諸葛亮は結局どの思想を重んじていたのか?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

諸葛亮

 

あらゆる智謀によって

蜀に勝利をもたらした諸葛亮(しょかつりょう)

 

彼については内政においてもその力を発揮したり

天文や天候にも明るかったという逸話が残っていたり、

様々な物を発明したという記録が残っていたり、

そのマルチプレイヤーぶりが話題になることが多々あります。

 

当時主流であった儒教に傾倒していた

頭でっかちの学者たちでは成し得ないことを

成し遂げていた彼の多才ぶりには本当に驚かされますよね。

実は彼は儒教に限らず、

他の思想にも通じていたのではないでしょうか?

 

今回は、諸葛亮が

特にどんな思想を尊重していたのかについて

分析していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった!

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 


 

田舎で晴耕雨読…道家?

光武帝

 

若かりし頃、

彼は荊州のド田舎で梁父吟(りょうほぎん)を口ずさみながら

晴耕雨読の日々を送っていました。

 

誰かに仕官することもなく、

あばら家に住んで自由気ままに過ごす彼の生活ぶりは、

さながら無為自然を重んずる道家のよう。

 

しかし、梁父吟を声高にうたっているくらいですから、

いつかは理想の主君に仕えて

人の世をどうにか正しい方に導きたいという願いがあったはず。

 

このことから、

諸葛亮は別に道家の思想を

追い求めていたわけではないということが

窺えるでしょう。

 


 

すぐれた智謀の数々…兵法家?

すぐれた智謀の数々…兵法家?

 

諸葛亮といえばやはり戦において見せる

優れた計略の数々。

特に、『三国志演義』での活躍ぶりには

胸を熱くさせられますよね。

 

その智謀の根底にあるのは、

やっぱり兵法書ということで、

諸葛亮は兵法家…?

と思う人も少なくないでしょう。

 

しかし、その当時戦をするのに

兵法書を読まない者などいなかったでしょう。

また、諸葛亮は従来ある兵法を駆使したり、

その裏をかくような策を練ったりすることはあっても、

新しい兵法を生み出す努力をしたわけではありません。

 

このことから、

諸葛亮が兵法家と思うのは時期尚早なのではないでしょうか。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

信賞必罰!やっぱり法家?

信賞必罰!やっぱり法家?

 

諸葛亮といえば、

泣いて馬謖(ばしょく)を斬る

という言葉が有名ですよね。

 

諸葛亮は街亭の戦いで自分の指示に背いたことにより

蜀を敗北に導いた愛弟子・馬謖を

軍律に従って泣く泣く斬っています。

 

このように、私情を一切はさまずに

信賞必罰の信念のもと

政治や軍事を切り盛りした諸葛亮は

法家を重んじた人物とも言われています。

 

また、蜀の二代目皇帝として即位した劉禅(りゅうぜん)には、

法家の代表的な思想書である

『韓非子』を教科書として献上しています。

 

こういったことからも

やっぱり法家の思想を大切にしていたと思われる諸葛亮ですが、

彼が法家思想に傾倒していたとは言い難いのではないでしょうか。

なぜなら彼は、法を大切にする一方で、

儒家の思想ともいえる礼や道徳についても大切にしていました。

 

おそらく彼は

法家を重んじすぎたが故に滅んだ秦王朝と

儒家を重んじすぎたが故に滅んだ漢王朝、

その両方を反面教師とし、

法と道徳の両立を目指していたと考えられます。


 

人をあっと驚かせる発明の数々…実は墨家?

人をあっと驚かせる発明の数々…実は墨家?

 

諸葛亮は様々な物を発明したことでも知られていますよね。

 

最も有名なのは四輪車ですが、

上腕を守る袖がついた甲冑・筒袖鎧や

矢を連射できる弩・元戎、

一輪の手押し車といった

戦場で役立つあらゆる道具を発明。

 

また、更に戦場で栽培させたという諸葛菜と呼ばれるカブや

諸葛亮が字を知らない者たちの教育に使ったという紙芝居、

南蛮の民に教えたという織物・諸葛錦まで発明したと言われています。

他にもその真偽については議論がなされるところですが、

諸葛亮の発明とされるものは数多く存在。

 

三国時代の発明王ともいえる諸葛亮ですが、

彼がこれほどまでに多くの物を発明したのは、

墨家(ぼくか)の思想が影響しているのではないかと考える人もいるようです。

 

兼愛という言葉で有名な墨家ですが、

実はプラグマティズム、

すなわち実用主義ともいえる側面を持っています。

墨家の実用主義は、

諸葛亮の発明の源泉となっていたのではないかというのです。

 

しかし、墨家は敢えて敵を討つために道具を作るのではなく、

守りの戦のために道具を作ることを奨励しているのであり、

諸葛亮はその真逆をいっているように感じられます。

ただ、諸葛亮は漢王朝を再興させるべく戦っていたため、

その全ての戦を守りの戦ととらえていたと考えることもできるでしょう。

 

墨家自体は秦王朝が中華統一を果たした後に滅んでいますが、

その思想が記された『墨子』を諸葛亮は読んでいたのかもしれませんね。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

諸葛亮があらゆる面でその才覚を発揮できたのは、

儒教以外にもあらゆる思想書を読んでおり、

それぞれの良いところを取り入れていたからなのではないでしょうか。

 

彼のその柔軟性が

蜀を魏や蜀に負けない強国たらしめたのでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 


 

関連記事

  1. 曹髦の暗殺許可を出す賈充
  2. 諸葛恪の栄光と破滅04 諸葛恪
  3. 劉禅に質問をする司馬昭
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  5. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  6. 孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP