諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介

2018年11月10日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

諸葛孔明

 

曹操(そうそう)はもちろんのこと劉備(りゅうび)孫権(そんけん)といった主君格の妻子事情というものは歴史書にも事細かに記されます。その反対に臣下たちの妻子についてはけっこうなおざりですよね。そのため、「いつの間にか結婚していて、その上子どもまでこさえてた!」とビックリさせられることも多いでしょう。

 

実は諸葛亮(しょかつりょう)もいつの間にやら結婚していていつの間にやら子を成していた臣下の1人。そして更に驚くべきことにその子孫が数千人集まって住んでいるという村があるのだとか…!今回は諸葛亮の子孫についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



唯一の子・諸葛瞻

諸葛瞻

 

諸葛亮は劉備と出会うより前に黄夫人(こうふじん)という女性と結婚していました。しかし、2人の間にはなかなか子ができず…。結婚してから数十年経ってようやく子を授かります。その子の名は諸葛瞻(しょかつせん)

 

年を取ってからの子であったからか諸葛亮の溺愛ぶりは凄まじく、「あんまり早熟だから将来が心配だよ~」なんて兄の諸葛瑾(しょかつきん)にのろけまくっていたそうです。

 

出陣する諸葛瞻

 

 

しかし、やはり諸葛亮ほどの能力は無かったようで宦官の黄皓(こうこう)に翻弄され、結局37歳という若さで魏の鄧艾(とうがい)との戦いの最中に戦死してしまいます。ただ、諸葛亮には諸葛瞻が生まれる前に兄から養子として譲り受けた諸葛喬(しょかつきょう)と実在したかは怪しいものの諸葛懐(しょかつかい)という末っ子がいたと言われています。末っ子については清代になって作られたホラ話という説が有力なのだそうです。

 

 

 



父と共に散った諸葛尚と生き残った諸葛京

父と共に散った諸葛尚と生き残った諸葛京

 

諸葛瞻には諸葛尚(しょかつしょう)諸葛京(しょかつけい)という2人の息子がいました。諸葛亮にとっては孫にあたる存在ですね。

 

鄧艾に敗北し戦死する諸葛瞻

 

諸葛尚は父・諸葛瞻と共に鄧艾(とうがい)との戦で亡くなってしまいましたが、諸葛京の方はまだ幼かったので戦争にも参加していませんでしたし、蜀漢が解体された際にも命を奪われることはなく、ただ河東に移住させられただけでした。

 

その後成長した諸葛京は竹林の七賢の1人である山濤(さんとう)に推挙されて西晋王朝に仕えることになり、最終的には江州刺史にまで出世します。諸葛京はかなり優秀な人物だったようですね。ちなみに諸葛瞻にはもう一人諸葛質(しょかつしつ)という子がいたようですが彼が実在の人物であったかどうかはちょっと怪しいところです…。

 

一騎打ち

 

 

元代に諸葛村ができる

元代に諸葛村ができる

 

その後、諸葛亮の子孫は表立って活躍を見せることは無くなりましたが、ひっそりとその系譜をのばし続けていたようです。諸葛京が江州、すなわち今の江西省あたりに根を下ろしたことにより諸葛一族はそこで子孫を代々残していったのですが、唐が滅亡する頃に戦乱に巻き込まれることを忌避した諸葛浰(しょかつれん)が浙江省にお引越し。

 

以後浙江省で諸葛一族が栄えることになったのだそうです。その後元代に生まれた諸葛大獅が子孫たちのためにとある村を買い取って要塞のような村を作ります。この村は太極図を思わせるような形の池を取り囲むように八卦陣を思わせる街並みが形成されているのですが、敢えて激しい起伏のある道を作ったり行き止まりに見えるような場所を作ったりして余所者の方向感覚を狂わせるのだそう。

 

そのためにこの村はいつからか諸葛八卦村と呼ばれるようになったのでした

 

 

 

諸葛八卦村の今

 

要塞都市である諸葛八卦村では現代でも諸葛一族が幸せに暮らしているのだそう。その村に住む諸葛さんは数千人。たった1人の子どもからよくぞそこまで数を増やせたものです。

 

浙江省といえば日中戦争当時には日本の支配下に置かれていましたからその被害も相当なものだったと予測されますが、なんと諸葛八卦村は日本軍に見つかることなく特に被害を受けずに済んだのだそう。

 

そのため、諸葛八卦村ではノスタルジックな中国の街並みを今でも楽しむことができるということで人気の観光地となっています。皆さんも中国に遊びに行く機会があれば、是非諸葛八卦村に足を運んでみてください。

 

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

歴史上の有名人の子孫を名乗る人はたくさんいますが、この諸葛八卦村についてはかなり信憑性が高いのだとか!もし諸葛亮の遺骨が見つかったらDNA鑑定をしてその真相を明らかにしてほしいですね。

 

関連記事:幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
chopsticks

chopsticks

清朝考証学を勉強中。 銭大昕の史学考証が専門。 片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。 好きな歴史人物: 諸葛亮、陶淵明、銭大昕 何か一言: 皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

-諸葛亮
-