三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!?

呉の孫権




 

 

三国志で一番強い国は魏です。

しかし魏も初代皇帝・曹丕(そうひ)、二代目曹叡(そうえい)が亡くなると、

最強国家にも陰りが見えてきます。

この時、孫呉の二人の人物が孫権の跡を継いでいれば、

三国志最強になれるチャンスがあったかもしれません。

孫権の優秀な後継者は孫登(そんとう)と孫慮(そんりょ)です。

二人の内どちらかが孫権の跡を継いで、国を背負っていれば、

孫呉が三国志最強だったかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

 




 

孫権の長男で努力する人物・孫登

 

孫登は孫権の長男として誕生します。

孫権はこの長男・孫登を太子に任命し、

孫登が立派な人物になるため四人の友人兼守り役を任命します。

孫権は孫登の友人兼守り役に任命したのは、

諸葛瑾(しょかつきん)の息子・諸葛恪(しょかつかく)

張昭(ちょうしょう)の息子・張休(ちょうきゅう)。

顧雍(こよう)の孫・顧譚(こたん)。

陳武(ちんぶ)の息子・陳表(ちんひょう)の四人です。

この四人は孫呉の次世代を担う人物として期待されていました。

孫登はこの四人から歴史書の講義、乗馬訓練、射術など多くの事を学んでいきます。




 

優れた政策を打ち出す

 

孫登は諸葛恪、張休、顧譚、陳表の四人から色々と学んで行き、

力をつけていきます。

孫登は努力の結果、孫呉の重要拠点・武昌(ぶしょう)を任されることに。

そして孫登の補佐役として孫呉の重鎮として知られる陸遜(りくそん)が付けられます。

孫登は陸遜と一緒に重要拠点・武昌の統治を進めていき、

しっかりと治めていくのでした。

 

孫登は孫権が合肥城に遠征に行った際、首都・建業(けんぎょう)の留守役を任されます。

孫登は孫権から首都の留守役を任されるとある問題が浮上してきます。

それは穀物不足のせいで盗賊達が各都市で略奪行為をしている問題でした。

孫登は盗賊達の発生を防ぐための要点を押さえた命令を発令。

この結果盗賊達の発生件数は激減することになり、

民衆から感謝され、孫権からも褒められたそうです。

では次に孫慮についてご紹介していきましょう。

 

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

英明な次男

 

孫慮は孫権の次男として誕生します。

孫慮は子供の頃から優れ、分からない事があれば誰かに聞いて、

疑問点を解決していたそうです。

孫権は孫慮が優れ、努力して疑問点を解決する様子を見て、

めちゃくちゃ可愛がり侯の位を与えたそうです。

 

若い大将軍は重臣の心配をよそにしっかりと統治に励む

 

当時丞相だった顧雍は孫慮が皇族の中で優れた人物であり、

努力して物事を吸収する姿を見て孫権へ「王の位にしたらどうでしょうか」と進言。

親バカな孫権は顧雍の進言を採用したかったのですが、

流石にまだ早いと感じたのか顧雍の進言を採用しませんでした。

 

孫権は顧雍の進言を後、再び重臣から

「孫慮様に大将軍の位を与えて、皇族の守りに加えるべきです。」

と進言を受けると孫慮を大将軍に任命して幕府を開かせます。

しかし孫呉の重臣たちは孫慮が若い為、強い権力を持つと

変なことをしでかすのではと心配していました。

 

孫慮は重臣達の心配をよそに大将軍となり、

領地としてもらった九江(きゅうこう)近辺をしっかりと統治することに成功します。

 

孫登・孫慮共に若年で亡くなる

 

孫登と孫慮の二人をご紹介しましたが、

二人共孫権の跡を継ぐことはありませんでした。

二人共優秀で、孫呉の次世代を担う君主として才能を発揮していたのに、

どうして孫権の跡を継げなかったのでしょうか。

それは孫登・孫慮共に若くして亡くなってしまったからです。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

歴史にもしはありませんが、

もし孫登が長生きして孫権の跡を継いで、孫慮が孫登を補佐していれば、

孫呉の後継者争いとして有名な「二宮の変」が起きることもなく、

孫呉の力が増大し、三国志最強になっていたかもしれません。

 

もしくは孫登が亡くなり、孫慮が君主として君臨しても、

孫呉の重臣達がしっかりと孫慮を補佐して、

魏を超える力を手にしていたかもしれません。

どちらにしても孫権の息子の中で優秀な二人が居なくなったのは、

呉の国にとって大損害だったと思われます。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志呉書・小南一郎訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男

関連記事:とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 献帝 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ!
  2. 揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか
  3. 曹操は容姿が貧相だったって本当?正史から読み解くよ
  4. 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデル…
  5. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将
  6. 于禁を虐める曹丕 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁
  7. 井伊直政 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  8. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 解煩督 呉
  3. 大喬
  4. 真田丸

おすすめ記事

  1. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ
  2. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  3. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  4. 【後北条氏】早雲から5代続いた関東の戦国大名を紹介
  5. 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  6. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 趙雲

三國志雑学

  1. 曹操は褒め上手
  2. 孔明 劉備の剣とハンコ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの? 司馬昭(しばしょう)とはどんな人?三国時代終焉の立役者でもあり司馬懿の次男 キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー 曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの? もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの? はじめての三国志編集長 kawauso 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか? 三国志の地図(州) 漢王朝の地図はどのように変化した?現代の中国地図とほぼ同じ?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP