法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操最初の妻丁氏とその一族の哀しき運命

曹操を見捨てない丁氏と卞氏




曹操と妻たち

 

魏の曹操(そうそう)の妻と聴いてピンくる人は、(べん)夫人が多いはずです。

確かに卞夫人は皇后ですが彼女は曹操の〝後妻〟です。

曹操の最初の妻は(てい)夫人と言います。(はい)国の人であることから、曹操と同郷と分かります。

つまり政略結婚です。

残念ながら、丁夫人の名前は伝わっていません。

中国では原則として、女性の名前は史料に残らないのです。(もちろん例外もあります)

今回は曹操の最初の妻丁氏とその一族についての話をします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操も思わずツイート!三国志の時代に造られた精巧な地図

関連記事:衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操

 

 

義理の子の養育

義理の子の養育

 

曹操の子どもで有名な人物は後を継いだ曹丕(そうひ)、詩人として有名な曹植(そうしょく)ですが、それ以前にも2人いました。

曹昂(そうこう)清河長公主(せいがちょうこうしゅ)です。

この2人を育てたのが曹操最初の妻丁夫人です。

しかし、曹昂も清河長公主も丁夫人の実子ではありません。

実は曹操には劉夫人(りゅうふじん)という側室がいて、その人が2人の実の母親でした。

ところが理由は不明ですが、劉夫人は早死にしました。

そこで丁夫人が2人を養育していたのです。

歴史書『三国志』にも曹操と丁夫人との間の子どもについては、何も記されていないので、子宝には恵まれなかったようです。

義理の子どもを育てるなんて、しっかりとした母親だと感心します。

しかし、そんなしっかり者の丁夫人に悲劇が訪れます。

 

 

曹昂の戦死と曹操との離縁

曹昂の戦死と曹操との離縁

 

建安2年(197年)、曹操は張繍(ちょうしゅう)を降伏させますが、しばらくして張繍の寝返りにあい敗北しました。

この時に部下の典韋(てんい)だけでなく、息子の曹昂も戦死させました。

曹昂の戦死を耳にした丁夫人は激怒して、曹操とけんかになり実家に帰りました。

 

しばらくしたら丁夫人の頭も冷えただろう、と思った曹操は彼女の実家に行きました。

丁夫人は実家で糸をつむいでおり、曹操の顔なんて全く見ませんでした。

「一緒に帰ろう」と曹操は言ったが、何を言っても丁夫人は無言でした

「それじゃあ、本当にお別れだ」と言って曹操は離縁しました。

曹操孟徳

 

周囲の人たちは、丁夫人を再婚させようとしたらしいが、結局出来なかったという話でした。

曹操の後妻となった卞夫人も丁夫人が亡くなるまで、ずっと面倒を見ていました。

また、曹操も丁夫人と戦死した曹昂のことは気にしていたらしく、死ぬ間際に、人にこう語っていました。

「もし、死人に霊魂があって、曹昂が『私のお母さんはどこにいるのですか?』と聞いたら、私はなんて答えてあげればよいのだろうか……」

曹操も1人の父であり、夫だと分かります。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

丁一族の1人丁儀

丁儀

 

曹操最初の妻丁夫人については話しましたが、次は彼女の一族についてです。

丁夫人は曹操と同郷であることは、すでに書きました。

 

この丁一族から曹操政権の幹部にまでなったのが、丁儀(ていぎ)でした。

丁儀は目が不自由ですが、詩文に長けていたので曹操政権では重宝されていました。

しかし、その彼にも悲劇が訪れました。

 

彼は曹丕曹植の後継者争いの時に、弟と一緒に曹植を推薦しました。

それが曹丕の逆鱗に触れてしまい、曹丕が皇帝即位後に弟と一緒に粛清されました。

もともと曹丕は丁儀が嫌いであったらしく、曹操が生前に自分の娘の清河長公主と丁儀を結婚させようとした時に、

目が不自由なことを理由に難癖をつけて結婚を破談にしました。

曹操もその時は「うん」と頷いてしまったのですが、後日改めて丁儀に会うと才能に溢れた人物だったので、

「曹丕にだまされた」と気付いたのでした。

しかし、その時にはすでに遅かったという話でした。

こうしてみると、丁一族はあまりにも悲劇的な人が多いことが分かります。

 

三国志ライター 晃の独り言 丁一族の後日談

三国志ライター 晃の独り言 丁一族の後日談

 

もう少し話したいのですが、今回はここまでにします。

余談にですが、丁一族の伝記は歴史書『三国志』には記録されていません。

『三国志』の著者の陳寿(ちんじゅ)が貧乏で困っていたので、生き残った丁儀の子孫に対して、こんな話を持ち掛けたようです。

「米をください。そうすれば、ご先祖のよい伝記を私が執筆してあげます」

びっくりした丁儀の子孫は断ったという話でした。

一方、断られた陳寿も怒って丁一族の伝記は『三国志』に作らなかったという話でした。

もっとも、この話も研究者たちの間で真偽の論争があります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操を主人公にしたオススメ小説3選

関連記事:曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?
  2. 兵士 届け!お手紙、三国時代には郵便制度があった!?
  3. 魏と国号を決める曹丕 曹丕はなんで国号を魏にしたの?実は他の国号になる可能性もあった!…
  4. 劉備と酒を交わす曹操 【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸…
  5. ブチ切れる曹操 衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操
  6. よかミカンさん はじめての三国志ライター 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄
  7. 徐庶 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?
  8. 病気がちな孔明 【マニアック読解】諸葛亮が倒れた場所は床かベッドか

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 函谷関
  2. 釣りをする太公望
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. パワハラをする張飛
  5. 織田信長
  6. 徳川家康
  7. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

おすすめ記事

  1. 金栗四三の足袋から日本初のマラソンシューズが始まった! 金栗四三の足袋 いだてん
  2. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から? 藏覇(臧覇)と劉備と曹操
  3. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  4. 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件 晋の陳寿
  5. キングダムネタバレ予想、史上最も可哀想なボスキャラロゾを追悼
  6. 魯粛と関羽の一騎打ちの行方は?

三國志雑学

  1. 関羽千里行 ゆるキャラ
  2. 孔子と儒教
  3. 夏侯惇
  4. 劉備
  5. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術の最後
  2. 曹操と夏侯惇
  3. キングダム
  4. 悪来と呼ばれた典韋

おすすめ記事

孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの? 馬岱 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ キングダム576話最新ネタバレ予想王翦の行動を桓騎の一言から予測 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう) 石亭の戦いは曹休を罠にはめる呉の壮大なドッキリだった! 孔明 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ! 明治政府最初の対等条約―日清修好条規― 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP