コメント機能リリース
馬超




はじめての三国志

menu

三国志平話

【三国志平話】劉備を殺す気満々!でも皇帝ブランドに騙された孫夫人

劉備とイチャイチャする孫尚香



孫尚香

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)の中で、()の政略結婚で劉備(りゅうび)(とつ)いだ(そん)夫人。

最初は周瑜(しゅうゆ)孫権(そんけん)などの男たちが呉と領有問題でもめている劉備を始末するために

婚礼(こんれい)にかこつけて幽閉(ゆうへい)しようと企んだだけで、結婚させるつもりはなかったのですが、

孫夫人の母親が怒ったため本当に縁談(えんだん)をすすめることになりました。

三国志演義の中では男たちや母親が騒いでいるだけで、

孫夫人自身の言葉は新婚初夜まで出てきませんが、

三国志演義より前に成立した「三国志平話(さんごくしへいわ)」では、

孫夫人自身が闘志満々(とうしまんまん)で、自分が劉備を暗殺すると意気込んで婚礼に臨んでいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫尚香はどちらがかわいい?アニメそれとも三国志?

関連記事:孫尚香ってどんな人?孔明に曹操、孫権と並び評された人物

 

 

三国志演義での母親の反応

三国志演義での母親の反応

 

演義でも平話でも、周瑜らが婚礼にかこつけて劉備を始末しようとしたことは同じです。

そのプランを打ち明けられた時の女性の反応が異なっています。

三国志演義では、孫夫人の母親の呉国太(ごこくたい)は母親らしい観点から怒りの声を上げています。

 

周瑜め、六郡八十一県の大都督(だいととく)でありながら、荊州を取る計略がないものだから

私の娘に美人局(つつもたせ)をさせるなんて! 劉備を殺したら娘は未亡人になってしまい、

その後の縁談に差し障るでしょう? 娘の一生が台なしじゃない。なんていやらしい企みなの!」

 

この剣幕におされ、まずは呉国太が劉備に会ってみて気に入れば娘を嫁にやり、

気に入らなければ劉備の身柄は周瑜たちの好きにするがいいという話になりました。

そして呉国太が劉備を気に入ったために孫夫人は劉備に嫁ぐことになりました。

 

 

三国志平話での母娘の反応

孫堅

 

演義の呉国太は母親らしい常識的な反応を示していましたが、平話の呉国太は違っています。

孫権から計略の内容を聞くと、そのまま娘の意向を聞きに行っています。孫夫人はこう答えました。

 

「父上が董卓(とうたく)を破ったように、今度は私が劉備に嫁ぎ、

これを暗殺して名を後世にたれましょうぞ!」

 

おぉ、尚香(しょうか)ちゃん、男前!(尚香は京劇などにおける孫夫人の名前)

殺る気まんまんじゃないですか。

夫に嫁いでは貞淑(ていしゅく)になんていう徳目よりも呉の戦士としての気概にあふれています。

このせりふ、「父上が董卓を破ったように」という部分が面白いですね。

董卓といえばその死を市民が踊り回って喜んだほどの極悪イメージのある人物ですが、

劉備をその董卓に並べて語っております。

孫夫人が劉備のことを呉にとっての董卓レベルの疫病神(やくびょうがみ)だと考えていることが

このせりふから分かります。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

ブランドに弱かった尚香ちゃん

ブランドに弱かった尚香ちゃん

 

劉備を殺す気まんまんで婚礼におもむいた孫夫人。

通り沿いで出迎えに来ている諸将に出くわすと、「まことに壮士じゃ!」とか

「まことの名将じゃ!」などといちいち感心します。

 

劉備は道にお花を敷き詰めて孫夫人を迎え、二人して劉備の官舎に入りました。

中には漢の二十四帝の肖像画が掛けられており、孫夫人は舌を巻きます。

 

「わたしの家は土地の農家の出で、帝王の像なんて見たことない!」

 

漢の帝室に繋がる中山靖王の末裔という劉備の血筋を意識して、

孫夫人はポワーンとなってしまいました。

三国志平話によれば、このとき孫夫人は十五歳。

立派な武将たちや道に敷き詰められたお花を見て気分がよくなってしまい、

帝室につらなるプリンスを目の前にして “ウホッ!”と思ってしまっても、不思議ではありません。

あと十年もすれば、この豪華な花の代金の請求書があとから届くんちゃうかとか、

血筋を自慢してはるけど他に長所ないんかなとか、

そんなふうに考えられるようになるはずですがね……。

 

暗殺にとりかかる尚香ちゃん

劉備の暗殺にとりかかる尚香ちゃん

 

翌日、婚礼の宴席が設けられました。

孫夫人はポワーンとなりながらも、劉備を暗殺するつもりで劉備と酒を酌み交わすふりをしながら

近づき、さあ今だ! とばかりに杯を放り投げました。

みんなはびっくりしましたが、劉備はのんきに「杯を落としたよ」と言いました。

孫夫人はこれを殺すに忍びず、

「わざと怒ったふりをしてみんなをびっくりさせただけだもん!」とその場を取り繕ってしまいました。

そしてそのままおしどり夫婦になりましたとさ。めでたしめでたし。

 

※杯を投げたというのはコーエーの『三国志平話』の訳によりましたが、

もしかすると放り投げたのではなくしこたま飲ませたのかもしれません。

原文は下記の通りです。

 

夫人即便当与皇叔過盞。衆官皆驚。荆王曰「夫人過盞」

 

「過盞」を、“(さかづき)(あやま)った”と読めば杯を落としたことになりますが、

“盞を()ごした”と読めば飲ませすぎたという意味になるのではないでしょうか。

その解釈ですと、暗殺の決心がつかぬままに何杯も酌をしてしまい、

劉備から「飲ませすぎだよ」と言われて

「いっぱい飲ませてわざと怒らせてみようと思っただけだもん」と返事したことになります。

そんな解釈が成り立つかどうか分かりません。詳しい方、教えて下さい。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

うちが劉備を始末したる! と勢い込んで乗り込んだものの、

実物を目の前にしてポワーンとなっちゃう三国志平話の孫夫人。

なんだか萌えキャラみたいで可愛いです。

それに対して三国志演義の孫夫人はせりふが少ない分つつましやかな印象ですが、

三国志演義は読書人階級が作ったものだからそんな女性像になったのかもしれませんね。

 

三国志平話は大衆の娯楽で、女の子の描写はこちらのほうが

活き活きとしていて面白いかなと思いました。

 

【参考文献】

翻訳本:『三国志平話』二階堂善弘/中川諭 訳注 株式会社光栄 1999年3月5日

原文:维基文库 自由读书馆 全相平话/14 三国志评话(インターネット)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

関連記事:劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 豆から兵士を作り出す栽培マンな仙人孔明 【三国志平話】三顧の礼の諸葛亮が仙人で居留守
  2. 関羽と周倉 ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった
  3. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明 三国志平話が面白いのにすたれた理由
  4. 曹操を逃す関羽 【三国志平話】関羽が昔の恩義で曹操を見逃す名シーンがない!?
  5. 関羽と趙雲を捨てて荊州に逃げる劉備 【三国志平話】ひどい!劉備が恩人の趙雲を裏切って逃走
  6. 【三国志平話】俺は周瑜派!龐統が劉備に反逆?
  7. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明 【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 韓玄(かんげん)
  3. 東京五輪のボランティア いだてん
  4. 虎形棺座
  5. 始皇帝
  6. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

  1. 9話:張角が太平道信者を増やした方法 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった 西遊記
  3. 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う? すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  4. 五虎将軍の中で長生きの趙雲!没年をマジメに計算すると膨大な矛盾が? 五虎大将軍の趙雲
  5. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像 張飛と劉備
  6. 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 孔明
  3. 村人 ショッピング


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. オオクニヌシ(日本神話)
  2. 陸遜と孫権
  3. 沙摩柯
  4. 空箱を受け取る荀彧
  5. 夏侯惇

おすすめ記事

北条早雲 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト 賈詡に学ぶベストな転職の方法 畠山義就 【応仁の乱】11年間続いた応仁の乱の幕開け御霊合戦とは 顔良と関羽 袁紹の敗北は関羽のせいだった? 李広利 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る) 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 曹操 怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは? 気球 三国志 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP