三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?

この記事の所要時間: 252




 

三国志に登場する武将の中でも人気の高い「趙雲(ちょううん)」ですが、

三国志演義」で語られる趙雲のイメージが強く、近年では真実の姿が疑問視されています。

今回は趙雲の武功や容姿について解説していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行




趙雲子龍のプロフィールと経歴

 

冀州の常山郡の出身で、字は子龍です。

趙雲子龍、または趙子龍などと呼ばれています。

三国志演義の作者といわれている羅貫中(らかんちゅう)と同郷だったこともあり、

「三国志正史」と比較すると脚色が多くなり、

趙雲の活躍の場面が増えたのではないかと推測されています。

 

 

映画「レッドクリフ」でも趙雲は抜群の活躍をしていますね。

類まれな武勇をもって、敵である曹操軍との乱戦の中から主君である劉備の息子を救出しました。

この子が蜀の二代目皇帝となる劉禅です。

 

劉備の益州平定、漢中制圧に尽力し、

演義では蜀の猛将五人衆「五虎大将」のひとりとして紹介されています。

他のメンバーは、関羽張飛馬超黄忠といずれも優れた名将ばかりです。




趙雲は本当にかっこいい顔立ちをしていたのか?

 

身長は180cmほどだったそうです。

演義によると、趙雲の容姿は威風堂々としており立派だったと記されています。

眉は太く、目が大きく、あごが重なっていようで、重厚感がありますね。

私はいつも俳優の里見浩太朗さんをイメージしています。

 

冷静沈着で忠義の勇者である趙雲のイメージはどんどん美化されていき、

三国志の映画や漫画、ゲームなどではかなりのイケメンで描かれることが常です。

趙雲の故郷にある趙雲像もやはり凛々しいですね。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

趙雲の伝説と最期

 

乱戦となっている戦場にひとりで飛び込み赤子を抱いて救出していること自体が

すでに伝説的な活躍ですが、趙雲には他にも語り継がれていることがあります。

 

その一つが愛馬「白龍」とのエピソードです。

白龍という名の白馬とコミュニケーションができたといいます。

呂布の赤兎馬に対抗したような話ですね。

もともと趙雲は白馬義従を従えて精強だった群雄・公孫瓚の家臣でしたから、

その名残なのかもしれません。

 

しかし「イケメン」で「強く」て「白馬に乗っている」というのは、

典型的な王子様キャラです。

このイメージが強く、年老いた趙雲の姿はほとんど描かれません。

正史や演義でもびっくりするほど静かに息をひきとっています。

羅貫中も趙雲のイメージを壊したくはなかったのでしょう。

 

関連記事:五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

 

主騎って何?

 

公孫瓚の配下だった趙雲は、

当時公孫瓚のもとに身を寄せていた客将的存在の劉備の与力として田楷の救援に向かいます。

このときの趙雲の役目が「主騎」でした。

公孫瓚軍の騎兵隊長といったところでしょうか。

劉備の相談役、警護役でもあったと思われます。

 

このときから劉備は趙雲のことを高く評価するようになったようです。

公孫瓚や劉備に認められているわけですから、

趙雲の武勇はすでに一流のものだったということではないでしょうか。

ここで劉備との親交を深めた趙雲は、公孫瓚が滅亡した後に劉備に仕えることになるのです。

 

関連記事:正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

 

はじめての三国志ライターろひもと理穂の考察

 

演義に描かれている趙雲は完璧な武将です。

イケメンでかっこよかっただけでなく、戦場での無双ぶりも素晴らしく、

歴史上トップクラスの名将だといっても過言ではないでしょう。

絶大な人気を誇るのも当然のことです。

 

ただし、あくまでも、家伝ではないかといわれている「趙雲別伝」、

それを参照した裴松之の注釈、さらに味付けした演義を参考にした場合の話です。

はたしてそれほどの人物が、

なぜ初版の正史にほとんど取り上げられなかったのか・・・ミステリーですね。

 

その他にも趙雲にまつわる話はたくさんあります。

興味がある方は「はじ三」で検索してみてください。

さらに趙雲の魅力を感じることができますよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?
  2. 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い
  3. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  4. 衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』
  5. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…
  6. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  7. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSE…
  8. 『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徐盛(じょせい)ってどんな人?人生を戦いの中で過ごした呉の将軍
  2. 【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレンスライフ
  3. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  4. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  5. 【キングダム533話】キングダム休載の理由を考える
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬謖を追加しました 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む 徳川慶喜の功績って一体何があるの!? 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ? 三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる! 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

おすすめ記事

  1. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  2. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  3. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  4. 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?
  5. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  6. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画
  7. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  8. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP