はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!?

孫策、陸遜、顧邵、他




孫策、陸遜、顧邵、他

 

小覇王(しょうはおう)と呼ばれ江東(こうとう)を瞬く間に制圧し、孫呉の礎を築いた孫策(そんさく)

彼は若くして亡くなりますが、息子と娘がいました。

孫策の娘は孫策死後一体どうなったのか。

今回は孫策の娘たちについて紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった

関連記事:顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯

 

 

孫策の娘は何人いたの!?

結婚を喜ぶ孫策

 

孫策は26歳という若さで亡くなってしまいますが、何人の娘がいたのでしょうか。

孫策の娘は正史三国志によれば3人いたそうです。

そして孫策の娘たちは全員孫呉の重臣たちへと嫁でいるのです。

孫策の娘たちはいったい誰へ嫁いだのでしょうか。

 

 

名将・朱治の息子に嫁ぐ

 

孫堅の武将には彼を支えた多くの名将と呼べる人物たちがたくさんいました。

例えば程普(ていふ)韓当(かんとう)黄蓋(こうがい)孫堅(そんけん)を支えた名将と言えるでしょう。

彼らは孫策の時代になっても孫家をしっかりと支え、孫権の時代になると孫家の重鎮(じゅうちん)として活躍した将軍です。

そして上記の三人以外にも孫堅・孫策・孫権(そんけん)の三代に仕えて、孫呉を支え続けた人物がいます。

孫呉を支え続けた人との名前は朱治(しゅち)といいます。

彼も孫堅へ仕えて戦場で活躍し、その後孫策の時代においても江東平定戦などの戦場で活躍。

そして朱治は孫権の時代になると軍事でも活躍しますが、孫呉の基盤を固めた政治家としての実力も発揮。

更に朱治は孫権の弟の教育を行うなど孫家になくてはならない人物として尊ばれることになります。

そして孫策の娘の一人は朱治の息子のもとへ嫁ぐことに。

朱治の息子は朱紀(しゅき)と言い、軍事に携わっていたそうですが、正史三国志には彼の実績が残っておらず、孫策の娘に対しても何の記載もありませんが、

夫婦仲が特別悪いなどの記載が無い事から、それなりに夫婦の仲は良好であったと思われます。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

孫呉の宰相・顧雍の息子顧邵へ嫁ぐ

孫呉の宰相・顧雍の息子顧邵へ嫁ぐ

 

孫呉が領土していた呉郡と呼ばれる場所には「呉の四姓」と呼ばれる名族たちがおりました。

この名族には朱家(しゅけ)陸家(りくけ)張家(ちょうけ)顧家(こけ)の四つです。

そしてここで紹介するのは孫呉の宰相として活躍した顧家の出身の顧雍(こよう)です。

顧雍は蔡邕から琴や学問などを学び、若くして合肥県の長として政治を取り仕切っていました。

顧雍はその後孫権に仕え、江東の地方に割拠している異民族討伐に実績を挙げたり、各地の太守を歴任しながら実績を重ねていくことに。

その後顧雍は丞相の位へ上り、孫呉の政治を取り仕切っていくことになります。

顧雍は孫呉の丞相として20年ほど活躍し、国を安定させることに尽力しますが、病で亡くなってしまいます。

孫呉の丞相・顧雍には三人の息子がいて、長男・顧邵(こしょう)陸遜よりも名声のある人物でした。

そして顧邵を知っている人々は孫呉の各地から彼の元を訪れて知り合いになろうと多くの人々が集まってくるほどの人気ぶりでした。

顧邵は名声だけの人物ではなく政治の分野においてしっかりと実力も伴った人でした。

顧邵が太守として赴任した地域は身分の低い役人もしっかりと仕事をこなし、顧邵の赴任地の住民達は彼の政治に反発することが無かったそうです。

孫権は顧邵の政治力、そして名声の高さ、そして顧雍の実力等を気に入り、孫策の娘を彼へ嫁がせるのでした。

 

「神君」陸遜に嫁ぐ

「神君」陸遜に嫁ぐ

 

孫策の娘は陸遜の元にも嫁いでいます。

陸遜は幼いころに父を亡くしており、イトコである陸康(りくこう)の元に身を寄せていました。

しかし陸康は袁術(えんじゅつ)の武将であった孫策の攻撃を受けて敗退し、その後病で亡くなってしまいます。

陸康の家は陸家の本家でしたが、息子である陸績よりも陸遜が年上であったことから、陸家の後見人として陸家をまとめることになります。

その後陸遜は孫権の時代になって仕えます。

 

はじめ陸遜は文官として孫権に仕え、実績を積んだ後、地方の太守として各地を治めます。

陸遜はこの時、各地の行政をしっかりと行い住民に施しを与え善政を布いた事などがきっかけとなり、賢明な文官として

「神君」とあだ名で呼ばれることになります。

孫権はその後陸遜へ孫策の娘を嫁がせるのでした。

こうして孫策の娘は孫家の重鎮や名将たちへ嫁ぎ、孫策の血筋を残していくことになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

孫権はどうして孫策の娘たちを武将達へ嫁がせたのでしょうか。

それは孫家と武将達の結びつきを固くするためです。

孫呉は豪族と孫家が協力して形成している連合国家で孫家だけでは成り立たない国でした。

そのため孫権は孫策の娘を嫁がせたり、各地の豪族の娘を自分の奥さん(側室)として取り入れ、江東の豪族たちと孫家の協力体制をしっかりと築き、

孫呉の土台を強固なものにするため縁組を行っていたようです。

そのため孫権が顧邵や陸遜が好きで孫策の娘を嫁がせていた部分もあると思いますが、それなりの理由があって孫策の娘を嫁がせていたのです。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説

関連記事:彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 華雄と呂布 華雄は呂布のせいで殺された?呂布に翻弄された猛将の真実
  2. 司馬懿 司馬懿渾身の迷作?「讌飲詩」について徹底分析!
  3. 費禕 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう
  4. 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起き…
  5. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  6. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  8. 幕末 魏呉蜀 書物 裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長kawauso
  2. 曹操と羊
  3. 蜀の魏延
  4. 張良と劉邦
  5. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

  1. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  2. ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!
  3. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!? 陸遜と孫権
  4. 三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人
  5. 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる
  6. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

三國志雑学

  1. 関羽千里行 ゆるキャラ
  2. 蜀の皇帝に即位した劉備
  3. 関羽 関索
  4. ナポレオンと曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の夏侯淵
  2. 法正と張松
  3. 腐れ儒者気質な孔融
  4. 土いじりをする劉備
  5. 三国志 人気武将ランキング

おすすめ記事

かぼちゃ 孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 後宮にいる美女の階級事情 後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 キングダムネタバレ最新575話「総大将の不在」レビュー記事 キングダム581話ネタバレ予想vol2深読み「王賁遂に中二病を脱出!」 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!? 夏侯惇 夏侯淵・夏侯惇・夏侯覇の夏侯トリオの活躍がマジやべぇ!!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP