三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

揚州の問題児?山越族とはどんな民族だったのか

この記事の所要時間: 327




異民族

 

島国に住む私たち日本人には考えられないことですが、

中国に建てられた歴代王朝の多くは国境を接する異民族に対して

常に警戒をし続けていました。

 

周王朝は西方の犬戎(せいじゅう)に悩まされた挙句に滅ぼされ、

漢王朝は北方の匈奴(きょうど)と盟約を結んでは破り破られを繰り返し、

その後も数多くの王朝が異民族と争いを繰り広げたのでした。

 

そんなわけで、中国史を語る際には無視できない存在である異民族たち。

三国時代にも数多くの異民族が漢民族を取り巻くようにひしめき合っていましたが、

呉国の領土に組み込まれた揚州にも異民族の姿がありました。

それこそが山越族(さんえつぞく)です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?

関連記事:ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】

 

 

袁術、ド田舎・揚州に閑居す

袁術、ド田舎・揚州に閑居す

 

董卓(とうたく)軍として共に戦った袁術(えんじゅつ)袁紹(えんしょう)ですが、

袁術の配下・孫堅(そんけん)董卓を洛陽から長安まで敗走させた後

両者の関係にひびが入る出来事が起こります。

 

袁術が孫堅を豫洲刺史に任命したというのに、

袁紹周喁(しゅうきん)を豫洲刺史として豫洲に派遣してきたのです。

当然一触即発で戦争が勃発。

これにより反董卓連合は空中分解し、群雄割拠の時代が訪れたのでした

 

袁術は豫洲で袁紹勢力と争った後、今度は荊州の劉表(りゅうひょう)にけんかを吹っ掛けます。

これを見た袁紹は劉表と手を組み、曹操もこれに乗っかりました。

その結果袁術は惨敗。

本拠地だった南陽郡を捨てて揚州に逃げ延びたのでした。

 

しかし、この揚州、当時はとんでもないド田舎だったのでした。

 

 

袁術が来てから漢民族が増えたけれど…

三国志のモブ

 

宋代以後、「江浙熟すれば天下足る」なんていう言葉が流行りますが、

袁術が逃げ込んだ当時の揚州すなわち長江下流域一帯の地域はド田舎もド田舎、

それも山の中には山越族とかいう謎の異民族たちが住みついていて

とても安心して暮らしていける場所ではありませんでした。

 

しかし、山越族にとっても袁術をはじめとする漢民族は言ってしまえばエイリアン。

なんか最近平地の人間が増えたなとは思ったけど、

自分たちの住処にまで侵略しかねない勢いではないか!

山越族も続々と増える漢民族に恐れを抱いていたのでした。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

孫策、袁術が北の方に気をとられているうちに南に進出

孫策と孫堅の海賊

 

袁術はよくわからない蛮族がウヨウヨいる揚州に根をおろすつもりなど毛頭無く、

何とかして中原に返り咲かんと考えていました。

そんなわけで揚州の南側については孫策(そんさく)に任せきりにして

自分は劉備(りゅうび)を滅ぼして徐州を奪わんと奮闘します。

 

しかし、奪えそうで奪えない徐州に袁術もイライラ…。

袁術がモタモタしているうちに孫策はあっという間に南を平らげて江東の支配を宣言。

孫策は念願かなって袁術からの独立を果たしたのでした。

 

山越族が倒せない…!?

山越族が倒せない

 

江東を強大な軍事力によってあっという間に平らげた孫策でしたが、

その強引なやり方によって人々の恨みを大量に買ってしまったのでした

 

孫策に恨みを抱いた人々の中には当然山越族の姿もありました。

彼らは孫策を揚州から追い出そうと度々反乱を起こしますが、

孫策はこれをやはり軍事力によって抑えつけようと粛清に乗り出します。

 

しかし、山越族の粛清は一筋縄ではいかず、

さっさと江東を鎮めて中原に繰り出したい孫策をイラ立たせました。

 

結局孫策は食客の襲撃を受けて志半ばで命を落としてしまいますが、

孫策亡き後も江東では山越族による反乱は絶えず

その後を継いで70歳近くまで生きた孫権(そんけん)が崩御した後までも続いたのでした

 

あの曹操も山越族の恨みを利用

あの曹操も山越族の恨みを利用

 

数十年経っても孫家への恨みを抱き続けた山越族。

元々揚州は自分たちのものだったのに、

いきなり現れたかと思ったら全てを奪い去っていった

孫家への恨みっぷりは凄まじいものだったようで、

その恨みパワーは曹操(そうそう)の目に留まります。

 

これを利用しない手はないと考えた曹操は山越族の頭目であった費桟(ひさん)尤突(ゆうとつ)に印綬を授け、

孫権に対して反乱を起こすようにけしかけたのでした。

 

曹操にとって彼らを利用することにはメリットしかありません。

勝ってくれたら最高ですが、負けてしまっても自軍へのダメージはゼロですからね。

 

呉と共に消えた山越族

呉と共に消えた山越族

 

呉への恨みによって一致団結していたイメージの山越族ですが、

そのほとんどは早いうちに孫家に帰順し、漢民族と同化していました。

時代が下るにつれて孫家を恨んでいた山越族もどんどん恨みを忘れて漢民族と同化。

最終的に呉王朝が晋に呑み込まれると、山越族も歴史の舞台から姿を消しました

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

呉と山越族とは一蓮托生の関係だったのかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?

関連記事:張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  2. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  3. 諸葛恪は父諸葛瑾に期待されていなかった?
  4. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗…
  5. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  6. なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?
  7. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!…
  8. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何?
  2. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  3. 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い
  4. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  5. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  6. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一 本能寺の変と想定外の山崎の戦い【明智光秀の誤算】 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの? 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介! 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの? 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

おすすめ記事

  1. 暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!?
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  3. どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる
  4. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  5. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  6. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介
  8. 親族からは嫌われていた?劉備に親族の配下がいない理由とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP