英雄の死因
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!

蜀の姜維




捕まる呂布

 

三国志ではいくつもの勢力が滅びていきますが、勢力が滅びる時見せ場とも言うべき瞬間が必ずやってきます。

例えば呂布(りょふ)曹操(そうそう)に敗北して滅亡してしまいます。

しかし呂布が滅亡する間際、下邳(かひ)篭城(ろうじょう)して曹操と壮絶な戦いを繰り広げています。

このように一勢力が滅亡する間際には必ず見せ場がやってくるのですが、蜀の場合はどうなのでしょう。

(しょく)の滅亡は劉禅(りゅうぜん)が蜀の内部に侵攻してきた鄧艾(とうがい)の軍勢に降伏した事で戦に決着がついてしまい、

あまり見せ場とも言うべき戦いが無いように思われます。

本当に蜀が滅亡する間際、見せ場とも言うべき戦いが無かったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??

関連記事:姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!

 

 

蜀の滅亡間際に見せ場とも言うべき戦いはなかったのか?

三国志のモブ

 

蜀は劉禅鄧艾に降伏した事で滅亡してしまいますが、蜀が滅亡する間際見せ場とも言うべき戦いは一度も起きなかったのでしょうか。

そんな事はありません。

蜀にも見せ場とも言うべき戦いはありました。

 

 

魏の大軍を迎撃する蜀軍

魏の大軍を迎撃する蜀軍と姜維

 

蜀の大将軍・姜維(きょうい)は魏の大軍が蜀の領土へ侵攻してくることを察知すると姜維自ら蜀軍を率いて魏の攻撃を防ぐ為、迎撃作戦を行います。

しかし姜維率いる蜀軍は鄧艾率いる魏軍の攻撃を受けて敗北し一時的に後退することになります。

その後も魏軍の圧倒的な軍事力や蜀の漢中近辺の城が降伏したりしたため、劣勢になっていきます。

姜維率いる蜀軍も鄧艾に敗北した後も魏軍と戦い続けていきますが、迎撃することを諦めて撤退していくことに。

姜維は蜀軍を率いて撤退していきますが、蜀軍の援軍としてやってきた張翼(ちょうよく)らと合流することに成功。

そして蜀滅亡の最大の見せ場とも言える剣閣(けんかく)へ籠城することになります。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

蜀の最終拠点・剣閣

蜀の最終拠点・剣閣の地図

(画像:現在の剣閣)

 

姜維は援軍を吸収して軍勢を剣閣に駐屯させます。

この地をGoogleで調べてみると断崖絶壁で、守りやすく攻めにくい土地であることは一目瞭然でわかると思うので、是非一度調べてみてください。

この断崖絶壁の要塞に姜維は蜀軍を率いて篭城することになります。

 

蜀の滅亡の最後の見せ場

三国志のモブ

 

姜維は軍勢を率いて剣閣へ駐屯。

姜維が軍勢を率いて剣閣へ駐屯した後、魏の大軍を率いて鍾会(しょうかい)率いる軍勢が剣閣へ到着します。

そして魏の鍾会は剣閣へ攻撃を仕掛けるのでした。

鍾会率いる魏軍は剣閣へ攻撃を仕掛けますが、全然ビクともせず、剣閣を攻略することができませんでした。

そこで鍾会は姜維を降伏させるために手紙を書きますが、姜維は鍾会からもらった手紙に返事をすることなく、

魏の攻撃を防ぎきるための防衛を固めていきます。

 

正史三国志によると鍾会は姜維が降伏するような素振りを見せず、また兵糧を遠方から輸送していたため、軍勢を引き返そうか迷っていたそうです。

もしこれが事実であれば、姜維がもう少し剣閣で頑張っていれば鍾会を追い返す事も可能であったのかもしれません。

まさに蜀滅亡間際の最後の見せ場といっていい戦いではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

姜維が剣閣で鍾会率いる魏軍の攻撃を防ぎきることに成功し、鍾会も撤退しようか迷っていた素振りがあったそうです。

もし魏軍の蜀討伐戦に鄧艾がいなければ、蜀の国はもう少し長く生きながらえることができたのかもしれません。

しかし史実は魏の鄧艾が別の道を進んで蜀の内部へ侵入することに成功した事で大きく変化していくことになります。

鄧艾は防御が手薄になっていた蜀の内部の城を次々と攻略しながら成都へ向けて進軍していきます。

 

蜀の皇帝劉禅は魏軍の攻撃にどうすればいいのか判断に迷ってしまい、家臣からの勧めによって魏へ降伏。

こうして蜀は劉禅が降伏したことによって滅亡することになるのでした。

姜維は劉禅滅亡後も戦いを剣閣で継続していましたが、劉禅が降伏したことを成都からの使者によって知ったそうです。

この時の姜維や剣閣にこもっていた蜀の諸将の気持ちはかなり悔しかったのではないのでしょうか。

なぜならば自分達が優勢であったにも関わらず、劣勢であった魏軍に降伏しなければならなかったのですから

 

参考文献 三国志武将辞典等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情

関連記事:【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 費禕 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  2. 孔明 軍師 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  3. 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい…
  4. 曹操は関羽をGET ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭を…
  5. 張飛の男気人生 張飛が『春秋左氏伝』を読んでいた!?中国発インテリ伝説
  6. 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  7. 魏延の謀反を察する孫権 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?
  8. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 日本戦国時代の鎧
  3. 許チョ(許褚)
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  6. 鎌倉時代 服装 男女

おすすめ記事

  1. 西郷どんが坂本龍馬を殺したって本当?
  2. 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 魏曹操と魏軍と呉軍
  3. 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望
  4. 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは 大村益次郎 幕末
  5. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった! 孫策に攻撃される黄祖
  6. 井伊直弼が暗殺されたのは何故?暗殺へのステップを解説

三國志雑学

  1. 関羽は神様
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. 大声を出す張飛
  3. 陸遜と孫権

おすすめ記事

キングダム53巻 キングダム593話最新ネタバレ「趙峩龍本陣」レビュー 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団 真田丸 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの? 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの? 織田信長 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP