魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明



 

三国志演義(さんごくしえんぎ)をドラマチックにしているものと言えば、

天体の運行と人間の宿命をリンクしているシーンではないでしょうか?

諸葛孔明(しょかつこうめい)は、夜空を見上げ天文を読むことで戦争の吉凶から

自分の寿命まで、ありありとわかってしまう男

あんな能力があったら、怖くて星空を見れないような気がしますが・・

 

しかし、それらは三国志演義の創作ばかりではなく

実は三国志の時代には、十二支以前からの十二次というものがあり、

それにより半ばこじつけ気味に人間の運命などを決めていたようです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面

 

 

12年で天の赤道を周回する木星に目をつけた・・

木星

 

十二次の歴史は古く、春秋左氏伝にはすでに記述が出ているようです。

天球を天の赤道にそって十二に等分して、それぞれ

星紀(せいき)玄枵(げんきょう)娵訾(しゅし)降婁(こうろう)大梁(たいりょう)実沈(じつちん)鶉首(じゅんしゅ)鶉火(じゅんか)鶉尾(じゅんび)

寿星(じゅせい)大火(たいか)析木(せきぼく)に分けています。

 

そして、この赤道十二次を太歳(たいさい)という架空の惑星が西から東へ一年毎に

移動していく様子から吉凶を占うのが十二次の特徴でした。

 

 

太歳とは木星を意図した架空の惑星

架空の惑星

 

太歳とは木星をイメージした架空の星の事です。

この木星は1年ごとに次を移動するので歳星(さいせい)とよばれました。

そして、およそ12年で天の赤道を一周する為に古代中国人は、

木星の運行に神秘を感じて太歳という架空の惑星を産み出しました。

 

え?ちょっと待って、木星に神秘を感じたなら

木星をそのまま太歳にすればいいんじゃない?

どうして架空の太歳を産み出す必要があるの?

 

それは、木星の運行が当時の十二(しん)干支(えと))の進み方、

東から西へ(時計回り)とは逆の西から東だったからです。

そこで、古代人は木星の円軌道上に一本の直径を引き、

直径を境に木星と線対称の位置に存在する 「太歳」という仮想の星を設定し、

十二辰の位置で年を記すようになりました。

 

なんとしても、十二辰に合わせる為に木星とは真逆に動く

太歳を設定してしまったんですね、ロマンです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

十二次は土地の運命も表していた

地図

 

十二次に登場する星紀、玄枵、娵訾、降婁、大梁、実沈、鶉首、鶉火、

鶉尾、寿星、大火、析木は、地上の国と州にも符合していました。

地上の吉凶を天の区分に当てはめて、そこから運命を予測しようという

なかなかオカルトチックな事を考えていたのですね。

 

それによると、十二次は、以下の土地と呼応していたそうです。

 

星紀 ➡ 国名:呉越(ごえつ)(揚州)

玄枵 ➡国名:(せい)(青州)

娵訾 ➡国名: (えい)(へい)州)

降婁 ➡国名:()(徐州)

大梁 ➡国名:(ちょう)()州)

実沈 ➡国名:()(益州)

鶉首 ➡国名:(しん)(よう)州)

鶉火 ➡国名:(しゅう)(三河河東・河内・河南)

鶉尾 ➡国名:()(荊州)

寿星 ➡ 国名:(てい)(兗州)

大火 ➡国名:(そう)()州)

析木 ➡国名: (えん)(幽州)

 

 

魏建国の正統性に利用された十二次

曹丕

 

こちらの十二次は正史三国志の魏志、文帝記において、

曹丕(そうひ)の即位を正当化する為に用いられました。

それが以下の文章になります。

 

昔、光和七(184)年、歳星が大梁に位置したときが

武帝曹操(そうそう))の天命を受けられた最初であります。

武帝は、そのときに将軍として黄巾を討伐され中平元年となりました。

次に建安元(196)年、歳星はまた大梁に位置し、

武帝は初めて大将軍を拝命されました。

建安十三(208)年、またも歳星は大梁に位置しており、

武帝は、この年に初めて丞相を拝命されました。

建安二十五(220)年、歳星はまたも大梁に位置し、

陛下(曹丕)には天命を受けられたので御座います。

 

 

このように魏では、義星とされた歳星を曹操の星として、

それが大梁(後漢では大梁が魏の土地とされた)に移動する度に

曹操が手柄を立てている事から、これは魏が天体の運行に従っていて吉であり

その為に曹丕が文帝として即位するのは天命であるとしています。

 

もっとも、これはご都合主義とも言えて、208年に曹操は赤壁(せきへき)で大敗し

中華統一を諦めて国内整備を優先する為に三公を廃して丞相になったので

ものは言いようではあるわけです。

 

周羣の占い

 

また、劉備(りゅうび)に仕えた益州の周羣(しゅうぐん)は、西暦212年の10月頃、

彗星が天空の五諸侯(ごしょこう)の宿星に出たので西方の群雄が全て土地を失うと予言しました。

この予言は的中し、漢中の張魯(ちょうろ)や涼州の宋建(そうけん)馬超(ばちょう)等の小群雄が曹操によって、

軒並み討伐されて土地を失っています。

周羣の言う五諸侯とは、南方朱雀二十八宿の井宿に属している20の星官の一つです。

(主体となる星座としての井は、ふたご座μ(ミュー)ν(ニュー)γ(ガンマ)ξ(ゼータ)ε(イプシロン)

36番、ζ(ゼータ)λ(ラムダ)の8つの星によって構成されています。

位置としては南方ですが、諸葛亮の魏征伐は北伐というように、

漢中や涼州も含めて南という認識だったのかも知れません。

 

彗星の出現は当時凶事でしたから、それと五諸侯の星+南方という組み合わせで

漢中や涼州で凶事があるというのは、すごく中二病チックです。

 

諸葛亮にも十二次の知識があった?

コペルニクス的な孔明

 

曹丕と同時代に生きた諸葛孔明も、この十二次を知っていた事でしょう。

春秋左氏伝ばかりでなく、正当な歴史書とされた班固(はんこ)の漢書にも、

十二次の事は記述されているからです。

 

三国志演義と違い、正史の三国志には天文を読む孔明の描写はありませんが、

天文と占星術が未分化だった昔、天体についての知識を孔明が保有して

政治や軍事の判断に役立てた事はあったと思います。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

十二次は、地上の様相を天空に映して考え木星と架空惑星太歳の運行を元に

物事の吉凶を占うという、なかなか神秘的な考え方です。

天体の運行から物事の吉凶を占う孔明像は、三国志演義の産物ですが、

なかなかどうして、三国志の時代の人々も、神秘的な歳星紀年法で

見えない未来を予測しようとしたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ボロボロになった馬超 馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由
  2. 虎豹騎を率いる曹休 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの?
  3. 怒る陳宮 陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった?
  4. 最弱武将と対峙する張飛 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  5. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長
  6. 郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!???
  7. 何晏 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…
  8. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹休
  2. 牛に乗って登場する光武帝(劉秀)
  3. 嬴政(始皇帝)
  4. キングダム52巻
  5. 宋銭 お金と紙幣
  6. 劉備 婿
  7. 旅馬 三国志

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第40話「天正の草履番」 おんな城主 直虎
  2. どうして一橋慶喜と島津久光の仲は悪くなった?
  3. 孫堅は三国志の○○だったのか? 海賊時代の孫堅
  4. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件
  5. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  6. 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! 魏から蜀に下る姜維

三國志雑学

  1. 呂蒙
  2. 于禁、曹操、青州兵
  3. 目玉を食べる夏侯惇
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. キングダム54巻amazon
  3. 司馬懿
  4. 仲の悪い魏延と楊儀
  5. 李斯

おすすめ記事

吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介 久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ! 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も! 旅 バイク 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大! 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理由 于禁を虐める曹丕 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP