意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬遷

 

前漢時代を学ぼうと思ったら

まず手に取るのは司馬遷(しばせん)が編んだ『史記(しき)』でしょう。

 

司馬遷の情熱が注がれた

歴史の基本書である『史記』は

中国の歴史をまざまざと読者に

伝えてくれますよね。

 

しかし、前漢時代に限って学びたいのであれば、

他の時代の記述もくっついている『史記』よりも

班固(はんこ)が著した前漢時代の断代史である『漢書』の方がいいのでは?

と思った人もいるでしょう。

 

たしかに、前漢時代しか書かれていない『漢書』の方が

前漢時代の勉強には適しているかもしれませんね。

 

それにしても、

既に司馬遷によって前漢時代のほとんどが描かれているというのに、

なぜ班固は『史記』と重複する時代まで含めて

わざわざ『漢書』を著したのでしょうか?

 

そこには班固の歴史に対する強い思いがあったのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念


『漢書』の前身『史記後伝』

 

司馬遷の『史記』は前漢の武帝の時代で終わっています。

それは、司馬遷が武帝の時代に活躍し、

そしてその時代に亡くなったためです。

 

その『史記』の後を補い、

前漢時代の全てを描き切ろうと考えた人物がいました。

 

その人こそが、班固の父・班彪(はんひょう)です。

彼が補った『史記』の続編は『史記後伝(しきごでん)』。

彼は、前漢末の学者である劉向(りゅうこう)劉歆(りゅうきん)父子が著した書籍目録『七略(しちりゃく)』や

劉向が歴代の占いの結果や災厄などを記録した『洪範五行伝論(こうはんごぎょうでんろん)』などを参考にしながら、

というかその内容のほとんどをそのまま使い回しながら

前漢王朝が新王朝に取って代わられるまでを描こうとしました。

 

ところが、班彪は夢半ばで倒れ、

『史記後伝』は未完に終わってしまったのでした。


父の遺志を継いだ班固

班固

 

未完に終わった『史記後伝』ですが、

息子の班固がその遺志を継ぐことを決意します。

 

班固は父が常々『史記』にダメ出しをしていたことを思い出します。

 

「司馬遷の『史記』は漢のはじまりから武帝までは良い。

でも、それ以前のことは『春秋左氏伝』などの経や伝の内容を採用したり、

その他の書物の記述を散りばめたりしていて、

いい加減であることが多くて元々の書物の内容には及ばない。

 

何とかして見聞きした情報を全て載せようと努力したのだろうが、

そのせいでかえって情報の取捨選択がうまくなされなかったのだ。

 

しかも『史記』の内容は老荘思想を尊んで儒教を軽視している。

儒教に泥を塗るようなこの行為は、極刑を免れないほど罪深い。」

 

司馬遷を厳しく批判するこの父の言葉を受け、

お堅い班固は司馬遷の『史記』にますます批判の目を向けます。

 

そもそも『史記』のはじまりが神話時代ともいえる

五帝本紀なのはおかしいのではないか?

不老不死を作らせる始皇帝

 

儒教を弾圧した秦王朝の存在を肯定してしまうと、

儒教の正統性を揺るがしてしまうのではないか?

 

そう考えた班固は正統な歴史のはじまりを

漢の高祖の時代からということにします。

 

そういうわけで、『漢書』は前漢王朝一時代だけのことを記す

断代史の形式をとることになったのでした。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  


 

『史記』のダメなところは全て改変

史記

 

司馬遷は儒教の祖である孔子が著したとされる『春秋』に則って

歴史を記しながら自分の考えや批判を織り交ぜながら『史記』を著しました。

 

しかし、班固はそれを良しとしません。

あくまで歴史的事実のみを列挙していくべきだと考えた班固は、

司馬遷の文章を反面教師するかのように

より洗練された文章を生み出しました。

 

そのため、司馬遷の『史記』は物語的であるのに対し、

班固の『漢書』はカチカチの説明文的な文章になっています。

 

また、班固は『史記』の体裁を一部踏襲しながらも、

いくつか変更を加えています。

項羽

 

たとえば、『史記』には立てられなかった恵帝本紀を立て、

『史記』では本紀に入れられていた項羽(こうう)を列伝に降格しています。

更に、『史記』の「書」は「志」に改名し、

『史記』の「世家」は廃止。

また、表には官職の沿革を記した「百官公卿表」などが加えられています。

 

その他諸々、

『史記』と『漢書』を見比べていくと

班固による改変はまだまだたくさんある様子…。

 

班固の強い意志を感じずにはいられませんね。


  

 

三国志ライター chopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

前漢王朝の歴代皇帝を賛美し、

その帝位を奪った新の王莽に厳しい目を向ける班固。

 

こうして見ると、

班固は漢王朝の正統性に固執し、

それ以前の時代の全てを否定しているかのように受け取れますが、

決してそういうわけではなかったようです。

 

班固は「古今人表」というものを設け、

前漢よりも前の人物についてランク付けをしています。

 

「古今」と言っているのに

「古」の人物しか扱われていないことについて

度々議論がなされているこの表ですが、

おそらく古の聖人や愚人を示すことにより、

今の人にお手本にしてほしいとの

願いが込められているのだろうと言われています。

 

たしかに班固は

漢代よりも前の本紀をバッサリ斬り捨ててしまいましたが、

その存在の全てを否定したわけではなかったというわけです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊


 

関連記事

  1. 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 光武帝(劉秀)陰麗華

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP