姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

姜維と孔明

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)姜維(きょうい)を高い評価を下しており、色々な事を叩き込みます。

そのおかげか姜維は孔明死後めきめきと力を伸ばしていき、

蜀の終末期には大将軍として軍事のトップに立つことになります。

そんな姜維は孔明から大切な物をもらっていたのをご存知でしょうか。

今回は孔明から譲られて大切な宝物についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将

関連記事:姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行


諸葛孔明が贈った兵法書とは

過労死した孔明

 

孔明は魏との最後の戦いを行うべく軍勢を率いて五丈原(ごじょうげん)へ向かいます。

姜維も孔明の北伐戦に参加しています。

孔明は蜀軍の欠点である兵糧をしっかりと確保しておくため、

五丈原で屯田を行い、長期戦になっても兵糧不足にならないようにします。

 

こうして孔明率いる蜀軍は魏軍と戦うことになりますが、孔明の体が病に(むしば)まれてしまうのでした。

孔明は自分の死期を感じ、亡くなる前に姜維にあるものを渡します。

それは孔明が長い時間かけて編集した兵法書です。

この兵法書の名前を兵法書二十四編と言います。

孔明は姜維にこの兵法書を渡して数日後に亡くなるのでした。


孔明からもらった兵法書を活かして魏軍を打ち破る

鄧艾と孔明

 

姜維は孔明からもらった兵法書を読んでしっかりと学んでいきます。

そして姜維はこの孔明の兵法書に載っていた連弩(れんど)の法を修め、

魏軍との戦いでこの連弩の法を使用して魏軍を撃破するのです。

しっかりと孔明の教えを身につけた姜維は

その後も孔明の兵法書でいろいろなことを身につけていくのでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  


姜維は蜀滅亡後、剣閣に兵法二十四編を隠す!!

書籍のイラスト

 

姜維はその後魏軍が大軍を率いて蜀へ攻撃を仕掛けてきた時、

剣閣(けんかく)に篭城して徹底抗戦の構えを見せます。

魏軍は姜維率いる蜀軍の軍勢がこもる剣閣へ総攻撃をかけますが、

中々占領することができませんでした。

 

その後魏軍は鄧艾(とうがい)率いる別動隊が蜀の中心部へ攻撃を仕掛けた事がきっかけとなり、

蜀の皇帝・劉禅(りゅうぜん)が降伏してきます。

姜維は劉禅が降伏した為、魏軍に降伏することになります。

鄧艾と姜維

 

民間伝承によれば姜維は魏へ降伏した後、

孔明からもらった大切な宝物・兵法二十四編を剣閣に隠して置くのでした。

なぜ姜維は剣閣に兵法二十四編を剣閣に隠したのか。

それは姜維は蜀を再興した後、ここへ孔明からもらった宝物を取りに行くつもりだったからです。

 

そのため姜維はとりあえず孔明からもらった宝物を取り敢えず、

剣閣に隠しておき、蜀を再興してから再び取りに来るつもりでした。

しかしはじめての三国志の読者は知っていると思いますが、

姜維は蜀が魏に降伏した後、鍾会(しょうかい)の計画に加担して蜀再興を果たそうとしますが、

作戦は失敗し、鍾会と一緒に殺害されてしまうのでした。

反乱に失敗した鐘会と姜維

 

姜維が殺害されてしまったため、彼が孔明から貰った大切な宝物

兵法二十四編はそのまま行方知れずになってしまうのでした。

もし姜維が蜀の再興に成功していれば、諸葛孔明が編纂した

兵法二十四編も現代にまで残されていたかもしれません。

このように考えると姜維の秘策が失敗した事が悔やまれてなりません。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は姜維が孔明から譲られた兵法二十四編をご紹介しましたが、

一つ残念なお知らせをしなくてはなりません。

それは一体何か。

 

それは兵法二十四編が三国志演義(さんごくしえんぎ)にしか登場しない架空の本だったのです。

正史三国志では孔明が編纂した兵法書の存在すらありませんでしたが、

孔明から高い評価を受けていた姜維ですから、

もしかしたら兵法の書物ではなく、内政に関する書物や

法律に関する書物などをもらっていたかもしれませんね。

火のないところに煙は立ちませんから、民間伝承に残っている孔明の本の逸話は

もしかしたら上記の書物のことかもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

関連記事:姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 


 

関連記事

  1. 魏を破る朱然
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  3. デザイン担当:よりぶりん

    袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由

    皆さん、こんばんは、袁術(えんじゅつ)祭の…

  4. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  5. 魯粛、孫権、張昭
  6. 合肥の戦いで痛い目にあった孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP