三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?



姜維と孔明

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)姜維(きょうい)を高い評価を下しており、色々な事を叩き込みます。

そのおかげか姜維は孔明死後めきめきと力を伸ばしていき、

蜀の終末期には大将軍として軍事のトップに立つことになります。

そんな姜維は孔明から大切な物をもらっていたのをご存知でしょうか。

今回は孔明から譲られて大切な宝物についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将

関連記事:姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

 

 

諸葛孔明が贈った兵法書とは

過労死した孔明

 

孔明は魏との最後の戦いを行うべく軍勢を率いて五丈原(ごじょうげん)へ向かいます。

姜維も孔明の北伐戦に参加しています。

孔明は蜀軍の欠点である兵糧をしっかりと確保しておくため、

五丈原で屯田を行い、長期戦になっても兵糧不足にならないようにします。

 

こうして孔明率いる蜀軍は魏軍と戦うことになりますが、孔明の体が病に(むしば)まれてしまうのでした。

孔明は自分の死期を感じ、亡くなる前に姜維にあるものを渡します。

それは孔明が長い時間かけて編集した兵法書です。

この兵法書の名前を兵法書二十四編と言います。

孔明は姜維にこの兵法書を渡して数日後に亡くなるのでした。

 

 

孔明からもらった兵法書を活かして魏軍を打ち破る

鄧艾と孔明

 

姜維は孔明からもらった兵法書を読んでしっかりと学んでいきます。

そして姜維はこの孔明の兵法書に載っていた連弩(れんど)の法を修め、

魏軍との戦いでこの連弩の法を使用して魏軍を撃破するのです。

しっかりと孔明の教えを身につけた姜維は

その後も孔明の兵法書でいろいろなことを身につけていくのでした。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

姜維は蜀滅亡後、剣閣に兵法二十四編を隠す!!

書籍のイラスト

 

姜維はその後魏軍が大軍を率いて蜀へ攻撃を仕掛けてきた時、

剣閣(けんかく)に篭城して徹底抗戦の構えを見せます。

魏軍は姜維率いる蜀軍の軍勢がこもる剣閣へ総攻撃をかけますが、

中々占領することができませんでした。

 

その後魏軍は鄧艾(とうがい)率いる別動隊が蜀の中心部へ攻撃を仕掛けた事がきっかけとなり、

蜀の皇帝・劉禅(りゅうぜん)が降伏してきます。

姜維は劉禅が降伏した為、魏軍に降伏することになります。

鄧艾と姜維

 

民間伝承によれば姜維は魏へ降伏した後、

孔明からもらった大切な宝物・兵法二十四編を剣閣に隠して置くのでした。

なぜ姜維は剣閣に兵法二十四編を剣閣に隠したのか。

それは姜維は蜀を再興した後、ここへ孔明からもらった宝物を取りに行くつもりだったからです。

 

そのため姜維はとりあえず孔明からもらった宝物を取り敢えず、

剣閣に隠しておき、蜀を再興してから再び取りに来るつもりでした。

しかしはじめての三国志の読者は知っていると思いますが、

姜維は蜀が魏に降伏した後、鍾会(しょうかい)の計画に加担して蜀再興を果たそうとしますが、

作戦は失敗し、鍾会と一緒に殺害されてしまうのでした。

反乱に失敗した鐘会と姜維

 

姜維が殺害されてしまったため、彼が孔明から貰った大切な宝物

兵法二十四編はそのまま行方知れずになってしまうのでした。

もし姜維が蜀の再興に成功していれば、諸葛孔明が編纂した

兵法二十四編も現代にまで残されていたかもしれません。

このように考えると姜維の秘策が失敗した事が悔やまれてなりません。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は姜維が孔明から譲られた兵法二十四編をご紹介しましたが、

一つ残念なお知らせをしなくてはなりません。

それは一体何か。

 

それは兵法二十四編が三国志演義(さんごくしえんぎ)にしか登場しない架空の本だったのです。

正史三国志では孔明が編纂した兵法書の存在すらありませんでしたが、

孔明から高い評価を受けていた姜維ですから、

もしかしたら兵法の書物ではなく、内政に関する書物や

法律に関する書物などをもらっていたかもしれませんね。

火のないところに煙は立ちませんから、民間伝承に残っている孔明の本の逸話は

もしかしたら上記の書物のことかもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた

関連記事:姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 魏の曹操孟徳 曹操は漢の忠臣?それとも奸臣?
  2. なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?…
  3. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチ…
  4. 華陀と麻沸散 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた…
  5. 吉川英治様表紙リスペクト 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  6. 関帝廟 関羽 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…
  7. 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ
  8. 陶淵明が描いたユートピア「桃花源記」の世界とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 項羽と劉邦
  2. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 第16話:袁術くん「マインドフルネス」を劉備から学ぶ 劉備を僻む袁術
  2. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  3. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器 趙雲 三尖刀
  4. 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか
  5. 関羽はお金の神様?風水における関羽像について 関帝廟 関羽
  6. 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介

三國志雑学

  1. 泣く子も張遼
  2. 張昭 VS 孫権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 呉の孫権
  3. 腐れ儒者気質な孔融

おすすめ記事

武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?曹操に最も近い男 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男 笑う曹操 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。

おすすめ記事

  1. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  2. 【はじ三グッズ】可愛い馬超のスマホケースver2(iPhone/Android対応)近日発売予定
  3. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  4. 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 織田信長
  5. キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説
  6. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師 范増
  7. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  8. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP