呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!?

魏延の謀反を察する孫権




劉備

 

劉備(りゅうび)が荊州南部を領有した時に加入した魏延(ぎえん)黄忠(こうちゅう)

彼らは孔明(こうめい)龐統(ほうとう)馬良(ばりょう)らと同じように荊州南部を統治している時に

中途採用で劉備軍へ加入することになります。

彼ら荊州中途採用組の中で一番の出世を果たしたのは、

なんと言っても劉備の信頼を勝ち取った諸葛孔明(しょかつこうめい)と言えるでしょう。

そして二番目の出世頭は魏延黄忠だったのを皆さんご存知でしたでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?

関連記事:裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?

 

 

荊州南部で劉備軍に加入した魏延黄忠

荊州南部で劉備軍に加入した魏延と黄忠

 

黄忠は劉備が荊州の南部を領有した時に劉備軍へ士官。

その後劉備は黄忠らを伴って蜀討伐へ向かいますが、

魏延は劉備軍が蜀討伐を行うときに加入することになり、

黄忠の方が魏延より少し先輩でした。

こうして二人は劉備軍へ加入することになります。

 

 

蜀討伐戦で活躍した黄忠

蜀討伐戦で活躍した黄忠

 

黄忠は蜀を征服する戦で大いに武功を挙げていきます。

正史三国志蜀書によれば黄忠は劉備軍の中でも真っ先に敵陣へ攻撃を仕掛けて敵陣を攻略。

劉備が蜀討伐に率いた軍勢の中で一番勇猛だったそうです。

こうして黄忠は自らの武功を挙げて実績を積みます。

 

そして劉備は蜀を占領後、黄忠に討虜将軍(とうりょしょうぐん)の称号を与えて彼の功績に報いるのでした。

さて黄忠より後に入った魏延はどのくらい武功を重ねたのでしょうか。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

一部隊の隊長として蜀討伐戦に参加

蜀討伐戦に参加した魏延

 

魏延は劉備軍へ士官すると一部隊の隊長として軍勢を率いて参加。

魏延は黄忠のように華々しい戦果を挙げることはできませんでしたが、

蜀討伐戦で度々武功を挙げていったそうです。

魏延は蜀攻略戦が完了後、劉備から牙門将軍(がもんしょうぐん)の位を褒美として貰うことになります。

こうして二人は将軍の位を貰うことになり、

劉備軍の荊州中途採用組の中でもいち早く頭角表すことになります。

 

漢中平定戦で大活躍

漢中平定戦で大活躍した魏延

 

黄忠はその後曹操(そうそう)軍が支配している漢中攻略戦に参加。

定軍山を守っている夏侯淵(かこうえん)は劉備軍と激闘を繰り広げることに。

そんな中黄忠は軍勢を率いて定軍山を守っている夏侯淵へ突撃を決行。

黄忠は夏侯淵の強力な軍勢をものともせず、兵士達を励まして

じゃんじゃん太鼓や鐘を連打して兵士達の士気を上げていき、

ついに夏侯淵を打ち取ることに成功します。

 

こうして漢中を平定した劉備は後やって来た曹操軍を退かせて漢中王の位に就任。

劉備はこの時黄忠を関羽張飛馬超らと同列に扱う最大の褒美を黄忠へ与え、

彼を侯の位へと就任させます。

更に三国志演義では黄忠は五虎将軍のメンバーに仲間入りし、

劉備軍の神5に選ばえることになるのです。

荊州中途採用組の中で大出世を果たした人物と言えるのでしょう。

こうして黄忠は大出世を果たしましたが、魏延はどうしたのでしょう。

 

張飛を飛び越えた魏延

皇帝になれた劉備

 

劉備は漢中を平定し漢中王へ就任します。

その後劉備は益州全般の政治を行う中心地として成都へ移ることに

しかし一つ重要な案件がありました。

それは益州の防御の要である漢川近辺の防御を誰に任せるかです。

劉備の家臣達は全員が張飛を漢川近辺の防御を任せるのだろうと思っていました。

張飛

 

張飛自身もそのように考えていましたが、劉備が出した答えは家臣や張飛達を裏切り、

魏延に漢川近辺の防御を任せることにしたのです。

 

このことには張飛や劉備の家臣達がびっくりしますが、

魏延が「私は曹操の軍勢がやってきたら必ず守り通す所存で任務を果たします」と答えた事で

劉備や張飛、劉備の家臣達が納得し、魏延が漢川地方の守備を任されることになります。

その後魏延は着々と武功を重ね、劉備が皇帝になった時には鎮北将軍へ。

そして劉禅が劉備の跡を継いだ時には侯の位に就任します。

 

更に魏延は魏の領土へ攻撃を仕掛けた際、迎撃に出てきた魏の将軍郭淮らを打ち破った事で

大将軍の位へと昇進することになるのです。

黄忠と同じように荊州中途採用の中で魏延も出世頭の一人と言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

荊州中途採用組の中で孔明、魏延、黄忠の三人が一番出世したと言えるのと思います。

孔明は魏延が色々な理由で大嫌いでしたが、

もしかしたら魏延の出世ぶりが気に食わないことも

魏延を嫌いな理由の一つかもしれませんね。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?

関連記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  2. 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?
  3. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  4. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?…
  5. 王平は四龍将 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜…
  6. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  7. 多様化が進む蜀の国 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  8. 魏から蜀に下る姜維 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 関羽に無視される孫権
  3. 関羽が好きすぎる曹操
  4. 黄蓋
  5. 腐れ儒者気質な孔融
  6. 井伊直政

おすすめ記事

  1. 宦官手術の死亡率が気になる!宦官になれる手術方法とは? 宦官の趙高(キングダム)
  2. 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(りゅうよう)
  3. 島津斉彬の性格のダークサイドを紹介!贋金作りで軍資金を造る裏斉彬
  4. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  5. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!
  6. 第6話:袁術くん「自己効力感」の高め方を学ぶ

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 劉備を警戒する陳羣
  3. 司馬懿
  4. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. チェストと叫ぶ西郷隆盛
  3. キレる劉備になだめる黄権
  4. 嬴政(始皇帝)
  5. 「魏」の旗を持った兵士
  6. ミニチュアで遊ぶ董卓
  7. 耶律阿保機
  8. 三国志に出てくる海賊達と甘寧

おすすめ記事

曹仁 三国志 ゆるキャラ 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか? 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人 木戸松子 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった? 陸遜 三国志 Three Kingdomsの孫権が陰険すぎる! 桓騎 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐 キングダム キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ? 曹仁 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 悩む司馬炎 司馬炎の息子は一体何人いたの??

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP