よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!

蜀の姜維




捕まる呂布

 

三国志ではいくつもの勢力が滅びていきますが、勢力が滅びる時見せ場とも言うべき瞬間が必ずやってきます。

例えば呂布(りょふ)曹操(そうそう)に敗北して滅亡してしまいます。

しかし呂布が滅亡する間際、下邳(かひ)篭城(ろうじょう)して曹操と壮絶な戦いを繰り広げています。

このように一勢力が滅亡する間際には必ず見せ場がやってくるのですが、蜀の場合はどうなのでしょう。

(しょく)の滅亡は劉禅(りゅうぜん)が蜀の内部に侵攻してきた鄧艾(とうがい)の軍勢に降伏した事で戦に決着がついてしまい、

あまり見せ場とも言うべき戦いが無いように思われます。

本当に蜀が滅亡する間際、見せ場とも言うべき戦いが無かったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??

関連記事:姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!

 

 

蜀の滅亡間際に見せ場とも言うべき戦いはなかったのか?

三国志のモブ

 

蜀は劉禅鄧艾に降伏した事で滅亡してしまいますが、蜀が滅亡する間際見せ場とも言うべき戦いは一度も起きなかったのでしょうか。

そんな事はありません。

蜀にも見せ場とも言うべき戦いはありました。

 

 

魏の大軍を迎撃する蜀軍

魏の大軍を迎撃する蜀軍と姜維

 

蜀の大将軍・姜維(きょうい)は魏の大軍が蜀の領土へ侵攻してくることを察知すると姜維自ら蜀軍を率いて魏の攻撃を防ぐ為、迎撃作戦を行います。

しかし姜維率いる蜀軍は鄧艾率いる魏軍の攻撃を受けて敗北し一時的に後退することになります。

その後も魏軍の圧倒的な軍事力や蜀の漢中近辺の城が降伏したりしたため、劣勢になっていきます。

姜維率いる蜀軍も鄧艾に敗北した後も魏軍と戦い続けていきますが、迎撃することを諦めて撤退していくことに。

姜維は蜀軍を率いて撤退していきますが、蜀軍の援軍としてやってきた張翼(ちょうよく)らと合流することに成功。

そして蜀滅亡の最大の見せ場とも言える剣閣(けんかく)へ籠城することになります。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

蜀の最終拠点・剣閣

蜀の最終拠点・剣閣の地図

(画像:現在の剣閣)

 

姜維は援軍を吸収して軍勢を剣閣に駐屯させます。

この地をGoogleで調べてみると断崖絶壁で、守りやすく攻めにくい土地であることは一目瞭然でわかると思うので、是非一度調べてみてください。

この断崖絶壁の要塞に姜維は蜀軍を率いて篭城することになります。

 

蜀の滅亡の最後の見せ場

三国志のモブ

 

姜維は軍勢を率いて剣閣へ駐屯。

姜維が軍勢を率いて剣閣へ駐屯した後、魏の大軍を率いて鍾会(しょうかい)率いる軍勢が剣閣へ到着します。

そして魏の鍾会は剣閣へ攻撃を仕掛けるのでした。

鍾会率いる魏軍は剣閣へ攻撃を仕掛けますが、全然ビクともせず、剣閣を攻略することができませんでした。

そこで鍾会は姜維を降伏させるために手紙を書きますが、姜維は鍾会からもらった手紙に返事をすることなく、

魏の攻撃を防ぎきるための防衛を固めていきます。

 

正史三国志によると鍾会は姜維が降伏するような素振りを見せず、また兵糧を遠方から輸送していたため、軍勢を引き返そうか迷っていたそうです。

もしこれが事実であれば、姜維がもう少し剣閣で頑張っていれば鍾会を追い返す事も可能であったのかもしれません。

まさに蜀滅亡間際の最後の見せ場といっていい戦いではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

姜維が剣閣で鍾会率いる魏軍の攻撃を防ぎきることに成功し、鍾会も撤退しようか迷っていた素振りがあったそうです。

もし魏軍の蜀討伐戦に鄧艾がいなければ、蜀の国はもう少し長く生きながらえることができたのかもしれません。

しかし史実は魏の鄧艾が別の道を進んで蜀の内部へ侵入することに成功した事で大きく変化していくことになります。

鄧艾は防御が手薄になっていた蜀の内部の城を次々と攻略しながら成都へ向けて進軍していきます。

 

蜀の皇帝劉禅は魏軍の攻撃にどうすればいいのか判断に迷ってしまい、家臣からの勧めによって魏へ降伏。

こうして蜀は劉禅が降伏したことによって滅亡することになるのでした。

姜維は劉禅滅亡後も戦いを剣閣で継続していましたが、劉禅が降伏したことを成都からの使者によって知ったそうです。

この時の姜維や剣閣にこもっていた蜀の諸将の気持ちはかなり悔しかったのではないのでしょうか。

なぜならば自分達が優勢であったにも関わらず、劣勢であった魏軍に降伏しなければならなかったのですから

 

参考文献 三国志武将辞典等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情

関連記事:【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い
  2. ズルい!陳寿と司馬氏が劉備&孫権の皇帝詐称をOKにした…
  3. 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  4. 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい…
  5. 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の父は息子に何を残したの??
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  7. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない
  8. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維

おすすめ記事

  1. 【三国志入門者向け】三国志の魏・呉・蜀を建国した君主っていったい誰?
  2. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!
  3. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】
  4. kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」
  5. 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー
  6. 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史

三國志雑学

  1. 蜀の皇帝に即位した劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い

おすすめ記事

朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 【告知】朝まで三国志2017年 秋 本日22時開始 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る! 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝 【新機種】iPhoneXR/ XS MAX対応スマホケース発売開始しました 大久保利通 幕末 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

おすすめ記事

  1. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」
  2. 斉藤一とはどんな人?新選組の三番隊組長の剣術や人物像に迫る 斎藤一 新選組
  3. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  4. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  5. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!
  6. 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  7. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  8. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP