キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか?

五虎大将軍の馬超




 

三国志正史と三国志演義で大きく評価が分かれる人物がいます。

その筆頭は曹操(そうそう)でしょう。

蜀漢(しょくかん)の正統性を物語の柱にしている三国志演義では、

漢王朝(ごかんおうちょう)傀儡(かいらい)とし、劉備(りゅうび)と敵対している曹操は悪人なのです。

 

曹操と並び評価の分かれるのが馬超(ばちょう)です。

今回は馬超の描かれ方がいかに違うのかについて検証していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

関連記事:錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう

 

 

儒教で重んじられる忠と孝

 

日本の武士といえば、主君の命令に忠実であり、

例え主君の判断が間違っていても反論することなく忠義を尽くすというイメージがあります。

 

秩序を守ろうとする主君側にとって、配下の忠の精神はとても重要です。

特に儒学を公認した江戸幕府ではその傾向が顕著になります。

 

しかし、元来、忠よりも重んじられるのが孝です。

理由はシンプルで、主君が滅ぶことよりも家を存続させ、

子孫を残していくことの方が重要だからです。

孝とは「父母や祖先に尽くすこと」を指します。

 

 

最も重い罪が親殺し

 

ですから中国では親殺しは重罪です。

明や清の時代には「割股(かつこ)」という風習があり、

病気の親を介抱するために自分の肉を削いで食べさせることが最高の孝行のひとつとされています。

 

三国志演義における呂布(りょふ)は不孝の代表格でしょう。

義父である丁原(ていげん)を殺し、次の義父となった董卓(とうたく)も殺しています。

最強の武勇を誇っても、

呂布には正義がないために無残に滅んだのだと三国志演義は強調しているようです。

 

三国志演義が明の時代の羅貫中(らかんちゅう)によって書かれ、

清の時代の毛宗崗によって改訂されているのですから

そういった描かれ方は自然なものだったのでしょう。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

馬超の父の馬騰はいつ処刑されたのか

 

ここで大きな問題になるのが、馬騰(ばとう)・馬超親子です。

なぜ問題視されるのでしょうか?

それは馬騰が曹操の命令によって処刑された理由と関係しています。

 

三国志正史によると曹操の漢中侵攻に危機感を持った馬超と韓遂(かんすい)たちは、

曹操に対して反旗を翻します。

しかし、曹操陣営の仕掛けた離間の計が功を奏し、馬超や韓遂は大敗を喫することになるのです。

 

これが211年の話になります。

この時点で馬超の父親は衛尉として朝廷に仕えていました。

馬超の弟たち馬休(ばきゅう)馬鉄(ばてつ)も同行して鄴にいたのです。

人質という側面が強かったと思われます。

韓遂は息子や孫を人質として朝廷に差し出しています。

 

 

馬超・韓遂が曹操に大敗した後、212年に馬騰らは馬超の謀叛の罪に連座して処刑されてしまいます。

一族200人が殺されたと記されています。

馬超は実父が処刑される原因を作ってしまったことになるのです。

 

三国志演義はどう描いたのか

 

しかしそのような大罪を犯した者を、

義を重んじる蜀漢が受け入れることは矛盾してしまいます。

ましてや三国志演義では五虎大将(ごこだいしょう)のひとりに数えられているのです。

大義のために戦っている劉備の配下の代表格が親殺しの汚名を負っているのは大問題です。

 

ですから三国志演義は時間軸をずらしました。

馬騰は朝廷に仕える忠義の士であり、曹操の横暴を許せず謀叛を画策、

それが露見して処刑されたと設定を変えたのです。

父を殺された馬超はその仇を討つために挙兵するという筋書きです。

 

このように三国志演義は馬超の扱いにはことさら神経を使ったようで、

版本されるたびに細かく修正されていきます。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

 

馬超はなぜ親が殺されることを覚悟して挙兵したのでしょうか。

周辺の軍閥や羌などによって御輿にされた感じはあります。

10万の連合軍をまとめるためにはカリスマ性のある馬超のような存在が必要だったのでしょう。

馬超にしても不孝者と呼ばれることになっても、

地方の自治を守りたいという志があったのかもしれません。

 

ただし、馬超は一族を失い、さらに地盤も奪われて落ち延びていくことになります。

この結果だけを見ると悪人と言われても仕方がないのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 魏延と孔明 三国志 Three Kingdomsの諸葛亮がいじわるすぎる!
  2. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  3. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  4. 魏曹操と魏軍と呉軍 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか
  5. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…
  6. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  7. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  8. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  2. 簒奪する王莽
  3. 三国志大学で勉強する公孫瓚
  4. 解煩督 呉
  5. 光武帝(劉秀)陰麗華
  6. 呉蜀赤壁の戦い

おすすめ記事

  1. 彭越(ほうえつ)とはどんな人?漁師から王の位にまで上り詰めた梟雄
  2. 顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守
  3. 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい 桂小五郎(木戸孝允)
  4. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  5. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  6. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の趙雲
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 井伊直政
  2. 周瑜と孫策
  3. 三条実美
  4. 李典

おすすめ記事

竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった! 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定 淳于瓊(じゅんうけい)はどんな人?実は無能ではなかった袁紹軍の都督 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 kawausoとおとぼけ kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」 馬に乗って単身荊州へ赴く劉表 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説 孔子と儒教 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP