三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編

この記事の所要時間: 243




 

中国は、EU加盟国がぜんぶすっぽり入ってしまうほど大きな国。

地域によって気候も文化も人情も、ものすご~く違います。

出身州別 三国志キャラの性格診断。全十三州のうちの二州を前回ご紹介し、

今回は第二回目です!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

関連記事:実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!

 

No.3 冀州(きしゅう)出身――趙雲(ちょううん)

 

冀州(きしゅう)は、現在の河北省あたりです。

冀州出身の趙雲(ちょううん)は、蜀(しょく)のオヤビン劉備(りゅうび)の懐刀として、

オヤビンの病める時も健やかなる時も身を粉にしてご奉公し、

オヤビンから「子竜(しりょう。趙雲のあざな)は一身これ肝なり」と賞賛された

頼れるナイスガイ。

さて、河北人の特徴は、

 

慷慨悲歌(こうがいひか。社会の不正や乱れを憤り嘆くこと)の士が多い。

誠実で実直。独立性に欠ける。

 

【誠実で実直】は趙雲のイメージにぴったりです。

【慷慨悲歌】と【独立性に欠ける】は分りませんね……

趙雲に関しては、一生懸命働く姿の描写はあってもキャラ的な描写はありませんからね。

河北人の「独立性に欠ける」というイメージは、北京の近郊という位置に

甘んじて大人しく過ごしていることからきているようです。

なるほど……関羽張飛馬超黄忠が前将軍・右将軍・左将軍・後将軍になったのに
自分だけ前線指揮官のままでも大人しく勤めていた趙雲の姿に重なります。

 

No.4 兗州(えんしゅう)出身――李典(りてん)

 

兗州(えんしゅう)は現在の山東省、河北省、河南省にまたがっていました。

兗州出身の李典(りてん)は、曹操(そうそう)に仕え、

かつて叔父の仇の一味であった張遼(ちょうりょう)とともに合肥(がっぴ)の守備に

つくことになり、個人的な恨みを封印して張遼と力を合わせて合肥を守ったナイスガイ。

李典は現在の山東省の出身です。さて、山東人の特徴は、

 

 

体格がよく、声も大きく、性格は豪快。主君に忠実で、利を軽んじ名を重んじる。

地元愛が強く、どこへ行っても地元の方言でしゃべる。

 

なるほど、【利を軽んじ名を重んじる】ですか。そう言われてみれば、

李典が叔父さんの仇の一味であったという理由で同僚の張遼のことを

長らく恨んでいたわけもわかります。中国では、名を重んじることと

仇討ちをおろそかにしないことはほとんど同義語ですから、

叔父さんのことをなあなあに済ませて仲良しごっこすることは難しかったはずです。

それでも私怨を封印して張遼と協調したのは、山東人の【主君に忠実】属性の賜物かも。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

No.5 徐州(じょしゅう)出身――諸葛亮(しょかつりょう)

 

徐州(じょしゅう)は現在の山東省、江蘇省にまたがっていました。

徐州出身の諸葛亮(しょかつりょう)は、蜀(しょく)のオヤビン劉備(りゅうび)に

仕え、オヤビン没後も二代目の劉禅(りゅうぜん)に仕えて粉骨砕身して働いた人。

 

丞相(じょうしょう。総理大臣みたいなもの)として政治も軍権も一手に握り

独裁体制を敷いていたにもかかわらず、劉禅を立てて真心勤務だったことから、

忠臣の代名詞みたいになってます。諸葛亮は現在の山東省出身で、

山東人の特徴はさきほど兗州(えんしゅう)の李典のところで書いた通りです。

 

山東人の【主君に忠実で、利を軽んじ名を重んじる】は諸葛亮に合っていますね。

忠実そのもののイメージですし、欲得に目がくらんで汚いことをしたなんて話は

一つも聞きません。【体格がよく】も当たっていますね。諸葛亮の身長は八尺、

当時としてはちょっとびっくりされるくらいの高身長でした。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

山東省に関しては、「山東大漢」という言葉が全国的に知られているほど、

のっぽ大国として有名です。諸葛亮の高身長も、いかにも山東人らしいな、

という受け止められ方をしています。また、山東人は地元愛が強くて

よそへ行っても方言でしゃべるというイメージも強く、山東出身の諸葛亮が

ものすごくなまった口調で出師の表(すいしのひょう)を読むとか、

ものすごくなまった口調で馬謖(ばしょく)を叱るとか、そういう漫才のネタもあります。

実際の諸葛亮も、ひょっとすると出身地の方言のままで蜀(しょく)で

しゃべっていたかもしれませんね。

魏延(ぎえん)との確執も、案外、言葉の壁が原因だったりして!?

出身州別 性格診断、次回は青州(せいしゅう)の太史慈(たいしじ)

涼州(りょうしゅう)の董卓(とうたく)、并州(へいしゅう)の呂布(りょふ)です。

お楽しみに!

 

次回記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:よかミカンって、何者?

関連記事:裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 

 

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  2. 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編
  3. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  4. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  5. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!…
  6. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  7. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…
  8. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 大喬

おすすめ記事

  1. 武家文化は力強く堅実だった 鎌倉時代 服装 男女
  2. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  3. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  4. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  5. kawauso編集長のぼやきVol.15「怖いもの」
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料) 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始 鎌倉時代 服装 男女 武家文化は力強く堅実だった 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? 読者の声(2018年9月1日〜21日) これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行 飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール2009最優秀賞作品をレビューするよ 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた! 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖

おすすめ記事

  1. 曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?-
  2. 孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの? 関羽に無視される孫権
  3. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  4. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  5. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  6. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  7. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  8. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP