よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

新末後漢初期

意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった

この記事の所要時間: 30




司馬遷

 

前漢時代を学ぼうと思ったら

まず手に取るのは司馬遷(しばせん)が編んだ『史記(しき)』でしょう。

 

司馬遷の情熱が注がれた

歴史の基本書である『史記』は

中国の歴史をまざまざと読者に

伝えてくれますよね。

 

しかし、前漢時代に限って学びたいのであれば、

他の時代の記述もくっついている『史記』よりも

班固(はんこ)が著した前漢時代の断代史である『漢書』の方がいいのでは?

と思った人もいるでしょう。

 

たしかに、前漢時代しか書かれていない『漢書』の方が

前漢時代の勉強には適しているかもしれませんね。

 

それにしても、

既に司馬遷によって前漢時代のほとんどが描かれているというのに、

なぜ班固は『史記』と重複する時代まで含めて

わざわざ『漢書』を著したのでしょうか?

 

そこには班固の歴史に対する強い思いがあったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

 

 

『漢書』の前身『史記後伝』

 

司馬遷の『史記』は前漢の武帝の時代で終わっています。

それは、司馬遷が武帝の時代に活躍し、

そしてその時代に亡くなったためです。

 

その『史記』の後を補い、

前漢時代の全てを描き切ろうと考えた人物がいました。

 

その人こそが、班固の父・班彪(はんひょう)です。

彼が補った『史記』の続編は『史記後伝(しきごでん)』。

彼は、前漢末の学者である劉向(りゅうこう)劉歆(りゅうきん)父子が著した書籍目録『七略(しちりゃく)』や

劉向が歴代の占いの結果や災厄などを記録した『洪範五行伝論(こうはんごぎょうでんろん)』などを参考にしながら、

というかその内容のほとんどをそのまま使い回しながら

前漢王朝が新王朝に取って代わられるまでを描こうとしました。

 

ところが、班彪は夢半ばで倒れ、

『史記後伝』は未完に終わってしまったのでした。

 

 

父の遺志を継いだ班固

班固

 

未完に終わった『史記後伝』ですが、

息子の班固がその遺志を継ぐことを決意します。

 

班固は父が常々『史記』にダメ出しをしていたことを思い出します。

 

「司馬遷の『史記』は漢のはじまりから武帝までは良い。

でも、それ以前のことは『春秋左氏伝』などの経や伝の内容を採用したり、

その他の書物の記述を散りばめたりしていて、

いい加減であることが多くて元々の書物の内容には及ばない。

 

何とかして見聞きした情報を全て載せようと努力したのだろうが、

そのせいでかえって情報の取捨選択がうまくなされなかったのだ。

 

しかも『史記』の内容は老荘思想を尊んで儒教を軽視している。

儒教に泥を塗るようなこの行為は、極刑を免れないほど罪深い。」

 

司馬遷を厳しく批判するこの父の言葉を受け、

お堅い班固は司馬遷の『史記』にますます批判の目を向けます。

 

そもそも『史記』のはじまりが神話時代ともいえる

五帝本紀なのはおかしいのではないか?

不老不死を作らせる始皇帝

 

儒教を弾圧した秦王朝の存在を肯定してしまうと、

儒教の正統性を揺るがしてしまうのではないか?

 

そう考えた班固は正統な歴史のはじまりを

漢の高祖の時代からということにします。

 

そういうわけで、『漢書』は前漢王朝一時代だけのことを記す

断代史の形式をとることになったのでした。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

 

『史記』のダメなところは全て改変

史記

 

司馬遷は儒教の祖である孔子が著したとされる『春秋』に則って

歴史を記しながら自分の考えや批判を織り交ぜながら『史記』を著しました。

 

しかし、班固はそれを良しとしません。

あくまで歴史的事実のみを列挙していくべきだと考えた班固は、

司馬遷の文章を反面教師するかのように

より洗練された文章を生み出しました。

 

そのため、司馬遷の『史記』は物語的であるのに対し、

班固の『漢書』はカチカチの説明文的な文章になっています。

 

また、班固は『史記』の体裁を一部踏襲しながらも、

いくつか変更を加えています。

項羽

 

たとえば、『史記』には立てられなかった恵帝本紀を立て、

『史記』では本紀に入れられていた項羽(こうう)を列伝に降格しています。

更に、『史記』の「書」は「志」に改名し、

『史記』の「世家」は廃止。

また、表には官職の沿革を記した「百官公卿表」などが加えられています。

 

その他諸々、

『史記』と『漢書』を見比べていくと

班固による改変はまだまだたくさんある様子…。

 

班固の強い意志を感じずにはいられませんね。

 

三国志ライター chopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

前漢王朝の歴代皇帝を賛美し、

その帝位を奪った新の王莽に厳しい目を向ける班固。

 

こうして見ると、

班固は漢王朝の正統性に固執し、

それ以前の時代の全てを否定しているかのように受け取れますが、

決してそういうわけではなかったようです。

 

班固は「古今人表」というものを設け、

前漢よりも前の人物についてランク付けをしています。

 

「古今」と言っているのに

「古」の人物しか扱われていないことについて

度々議論がなされているこの表ですが、

おそらく古の聖人や愚人を示すことにより、

今の人にお手本にしてほしいとの

願いが込められているのだろうと言われています。

 

たしかに班固は

漢代よりも前の本紀をバッサリ斬り捨ててしまいましたが、

その存在の全てを否定したわけではなかったというわけです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫…
  2. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて…
  3. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  4. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  5. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政…
  6. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…
  7. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲…
  8. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫
  2. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  3. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  4. 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える
  5. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  6. 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密! 吉田松陰の辞世の句は3つあった!松陰最期の日の心境に迫る 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説! 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの? 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは? 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

おすすめ記事

  1. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  2. 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!
  3. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  4. 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた
  5. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】
  7. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一
  8. 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP