も休むいとまもないだろう。慎重に行動しておくれ。必ず帰ってくるんだぞ。

戦場に止まったきり(←戦死のことを婉曲に言っている)にならないように。

 

いま挙げたのはこの詩の父バージョンの部分で、このあと似たような構造で

母バージョンと兄バージョンの詩句が続きますが、

いずれも、遠征に出かけている兵士が故郷の方角を見やりながら

出征前に家族が言ってくれた言葉を思い出すという内容です。

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

諸葛瞻が生まれた西暦227年は、諸葛亮が首都の成都(せいと)を離れて

対魏(ぎ)戦略の前線基地である漢中(かんちゅう)に駐屯し始めた年です。

これから北伐(ほくばつ)を開始して、何年も家には帰れなくなることを

覚悟していた矢先です。そういう時期に生まれた坊やに「父を瞻望(せんぼう)す」

という詩句にある「瞻」という名前を付けたのは、

自分が遠征に出かけて息子の近くにいてやれなくなることが分っていたからでしょう。

年とってからの可愛い坊やを残して前線へ行く諸葛亮の心中は

いかばかりであったろうかという、泣かせるお話でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生

関連記事:曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  2. 五虎大将軍の馬超 新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!?
  3. 盧植と何進 董卓が幼き皇帝を救った!そのとき宮廷にいた何進は何をしていたの?…
  4. 女と金 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  5. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…
  6. 劉備の黒歴史 劉備は黄巾の乱の時に何をしていたの?どうやって軍資金を調達したの…
  7. 劉備 諸葛亮の忠義を劉備は疑っていた?劉備の遺言を考察してみた
  8. 魏曹操と魏軍と呉軍 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 病に倒れる始皇帝
  2. 劉備 結婚
  3. 曹操と機密保持
  4. 商鞅(しょうおう)
  5. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  6. 織田信長
  7. 孔子
  8. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

  1. 【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人
  2. 近藤勇の好物「たまごふわふわ」とは? 新選組局長も食べた卵料理レシピ
  3. 諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略 歳をとっても元気な孔明
  4. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2 正妃 卞夫人
  5. 西園寺公望とはどんな人?最後の元老であり教育者としての評価は? 西園寺公望
  6. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】

三國志雑学

  1. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  2. 劉備に褒められる趙雲
  3. 負けた魏延
  4. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布に暗殺される董卓
  2. 坂本龍馬(幕末時代)
  3. 呉の孫権
  4. 三国志平話

おすすめ記事

楽進の矢でが命を落とす成廉 魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!? 城の前を掃除する孔明 諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介 五虎大将軍の趙雲 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介! キングダム53巻 キングダム590話ネタバレ予想vol2「最終決戦で飛信隊に死者が出る?」 狗奴国は邪馬台国と対立 卑弥呼を苦しめた狗奴国の勢力はどのくらいだったの? 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 井伊直政 井伊直政の死因とは?本当に火縄銃で撃たれて亡くなったのか? 関羽が現在に転生したら適職は何になる?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP