キングダム
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす




孫権

 

元々はたくさんの部下を召し抱えていた袁術(えんじゅつ)も、

その野心をむき出しにしてからは人心がどんどん離れていき、

最期には蜂蜜入りの水さえも口にすることができないほどに落ちぶれて亡くなってしまいます。

 

無念の最期を遂げた袁術でしたが、もしも彼があの孫堅(そんけん)を失ってさえいなければ、

袁術は皇帝として中華に君臨していたのではないでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ

関連記事:第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める

 

 

たった一人で海賊を蹴散らした孫子の末裔

海賊・孫堅

 

孫家は代々呉で役人として使えていました。

何でもその祖先はあの有名な兵法書『孫子』を編んだ孫武(そんぶ)だったのだとか

 

ある日、そんな孫家のお墓から五色の雲気が空に向かって数キロメートル立ち昇ります。

人々は呆気にとられてこれを眺めていましたが、そんな中で老人たちは

「これはただならぬ雲気だ!孫家が興る兆しだ!」

と噂しあっていました。

 

また、その頃孫堅を身ごもっていた母は

自分の腸が突然飛び出して呉の西の城門にまきつくという

何とも気味の悪い夢を見て跳び起きます。

 

驚いた母は近所のおばちゃんにこの夢を相談したところ、

「妊娠中ってのは変な夢を見るものよ。

きっとおなかの中の赤ちゃんが素晴らしい子だっていう(きざし)よ。」

とおばちゃんに励まされたのでした。

 

このように数々の怪奇現象に見舞われた孫家でしたが、

いよいよ生まれた孫堅はやはり非凡な子どもだったといいます。

その非凡さを世に知らしめたのは孫堅が17歳のときのことです。

 

孫堅が父親と共に船に乗って銭唐に出かけてみると、

海賊が商人を襲撃して金品を奪っているところに出くわしました。

海賊孫堅

 

孫堅は父の制止を振り切り岸に上がると両手を大きくふるい、

まるで大勢の味方に合図しているかのように振る舞いました。

それを見た海賊たちは慌てて退散。

しかし孫堅はその後を追い、

そのうちの一人の首をとって戻ってきたのでした。

 

その功績が人々に讃えられて孫堅は召し出され、

仮の()(今でいう警察のようなもの)として役所で勤めることになりました。

 

 

順調に出世し、袁術に仕える

順調に出世し、袁術に仕える

 

その後孫堅は黄巾の乱を含めて数々の反乱を鎮圧。

持ち前の豪気な性格で眼前の敵を次々に蹴散らして武功をあげ続け、

孫堅はどんどん出世していきました。

 

途中、韓遂(かんすい)を討伐すべく共に戦っていたはずの董卓(とうたく)

あまりにも軍の規則を破るものだから

董卓に対して殺意が芽生えるというアクシデントがあったものの、

孫堅のもとには多くの人材が集まり、一大勢力を築き上げるまでになったのです。

 

孫堅が烏程侯にまでのぼりつめた後、

やっぱりあのムカつく董卓が都で調子づき始めたと耳にした孫堅は

袁紹(えんしょう)が募った反董卓軍に加わることにします。

董卓にキレる孫堅

 

孫堅がいた長沙から北にある都・洛陽に向かう際、

孫堅はやっぱり自分がムカつくなと感じた奴は実際危険な奴だったし、

他のムカつく奴もきっと危険人物だから排除しておこうと考えて

かねてから自分を軽んじていた荊州刺史・王叡(おうえい)と南陽太守・張咨(ちょうし)を殺害。

 

後顧(こうこ)の憂いが無くなってスッキリした後、

孫堅は袁術と出会い意気投合し、

袁術のとりなしで豫州刺史となったのでした。

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

董卓をどつきまわして洛陽から追い出す

董卓

 

反董卓軍に名乗りをあげたものの、

まともに董卓軍とガチンコバトルを繰り広げていたのは

曹操(そうそう)と孫堅くらいなものでした。

 

ところが、董卓軍の徐栄(じょえい)がどうにも強く、

曹操軍は破られ、孫堅軍もやはり敗北を喫しました。

それでも孫堅軍は袁術からの手厚い支援を受けて不死鳥のごとく蘇っては戦い、

陽人の戦いで董卓軍を大いに破って董卓を追い詰めました。

李傕を挑発する孫堅

 

董卓は何とか孫堅を懐柔しようとするも、孫堅は董卓の誘いには乗らず

絶望した董卓はあろうことか都・洛陽に火を放ちます

ついに洛陽の都に足を踏み入れた孫堅は董卓を追わず、

董卓によって荒らされてしまった漢の皇族の陵墓をできる限り修復してから

袁術のもとに帰っていきました。

 

『三国志演義』ではその際に皇帝の証である玉璽を手に入れた孫堅ですが、

陳寿(ちんじゅ)の正史『三国志』では言及されていません

忠義の男であったと言われる孫堅ですから、もし玉璽を手にしたとしても、

それをこっそり自分のものにするという真似はしなかったのではないかとも言われています。

 

まさかの犬死に

まさかの犬死になる孫堅

 

さて、董卓が長安に逃げたということで反董卓軍も長安に攻め入るかと思ったら、

なんと袁紹と袁術の間で戦いがおっ始まります。

孫堅が既に豫洲刺史となっていたのに、

袁紹周喁(しゅうきん)を豫洲刺史として派遣したからさぁ大変。

 

袁術は孫堅と共に周喁を破って豫洲から追い出したのですが、

欲をかいた袁術は今度はわざわざ劉表から襄陽を奪おうと孫堅を派遣します。

 

しかし、これが悪手だったようです…。

豪気な孫堅は軽はずみにも一人で馬に乗って峴山の山道を通っていたところで

敵将・黄祖(こうそ)の部下によって射殺されてしまいました。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

このとき孫堅は37歳。

もしもっと長く生きられたら、袁術に天下をもたらしてくれたかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

関連記事:董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 司馬昭 司馬昭の死因と大きな決断とは一体何!?
  2. 魏延 魏延を考察!もしも劉備が赤壁の戦いで負けていたらどうなっていた?…
  3. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  4. 孔明による出師の表 科挙の参考書に載った諸葛亮のヘタうま名文
  5. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  6. 呪われている太史慈 太史慈の死因って何?戦死?それとも病死?
  7. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない
  8. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 茶を飲む張角(太平道)
  3. 織田信長
  4. スサノオノミコト(日本神話)
  5. 年を取った司馬懿
  6. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  7. 赤壁の戦いで敗北する曹操

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】
  2. 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集 関興と張苞
  3. 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの?
  4. 寧宗とはどんな人?南宋4代目皇帝の波乱万丈の生涯 寧宗
  5. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった! 汗血馬を手に入れる李広利
  6. 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは 大村益次郎 幕末

三國志雑学

  1. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  2. 宦官たち 
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術と董卓
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 陳寿(晋)
  4. 孟嘗君
  5. はじめての三国志

おすすめ記事

【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。 王平は四龍将 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る 袁紹と曹操 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ 鼻をほじりながら無関心な織田信長 織田信長の口癖は「~であった」尾張弁など分かりやすく解説 曹叡 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP