キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか

この記事の所要時間: 351




諸葛亮

三国志』といえば諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

と言い切るくらいの人もいるほど、『三国志演義』での諸葛亮の活躍は鮮やかです。

 

諸葛亮の桁違いな頭脳から生まれるあらゆる策略に魏も呉もおろおろするばかり。

死せる孔明生ける仲達(ちゅうたつ)を走らすなんていう言葉も生まれるくらい、

諸葛亮の智謀は当時の人々を圧倒していました。

そんな諸葛亮には2人の兄弟がありました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?

関連記事:【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?





 

諸葛3兄弟

諸葛均

 

そんな諸葛亮、実は3人兄弟の真ん中の子。

兄は呉に仕えていた諸葛瑾(しょかつきん)でした。

諸葛亮の活躍に埋もれがちですが、兄・諸葛瑾も呉の重臣として名をはせていました。

 

そして、弟の諸葛均(しょかつきん)

この諸葛均ですが、正史『三国志』でも『三国志演義』でもあまり言及されていません

 

一体どのような人物だったのでしょうか。

数少ない諸葛均の記述を追ってみましょう。

 

 

正史『三国志』に見える諸葛均

諸葛珪

諸葛珪(写真のみ)

 

諸葛3兄弟は泰山郡の諸葛珪(しょかつけい)の子として生まれました。

しかし、幼いときに両親を亡くしてしまいます。

一番上の兄である諸葛瑾は独り立ちして揚州に移り住みましたが、

まだ幼かった諸葛亮と諸葛均の2人は叔父である諸葛玄(しょかつげん)を頼ります。

 

しかし、諸葛玄も戦乱の渦に巻き込まれて亡くなってしまいます。

そこで、諸葛亮と諸葛均は荊州に身を寄せることになったのでした。

しかし、この辺りの記述は同じ『三国志』の中でも蜀書と呉書とで大きく違っているため、

2人の幼少期が実際はどのようなものだったのかははっきりとはわかっていないようですね

劉備

 

その後諸葛均は兄・諸葛亮と共に南陽郡で暮らしていましたが、

諸葛亮が劉備(りゅうび)に仕えることになった際に、共に出仕。

後に長水校尉にまでなったのだそうです。

 

諸葛均に関する正史での記録はこのくらいのもので、字すらも記されていません。

歴史を動かしていた兄たちの陰に完全に隠れてしまっていたようですね。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

『三国志演義』に見える諸葛均

諸葛亮

 

『三国志演義』でも、動乱を避け、兄・諸葛亮と共に荊州に身を寄せていた諸葛均。

兄が梁父吟を口ずさみながら畑仕事をしている横で、諸葛均も一緒に畑を耕して暮らしていました。

正史では完全にモブキャラの一人として背景と化していた諸葛均ですが、

『三国志演義』ではセリフが割り振られています。

 

劉表(りゅうひょう)の元に身を寄せ、何年もの時間をいたずらに過ごして嘆いていた劉備でしたが、

いよいよ伏龍の噂を耳にして諸葛亮を訪ねます。

何度訪問しても不在の諸葛亮。

それでも劉備はめげずに諸葛亮の廬を訪れます。

孔明の自宅に行く登園三兄弟

 

幾度目かの訪問で、ようやく廬から人が出てきます。劉備は胸をはずませながら、

「あなたが伏龍先生ですか」と尋ねます。

 

しかし、この人こそが諸葛亮の弟・諸葛均だったのでした。

「兄は留守にしています。」

また空振り…。

がっかりする劉備。

張飛

 

何度訪問しても不在ばかりの諸葛亮にいら立ちを募らせた張飛(ちょうひ)

諸葛均に八つ当たりで怒鳴り散らしはじめます。

兄の代わりに頭を下げる諸葛均。

 

劉備は張飛をなだめてもう一度出直すことにします。

後日、再び廬を訪ねる劉備一行。

再び応対する諸葛均。

 

「今日は伏龍先生はおられますか。」

「兄は昼寝をしています。」

昼寝だと!叩き起こしてくれるわ!とまた怒り出す張飛

 

しかし、そんな張飛をなだめて

劉備は諸葛亮が目を覚ますのを待ったのでした。

このように、三顧の礼で迎えられた諸葛亮。

 

正史では諸葛亮と一緒に廬を出る諸葛均ですが、

『三国志演義』では家の留守をするようにと命じられます。

曹操

 

その後は、荊州に侵攻した曹操(そうそう)が諸葛亮の家族を根絶やしにしようと

血眼で探している旨を伝えられ、諸葛均は何とか

荊州から逃げ延びたということが記されているだけです。

劉備に仕えたかどうかは言及されていません。

 

正史ほどではありませんが、『三国志演義』でも

諸葛亮や諸葛瑾の陰に埋もれてしまっていますね。

 

諸葛均には家族がいた?

家族

 

孔明の嫁選びなどという言葉があるように、

孔明があまり美しくない女性を娶ったのは有名なお話

諸葛瑾が子のいない諸葛亮を案じて自身の子を養子に出したこともまた有名な話でしょう。

 

このように、家族のことまでつまびらかに明かされている兄たちとは違い、

諸葛均は謎だらけの存在です。

 

しかし、清朝の考証学者・張澍(ちょうじゅ)は『諸葛忠武侯文集』で

そんな諸葛均に諸葛望という子がいたと記しているのです。

 

さらに、奥さんは林氏もしくは習氏であるということまで突き止めたのだとか。

ただ、この説には矛盾が多いために批判も多く、

本当のところはどうかわかりません。

 

それでも、幸せな人生を送っていてくれたらいいなと思わせる

諸葛3兄弟の末っ子・諸葛均でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  2. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀…
  3. 諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  5. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  6. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  7. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  8. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  2. 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化
  3. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  4. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  6. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし) 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由 曹操を好きになってはいけない6つの理由 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 中国史における農民反乱についての考察

おすすめ記事

  1. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  2. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  3. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  4. 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選
  5. 第3話:袁術くん、自分の幸せを見つけるため「他人とすぐ比較する癖」を直す
  6. 【新企画】本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年』5/19(土)配信決定!
  7. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一
  8. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP