三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行




 

中国には三国志の名所がたくさんあり、諸葛孔明(しょかつこうめい)や

劉備(りゅうび)曹操(そうそう)らのお墓などがあります。

では(しょく)の大将軍・姜維(きょうい)のお墓も中国には有るのでしょうか。

今回は三国志後期に登場し、人気の高い姜維のお墓についてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1

関連記事:東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2

 

姜維はどうやって亡くなったの??

姜維

 

三国志の中で一番国力と国土が小さい蜀。

この国は劉備が建国した国で三国志のファンじゃなくても一回は聞いたことのある名前だと思います。

さて三国志の蜀の国には多く名将が登場。

姜維も蜀の名将の一人に数えられますが、どのようにして亡くなったのでしょうか。

 

姜維は魏の大軍によって蜀が降伏した為、姜維も魏に降伏。

その後姜維は蜀討伐軍の総大将・鍾会(しょうかい)に気に入られます。

鍾会は蜀で独立し、新しい国を作ろうと考えていました。

姜維は鍾会の野望を知って、彼に協力して蜀を再興することができるのではないかと考え、

鍾会と組んで魏に反乱を起こします。

 

しかしこの姜維の策は失敗に終わります。

鍾会の謀反を知った魏軍は鍾会に対して反乱を起こし、鍾会を倒してしまいます。

姜維はこの鍾会の反乱を討伐する軍と戦いますが、力及ばず倒れてしまい、

蜀の再興は夢に終わってしまうのでした。

こうして姜維は秘策を実現することがないまま、鍾会と共に亡くります。

 

 

姜維のお墓は存在するの?

司馬懿とお墓

 

さて蜀の再興を目指した姜維ですが、お墓は存在するのでしょうか。

姜維のお墓はちゃんと残っています。ではどこにあるのでしょう。

それは中国の四川省広元市の剣閣県にある剣門関観光エリアの東南部に姜維のお墓はあります。

しかしこの場所は以前からのお墓の場所ではありません。

 

以前は違うところにあったそうですが、

中国の鉄道の路線が通るため、この場所へ移ってきたそうです。

姜維のお墓はここにありますが、途中姜維と諸葛孔明の銅像が有り、

二人が出会った頃からの出来事を見ることができ、

三国志の名所スポットとしても有名な場所です。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

姜維のお墓までのアクセス方法

電話をする孔明

 

さて姜維のお墓の場所をご紹介しましたが、

どのようにしていくのでしょうか。

まずは日本から飛行機に乗って四川省にある成都双流国際機場を目指します。

ここに到着するまでの所要時間・・・・。

なんと約5時間半!!

めちゃくちゃ遠いですね。

 

さて四川省にある成都双流国際機場に到着後、次に車で

姜維のお墓を目指します。

成都双流国際機場から姜維のお墓まで約4時間。

合計でなんと9時間も姜維のお墓までかかるんです。

めちゃくちゃ疲れると思います。

 

しかしこの疲れを乗り越えて姜維のお墓に到着すれば、

三国志ファンならかなり感傷に浸れることでしょう。

また姜維の最後の戦いとなった剣閣が近くにありますので、

これに登ってみればかなり感動すること間違えありません。

その疲れも吹っ飛ぶでしょう。

 

今度の春休みやゴールデンウィーク、夏休みなどの長期休暇を使って、

姜維のお墓を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レン

 

いかがでしたでしょうか。

今回は姜維のお墓をご紹介してみました。

結構な長距離移動になりますので、

暇つぶしのスマホアプリをダウンロードしておく事は必須でしょう。

 

しかしアプリばかりやっていると

直ぐに許容データ使用量がなくなってしまうかもしれません。

そこでチャイナデータという中国専用のポケットWiFiルーターと

グーを活用すれば許容データを超えることなく

暇つぶしのスマホアプリをすることができるでしょう。

 

皆様もこれを活用して姜維のお墓がある剣閣や

中国各地にある三国志の遺跡を回ってみてはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃

関連記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呂蒙 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  2. 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  3. とっても皇帝になりたかった袁術
  4. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  5. 費禕 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  6. 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  7. 顔良と文醜 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?
  8. 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備軍 曹操軍
  2. 曹丕 曹植
  3. 三国志 武器
  4. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  5. はじめての三国志編集長kawauso
  6. 宋銭 お金と紙幣
  7. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは
  2. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  3. 漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー
  4. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  5. はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第10部 袁術と郭嘉

三國志雑学

  1. 読書する劉備
  2. 周倉
  3. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. お酒が強い篤姫

おすすめ記事

呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何? 三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介 岳飛(南宋の軍人) 岳飛の性格は最悪だった?実はあまりよくなかった英雄の性格 残忍な曹丕 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀 蒟蒻問答 孔明と張飛 まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ キングダム53巻 キングダム594話ネタバレ雑学「趙峩龍の戦術元ネタを暴露」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP