キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い

呉蜀赤壁の戦い




赤壁の戦い

 

三国志』といえば

赤壁の戦いを思い浮かべる人は多いでしょう。

 

今から10年ほど前に『レッドクリフ』という

赤壁の戦いを描いた映画が

話題になったことを覚えているという人も

少なくないのではないでしょうか。

 

複雑に交差する三国の思惑…。

蜀の諸葛亮(しょかつりょう)と呉の周瑜(しゅうゆ)の激しい駆け引き…。

圧倒的に不利だった戦況を見事な奇策によって覆し、

80万の曹操(そうそう)軍をわずか数万の孫権(そんけん)劉備(りゅうび)連合軍が打ち破る…。

ページを繰る手に

汗がにじんできたという人もいるでしょう。

 

ところで、この赤壁の戦いというものは、

実際のところどのようなものだったのでしょうか。

その実態を探るべく、

正史『三国志』の方を少し覗いてみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

関連記事:【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身

 

 

三国それぞれの君主の本紀や伝では意外とあっさり…

陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)が著した正史『三国志』から

赤壁の戦いの全貌を読み解くにはまず

魏の曹操についての本紀・武帝紀、

蜀の本紀ともいえる劉備の伝・先主伝、

呉の本紀ともいえる孫権の伝・呉主伝の

3つをあたってみるべきでしょう。

 

しかし、赤壁の戦いに関する描写は

どれも意外とあっさりしたもの

 

こっぴどく負けた曹操の本紀で

「赤壁で劉備と戦ったが不利だった。

疫病で多くの兵が死んだために撤退した。」

としか書かれていないのは

心中お察しできるような気がしなくもないですが、

大勝した劉備の伝や孫権の伝もわりとあっさり。

 

「孫権の配下である周瑜程普(ていふ)たちと一緒に

曹操を赤壁で大破し、曹操軍の船を燃やした。」

周瑜程普を左右の督として1万ずつ兵を与え、

劉備と共に赤壁に進軍して曹操軍を大破した。」

 

これでは赤壁の戦いが

どのようなものだったのか全然わかりませんね…。

 

 

周瑜伝に見る赤壁の戦い

周瑜伝に見る赤壁の戦いの周瑜

 

しかし、やはり実際に戦いの指揮をとった周瑜の伝には

けっこう詳しく赤壁の戦いの様子が描かれています

 

「赤壁で曹操軍を劉備と一緒に迎え撃った。

このとき曹操軍は疫病に苦しめられていたため、

一戦交えただけで敗走して長江北岸に逃げて行った。

黄蓋(こうがい)が敵の船がくっつきあっているため、

焼き討ちを掛けるべきだと進言してきた。

そこで周瑜は数十艘の船に焚き木や草を積んで油を注ぎ、

曹操に黄蓋が降伏するという旨の偽手紙を送って船を発進。

黄蓋は曹操の軍船に近づくと、

自分の船を切り離して油が染みた船に火を放った。

そのときたまたま強風が吹いて全ての船に火が移り、

岸にあった曹操の軍営地にまで火が延びた。

おびただしい数の兵や馬が死に、曹操は南郡に敗走した。」

 

…確かに他に比べると詳しいのですが、

火計は黄蓋が思いついたものだったなんて!

風はたまたまふいたものだったなんて!

とちょっぴりガッカリしてしまいますね。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

伝によって矛盾する描写

伝によって矛盾する描写

 

正史の記述に悶々とした気持ちを覚える所以は

それだけではありません。

伝によって矛盾する描写があるのです

それは、劉備と孫権が同盟を結ぶ場面。

 

諸葛亮伝では

諸葛亮は劉備に孫権と同盟を組むことを献策し、

その時劉表(りゅうひょう)の弔問に訪れていた魯粛(ろしゅく)を連れて

孫権と面会をしに行った。」

と書かれているのですが、

魯粛伝では

劉表の弔問に訪れていた魯粛が劉備を訪ね、

劉備に孫権と共に曹操と戦うように説得。

劉備は諸葛亮を使者として孫権と同盟を結んだ。」

と書かれています。

 

諸葛亮が主導したのか魯粛が主導したのか、

一体どっちだったの!?

と混乱してしまいますよね。

 

陳寿の『三国志』に注を付した裴松之(はいしょうし)

蜀と呉がそれぞれ自分に都合の良いように記録していたため、

陳寿もそれに引っ張られたのだろうと言っていますが、

この矛盾は歴史家としては結構致命的な気がします。

 

もしかしたら

陳寿はあえて矛盾を含ませたのかもしれませんが、

実際のところどのようにして

蜀と呉の同盟が結ばれたのかは

正史を読んでもわからずじまいというわけです。

 

三国志演義』の鮮やかな描写を生み出したのは何?

大砲

 

それにしても、

三国志演義』のあの臨場感あふれる描写は何なのでしょうか?

正史の描写に基づいている部分も確かにありますが、

やはりそのほとんどは『三国志演義』の作者のオリジナルの様子。

 

しかし、

頭の中の想像だけであれだけ鮮やかに

文字を紡いだわけではなかったようですよ。

 

実は、『三国志演義』が編まれた時代である

明の建国エピソードが下敷きになっているといわれています。

そのエピソードというのは、鄱陽湖(はんようこ)の戦いです

 

互いに覇を争っていた朱元璋(しゅげんしょう)陳友諒(ちんゆうりょう)

鄱陽湖で激突。

巨艦数百艘、60万の軍勢を率いる陳友諒に対し、

朱元璋は小型船中心の20万の軍勢で挑みました。

 

圧倒的に不利と思われた朱元璋でしたが、

鎖で繋がれた巨艦を

小回りのきく火砲船団により追い込んでいき、

最後は決死の火砲船七艘と味方してくれた強風により

陳友諒を大破したのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

鄱陽湖の戦いがあったからこそ、

『三国志演義』で赤壁の戦いが

あれほど生き生きと描かれていたのですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?

関連記事:【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 袁紹を説得しようとする田豊 袁紹と田豊の仁義なきバトル物語
  2. 親バカな諸葛孔明 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!
  3. 蜀の厳顔 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!?
  4. 程昱(ていいく) 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発?
  5. 袁燿(袁耀)えんよう 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  6. 騎馬兵にあこがれる歩兵 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将
  7. 孔明 【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった!
  8. 赤壁の戦い 曹操 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 白石正一郎
  2. 曹純
  3. 北条早雲
  4. 羅憲
  5. 郭嘉
  6. 解煩督 呉
  7. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  8. 曹丕と曹植
  9. 孫権の髭

おすすめ記事

  1. 【列子】道教の「道」とは?道に身をゆだねれば安らぐかもしれない話 道具を輸送する民人
  2. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ? 曹芳
  3. 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰 はじめての三国志 画像準備中
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】
  5. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの? 劉禅
  6. 悲報!郭嘉にブサセン疑惑

三國志雑学

  1. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  2. 三国志 居酒屋
  3. 徐庶
  4. そろばんを叩く関羽
  5. 赤鎧を身に着けた曹操


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. キングダム54巻amazon
  3. キングダム54巻amazon
  4. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)
  5. 江藤新平 幕末

おすすめ記事

三国志のモブ 反乱 【西夏】タングート族は塩を巡って北宋と何度も戦争!青白塩問題について解説 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 渤海国とはどんな国?謎の王国・渤海国の建国までを分かりやすく解説 丸木舟(弥生時代) 【渤海国の謎に迫る】なぜ渤海国は謎の王国になってしまったのか? 年を取った司馬懿 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第15部 袁術と呂布 呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた かぼちゃと孫権 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった? 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか? 井伊直政 井伊直弼の家系図は豪華絢爛!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP