法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介

親バカな諸葛孔明




諸葛孔明

 

曹操(そうそう)はもちろんのこと

劉備(りゅうび)孫権(そんけん)といった

主君格の妻子事情というものは

歴史書にも事細かに記されます。

 

その反対に臣下たちの妻子については

けっこうなおざりですよね。

そのため、

「いつの間にか結婚していて、

その上子どもまでこさえてた!」

とビックリさせられることも多いでしょう。

 

実は諸葛亮(しょかつりょう)もいつの間にやら結婚していて

いつの間にやら子を成していた臣下の1人。

そして更に驚くべきことに

その子孫が数千人集まって住んでいるという村があるのだとか…!

 

今回は諸葛亮の子孫について

ご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた

関連記事:諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛がった愛息子

 

 

唯一の子・諸葛瞻

唯一の子・諸葛瞻

 

諸葛亮劉備と出会うより前に

黄夫人(こうふじん)という女性と結婚していました。

しかし、2人の間にはなかなか子ができず…。

結婚してから数十年経って

ようやく子を授かります。

その子の名は諸葛瞻(しょかつせん)

 

年を取ってからの子であったからか

諸葛亮の溺愛ぶりは凄まじく、

「あんまり早熟だから将来が心配だよ~」

なんて兄の諸葛瑾(しょかつきん)にのろけまくっていたそうです。

 

しかし、

やはり諸葛亮ほどの能力は無かったようで

宦官黄皓(こうこう)に翻弄され、

結局37歳という若さで

魏の鄧艾(とうがい)との戦いの最中に戦死してしまいます。

 

ただ、諸葛亮には

諸葛瞻が生まれる前に

兄から養子として譲り受けた諸葛喬(しょかつきょう)

実在したかは怪しいものの

諸葛懐(しょかつかい)という末っ子がいたと言われています。

 

末っ子については

清代になって作られた

ホラ話という説が有力なのだそうです。

 

 

父と共に散った諸葛尚と生き残った諸葛京

父と共に散った諸葛尚と生き残った諸葛京

 

諸葛瞻には諸葛尚(しょかつしょう)諸葛京(しょかつけい)という

2人の息子がいました

諸葛亮にとっては孫にあたる存在ですね。

 

諸葛尚は父・諸葛瞻と共に

鄧艾(とうがい)との戦で亡くなってしまいましたが、

諸葛京の方はまだ幼かったので

戦争にも参加していませんでしたし、

蜀漢が解体された際にも命を奪われることはなく、

ただ河東に移住させられただけでした。

 

その後成長した諸葛京は

竹林の七賢の1人である山濤(さんとう)に推挙されて

西晋王朝に仕えることになり、

最終的には江州刺史にまで出世します。

諸葛京はかなり優秀な人物だったようですね。

 

ちなみに諸葛瞻にはもう一人

諸葛質(しょかつしつ)という子がいたようですが

彼が実在の人物であったかどうかは

ちょっと怪しいところです…。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

元代に諸葛村ができる

元代に諸葛村ができる

 

その後、諸葛亮の子孫は

表立って活躍を見せることは無くなりましたが、

ひっそりとその系譜をのばし続けていたようです。

 

諸葛京が江州、

すなわち今の江西省あたりに根を下ろしたことにより

諸葛一族はそこで子孫を代々残していったのですが、

唐が滅亡する頃に

戦乱に巻き込まれることを忌避した諸葛浰(しょかつれん)が浙江省にお引越し。

 

以後浙江省で諸葛一族が

栄えることになったのだそうです。

その後元代に生まれた諸葛大獅が

子孫たちのために

とある村を買い取って

要塞のような村を作ります。

 

この村は太極図を思わせるような形の池を取り囲むように

八卦陣を思わせる街並みが形成されているのですが、

敢えて激しい起伏のある道を作ったり

行き止まりに見えるような場所を作ったりして

余所者の方向感覚を狂わせるのだそう。

 

そのためにこの村は

いつからか諸葛八卦村と

呼ばれるようになったのでした

 

諸葛八卦村の今

 

要塞都市である諸葛八卦村では

現代でも諸葛一族が幸せに暮らしているのだそう。

その村に住む諸葛さんは数千人。

たった1人の子どもから

よくぞそこまで数を増やせたものです。

 

浙江省といえば

日中戦争当時には日本の支配下に置かれていましたから

その被害も相当なものだったと予測されますが、

なんと諸葛八卦村は日本軍に見つかることなく

特に被害を受けずに済んだのだそう。

 

そのため、

諸葛八卦村では

ノスタルジックな中国の街並みを

今でも楽しむことができるということで

人気の観光地となっています。

 

皆さんも中国に遊びに行く機会があれば、

是非諸葛八卦村に足を運んでみてください。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

歴史上の有名人の子孫を名乗る人はたくさんいますが、

この諸葛八卦村については

かなり信憑性が高いのだとか!

 

もし諸葛亮の遺骨が見つかったら

DNA鑑定をしてその真相を

明らかにしてほしいですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選
  2. 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  3. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  4. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしてい…
  5. 曹操の曽祖父曹萌が気前良すぎて逆に怪しすぎる!
  6. 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔?
  7. 曹彰 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期…
  8. 郭嘉の本 漢代にはこんなにもたくさんの本が生み出されていた!【漢代の本】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 卑弥呼
  2. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  3. 曹操に降伏する教祖・張魯
  4. 尹夫人 曹操
  5. 陳宮
  6. キングダム53巻
  7. 孫皓と張俊

おすすめ記事

  1. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 袁尚と対立する袁譚
  2. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何? 董卓
  3. 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  4. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!
  5. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに
  6. 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 玉璽に興奮する袁術

三國志雑学

  1. 北伐する孔明
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  4. 光武帝を解説する荀彧
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 織田信長

おすすめ記事

二刀流の劉備 劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた 荀彧 怒る 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝 織田信長 アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー 徐晃と許チョ 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは? 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し? 明智光秀は妻一筋の愛妻家だった 五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析! 西夏の旗の兵士 西夏はどんな文化だったの?仏教が西夏で流行っていた?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP