法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考察

亡くなる袁紹




公孫瓚を倒した袁紹

 

199年に公孫瓚(こうそんさん)を滅ぼし、冀州(きしゅう
)
青州(せいしゅう)并州(へいしゅう
)
幽州(ゆうしゅう
)
を制覇するに至った袁紹(えんしょう)は、並みいる群雄(ぐんゆう)の中で当時もっとも天下に近い存在にありました。

 

朝まで三国志 袁紹

 

しかし、官渡の戦い(かんとのたたかい)曹操にフルボッコされたわずか2年後、敗戦の精神的ショックから血を吐き倒れ死んだとされていますが、袁紹の死因は本当にメンタルの弱さにあったのでしょうか、徹底検証します。

 

自称・皇帝
当記事は、
袁紹 死因」
「袁紹 メンタル」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

関連記事:袁紹の敗北は関羽のせいだった?

 

 

袁紹がメンタルの弱さから病気になったとする根拠をまず論破!

袁安

 

袁紹は後漢朝廷(ごかんちょうてい)において4世代にわたり行政のトップである三公(さんこう)を輩出した、「汝南袁氏(じょなんえんし)」の出身です。

 

亡くなる袁安

 

一族繁栄の礎を築いた始祖(しそ)袁安(えんあん)は、政敵である竇氏(とうし)の専権を気に病みつつ死去。さらに、ひいおじいさんにあたる袁敞(えんしょう
)
は息子の不祥事を恥じ自殺しているほか、

 

袁術の最後

 

いとこにあたる袁術(えんじゅつ)も落ちぶれた身の上に絶望し、2Lもの血を吐いて死んだと伝えられるなど、袁家(えんけ)には代々メンタルの弱さが垣間見える逸話が残っています。

 

袁紹の悪口を言う郭嘉

 

そのため、良家のボンボンである袁紹(えんしょう)袁術と同様にメンタルが弱く、格下・曹操(そうそう)に負けたショックで病気になり失意(しつい)のうちに死んだ、というエピソードが良く出てくるわけです。

 

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

しかし袁紹は、根っからの御曹司(おんぞうし
)
である袁術(えんじゅつ)とは異なり生まれてすぐ父と死別、20歳の若さで渤海令に任じられましたが、生母が亡くなると父への考も尽くすため、合計6年の喪に服した後、洛陽(らくよう)隠遁(いんとん)生活を送っていた苦労人。

 

袁術 袁紹

 

同じころ仲間と放蕩(ほうとう)の限りを尽くしていた袁術と違い、快活な性格と名家出身らしからぬ謙虚(けんきょ)な態度から、後に覇権を争う曹操(そうそう)はじめ大勢の人々から慕われたのだとか。

 

袁紹モグラ作戦

 

また、数年にわたりしぶとく包囲を続け地道に地下道を掘り、天下の堅城を攻略して公孫瓚(こうそんさん)を自決に追い込んだ易京の戦い(えきけいのたたかい)を見ても、彼の用心深く我慢強い性格が見えてきます。

 

袁紹、袁尚、袁譚

 

快活で我慢強い性格の袁紹がいかに大戦とはいえ、一度の敗北でショックを受け健康を害したとは、とても考えられないのです。

 

 

官渡の戦いでフルボッコされてもビクともしなかった袁紹

官渡の戦い 騎馬兵

 

そもそもの話をすると袁紹がフルボッコされた官渡の戦い(かんとのたたかい)は、領地防衛戦争ではなく侵略戦争であり、曹操が勝利を収めたこと自体ミラクルですが、敗北した袁紹からすれば一旦本拠地へ引き上げ、再起を図ればいいだけのこと。

 

袁紹を説得しようとする田豊

 

ただ、官渡でのボロ負けとその前後で有能な人材を失い家臣団は分裂気味、しかも各地方では叛乱(はんらん)が多発…、この時点で袁家終了~♪

 

袁紹VS公孫瓚

 

かと思いきや袁紹の胸には再起の炎がメラメラと燃え盛っており、家臣団を再び統括し直すと、各地で起こった叛乱をチャッチャと鎮圧してしまうのです。

 

袁紹と曹操

 

あまりの手際の良さに、勢いづいているはずの曹操も手が出せず、「袁紹の生きてるうちは無理かも…」とと考えたのか、袁紹の存命中は河北(かほく)に侵攻しなかったほどです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

老骨に鞭打ち過ぎ?!袁紹に死因は「過労死」かも!

亡くなる袁紹

 

袁紹(えんしょう)病没(びょうぼつ
)
したのは202年7月、前半生がはっきりしないため推測(すいそく)になりますが、彼の没年齢は「48歳」辺りとみられています。三国時代当時の平均寿命は50歳辺り、戦での討ち死にを除いた場合、48歳という袁紹の没年齢は「若すぎる死」とは言えません。

 

曹操VS袁紹

 

そして、ライバル曹操との世紀の一大決戦に望んだ時の袁紹は推定46歳、当時の価値観で考えれば、既に第一線を退いてもおかしくない「おじいちゃん」です。官渡での大敗で本当に気落ちして次世代に家督を譲っていれば、もっと長生きしたかもしれません。

 

袁紹

 

しかし、彼のメンタルは弱いどころかむしろ強靭(きょうじん
)
、大敗を喫しても決して萎えず、事態収拾に奔走した結果健康を害しこの世を去った…。つまり、今風に言うと年甲斐もなく一人で働きまくった末の過労死(かろうし)」こそ、実は袁紹の死因だったのではないでしょうか。

 

三国志ライター酒仙タヌキの独り言

酒仙タヌキ 三国志ライター free

 

袁紹は生前後継者を決めていなかったため、彼の死後長男・袁譚(えんたん)派と三男・袁尚(えんしょう)派による苛烈な相続争いが勃発し、その間隙を曹操に突かれ、袁家は滅亡の憂き目にあうことになります。

 

袁紹、袁尚、袁譚

 

死因になったかどうかはともかく、最後までワンマンを貫いたことこそ、袁紹の華麗なる人生において、最大の失敗だったと言えるでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の父は息子に何を残したの??

関連記事:袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

【動画】三国志が日本で人気な理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




酒仙タヌキ

酒仙タヌキ

投稿者の記事一覧

小学生のころから司馬遼太郎を読み漁ってきた筋金入り、高校在学中に中国にホームステイしたころから雄大なその魅力に憑りつかれ、いまや晩酌と歴史をこよなく愛する立派な「中年歴男」に。
戦国・幕末はじめ三国志はもちろん、最近では韓流歴史ドラマにドはまり中、朝鮮王朝ロマンに浸りながら嫁タヌキの作るおつまみをつまむのが人生最高の喜び。

好きな歴史人物:

徳川慶喜、上杉鷹山、程昱、荀攸など、どっちかと言うと脇役好き。

何か一言:

歴史はそのまま政治・経済学であり、そして何より人生を豊かにしてくれる「哲学」と考えています。

関連記事

  1. 曹丕と曹操 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  2. 劉備 結婚 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  3. 五虎大将軍の趙雲 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  4. 亡くなる袁紹 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」
  5. 陳登と劉備 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソード…
  6. 袁紹にお茶を渡す顔良 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる…
  7. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話
  8. スピリチュアルにハマる光武帝 なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 陸抗
  3. シリア 関羽
  4. 劉備と張松(ちょうしょう)
  5. キングダム53巻
  6. キングダム53巻
  7. 袁家をイジメる董卓

おすすめ記事

  1. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】
  2. 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪! 孔明による出師の表
  3. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将 曹休
  4. 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考) 丁奉(ていほう)
  5. 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5 旅 バイク
  6. 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣 陸遜

三國志雑学

  1. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
  2. ボロボロになった馬超
  3. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明治天皇
  2. 周瑜 美男子
  3. 三国志ライター よかミカンさん
  4. 劉備と郭嘉
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. キングダム52巻
  7. 上杉謙信

おすすめ記事

ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた! 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 水魚の交わり 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】 袁術 第12話:袁術くん「傾聴」を孫堅から学ぶ kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2 完顔阿骨打(太祖) 契丹と日本の関係性は?未知の契丹語に挑んだ日本人研究者も紹介 LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP