キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!?

この記事の所要時間: 243




楽進にクリソツな二世将軍楽綝

 

魏の名将としてその名を知られた楽進(がくしん)

楽進は多くの戦場で常に激戦で戦い、勝利に貢献してきましたが、病には勝つことができずに亡くなってしまいます。

楽進の跡は息子である楽綝(がくちん)が継ぐことになりますが、彼は一体どのような人だったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

関連記事:楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

楽進の跡を継ぐ

 

楽進は合肥の戦いから三年後、病に体を蝕まれてしまい亡くなってしまいます。

さて楽進には楽綝という息子がいました。

正史三国志によれば楽綝剛毅果断(ごうきかだん)で父親に性格がクリソツで、楽進が亡くなると彼が楽進の跡を継ぐことになります。

 

揚州刺史に昇進

揚州刺史に昇進

 

楽綝は父・楽進の跡を継ぎます。

楽綝はその後着実に仕事をこなしていき功績を残していきますが、彼の実績の中で一番大きなものは毌丘倹(かんきゅうけん)文欽(ぶんきん)の反乱時に功績を上げた事です。

毌丘倹と文欽は魏の政権で権力を握っていた司馬師(しばし)に怒りを感じ、反乱を起こします。

司馬師毌丘倹と文欽が反乱を起こすと自ら軍勢を率いて反乱軍討伐を開始。

楽綝はこの反乱軍討伐戦に参加して功績を残すことに成功します。

楽綝はこの功績が司馬家に認められることになり、揚州刺史へ昇進することになります。

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

諸葛誕と同じ場所で仕事をすることに

諸葛誕と同じ場所で仕事をすることに

 

楽綝は揚州刺史へ就任することになり、寿春へ出向することになります。

そして楽綝と同じく毌丘倹と文欽の反乱で功績を上げた諸葛誕(しょかつたん)も揚州の都督へ就任することになり、彼もまた寿春で都督の仕事を行うことになります。

こうして寿春には揚州刺史になった楽綝と都督(ととく)になった諸葛誕が同じ場所で仕事をすることになります。

正史三国志によれば楽綝と諸葛誕の仲は特段悪くなく、かといって仲が良かったとも記載がないので、仕事上で関わるだけの間柄だったのかもしれません。

そして楽綝と諸葛誕の二人が寿春で仕事を行った事が楽綝にとって禍になってしまうのです。

 

疑心暗鬼になった諸葛誕

疑心暗鬼になった諸葛誕

 

諸葛誕は司馬家に反乱を起こした王凌(おうりょう)毌丘倹らが次々と滅亡したことで司馬家に対して疑心を抱くようになります。

また諸葛誕は仲の良かった夏侯玄(かこうげん)が処刑されてしまったことで、自分にも災いが降りかかってくるのではないかと戦々恐々しながら日々を過ごしてきました。

そんな中、諸葛誕は魏の中央政権から「昇進させてあげるから中央へ戻ってきなさい」との命令を受けます。

諸葛誕はこの命令を受け(このまま中央へ行けば殺されてしまうのではないか)との疑念を抱き司馬家へ反乱を起こす決意を固めるのでした。

そして諸葛誕は反乱を起こす準備として、寿春にいる楽綝を殺害する計画を立てて実行へ移すことにします。

 

悲惨な最期を迎えた楽綝

悲惨な最期を迎えた楽綝

 

楽綝はいつもどおり仕事を行っていると太鼓の音が聞こえてきます。楽綝は気になって外を見てみるとフル武装した軍隊が大勢こちらに向かってきている様子を目にします。

楽綝は急いで州の役所の南門を閉じると外から諸葛誕が「俺は司空へ就任することになって寿春を離れるのでここらへんを散歩しているだけだ。どうして門を閉じるのだ」と大声で叫びます。

楽綝は諸葛誕の大声を聞くと急いで東門も閉じることに。

諸葛誕は楽綝が東門も閉じてしまったことに激怒し、引き連れてきた兵士を東門をよじ登らせて火を放ちます。

楽綝は逃げることをしないで敵兵と戦っていましたが、力尽きて討ち取られてしまいます。

楽綝は諸葛誕に対して悪いことをしていないにも関わらず、いきなり攻撃を受けて殺害されてしまう悲惨な最期を迎えてしまうのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

楽綝は楽進に似て剛毅果断な性格であったため、諸葛誕から攻撃を受けると力尽きるまで戦ってしまいます。

どうして楽綝は諸葛誕へ降伏しなかったのでしょうか。

これはレンの予想ですが、国家へ反逆を企てるような人物に降伏をするの事は彼のプライドが許せなかったのかもしれません。

そのため悲惨な最期を迎えることになります。

ですが、もし楽綝が諸葛誕へ偽って降伏して司馬昭率いる討伐軍がやってきてから諸葛誕へ反旗を翻して寿春陥落の手助けをすれば、三国志で彼ももっと大きく取り上げられることになったかもしれません。

レンは楽綝には嘘も方便で諸葛誕に降伏し、三国統一まで活躍して欲しかったのですが、みなさんはどのように思いますか。

参考文献 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」

関連記事:2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう)
  2. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表 李儒と三国志
  3. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  4. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!
  5. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  6. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 羅憲

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策

おすすめ記事

沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー 呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!! 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀? 真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」

おすすめ記事

  1. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・
  2. 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介
  4. 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?
  5. 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました
  7. アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー
  8. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"