陳宮は呂布が大嫌いで殺害を企んでいた!本当は呂布を裏切るつもりでいた陳宮

2019年5月2日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陳宮

 

呂布(りょふ)参謀(さんぼう)として活躍した陳宮(ちんきゅう)蒼天航路(そうてんこうろ)の陳宮は呂布との絆の強さを感じさせる描き方がされています。

 

曹操に捕らわれる高順、呂布、陳宮

 

また陳宮は呂布の参謀として曹操(そうそう)軍と戦いますが、下邳城(かひじょう)での籠城戦(ろうじょうせん)で敗北し、曹操(そうそう)軍に捕虜として捕まってしまい、処刑されなくなってしまいます。

 

曹操から水攻めを受ける呂布

 

このように陳宮(ちんきゅう)は最後の最後まで呂布に忠義を尽くしているように見えます。しかし陳宮は呂布を一回裏切ろうとしていたのです。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



陳宮が裏切ろうとしたのはいつ頃?

騙し合う呂布と袁術

 

陳宮は呂布をいつ頃裏切ろうとしていたのでしょうか。それは劉備(りゅうび)袁術(えんじゅつ)と戦っている隙に呂布が徐州(じょしゅう)を奪った時です。

 

張飛にお酒はだめだよ

 

陳宮は呂布が劉備の居城・下邳城(かひじょう)を守っていた張飛(ちょうひ)曹豹(そうひょう
)
を撃破した後、呂布を裏切る計画を実行するのです。

 

 

 



陳宮は呂布を裏切る

郝萌(かくぼう)

 

陳宮は呂布が劉備の下邳城(かひじょう)を奪い取ることに成功すると、呂布軍の将軍である郝萌(かくぼう)へ「手を組んで呂布を殺害しないか」と提案。郝萌(かくぼう)は陳宮の計画に賛成し、呂布のいる下邳城の政庁(せいちょう)を攻撃。

 

反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性

 

郝萌率いる軍勢は呂布のいる政庁へ攻撃を仕掛けますが、呂布の親衛隊が守る門を破壊することができずに手こずってしまいます。

 

高順が呂布に疎んじられた理由

 

呂布は反乱がおきた事をすると奥さんを連れて政庁を脱出し、呂布軍の将軍・高順(こうじゅん)の陣営へ逃げこみます。呂布は高順へ「誰かが裏切って私を攻撃してきた」と激怒。

 

高順が呂布に疎んじられた理由

 

高順(こうじゅん)は冷静に「将軍は反乱を起こした兵たちに気が付くことがありませんでしたか。」と呂布へ聞き込み調査を行います。

すると呂布は「反乱兵達には河内のなまりがあった」と高順へ話します。高順は呂布の話を聞いてすぐに兵士を郝萌(かくぼう)の陣営へ出陣。

 

郝萌(かくぼう)と曹性をボコボコにする高順

 

郝萌は高順軍の攻撃を受けて壊滅し、高順によって殺害されてしまうのでした。こうして陳宮が計画した反乱はあっけなく幕を閉じてしまうのでした。

しかし陳宮は呂布に反乱を起こした後、一体どうするつもりだったのでしょうか。

 

呂布対項羽

 

 

呂布殺害後どうするつもりだったの?

はてなマークな劉備と袁術

 

陳宮は呂布に反乱を起こした後、一体どうするつもりだったのか。ここでは陳宮の反乱を起したあと、どうするつもりだったのか紹介したいと思います。

 

袁術に助けを求める呂布

 

陳宮は呂布に反乱を起こす前、淮南(わいなん)地方一帯に勢力を持っていた袁術と手を結んでいたそうです。ここまでは正史三国志(せいしさんごくし)に記載されていることですが、その後陳宮がどのようにするつもりだったのか記載されていません。

 

三国志ライター黒田レン

 

そのためここからはレンの推測になります。陳宮は郝萌が呂布を討ち取った後、袁術の軍勢を引き入れて、反乱を起こした陳宮に反対する勢力を全て駆逐するつもりだったのではないでしょうか。

 

メタ認知について学ぶ袁術

 

陳宮は自分に反対する勢力を全て駆逐したあと、徐州(じょしゅう)を袁術に任せるつもりだったのかもしれません。もしくは小沛(しょうはい)に残っている劉備を向かい入れて、再び劉備を徐州(じょしゅう)の主とするつもりだったのかもしれません。

 

しかしここで最大の疑問が残りますね。それは陳宮がどうして呂布へ反乱を起こしたのかという事です。

 

 

陳宮が反乱を起こした理由とは?

成廉、魏越、呂布

 

陳宮はどうして呂布に反乱を起こしたのでしょうか。それは陳宮が提案した戦術や策謀(さくぼう)を呂布が一回も採用しなかったからです。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

正史三国志の呂布伝の中にある陳宮に関する記述があります。

 

董承と曹操

 

それによりますと陳宮は元々曹操の配下でしたが、曹操に疑念を抱いたため、曹操の親友・張邈(ちょうばく)を動かして、曹操の領土であった兗州(えんしゅう)へ呂布を招き入れ、曹操に反旗を翻したそうです。

 

呂布と袁術

 

陳宮は曹操の領土である兗州のほとんどを呂布の領土にすることに成功しますが、肝心の呂布が陳宮の提案する戦術に従う事をしなかったそうです。その後も呂布は陳宮が提案する作戦に一切耳を貸さなかったそうです。

 

怒る陳宮

 

陳宮は呂布のために一生懸命献策しているのに呂布が自分の提案した献策を採用しないことに激怒し、反乱を起こすことになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

陳宮は呂布を裏切ろうとして作戦を立てますが、失敗に終わってしまいます。

 

成廉、魏越、呂布

 

その後陳宮は郝萌の配下・曹性(そうせい)が呂布の配下達が居並ぶ前で、「陳宮と郝萌、袁術が手を組んで反乱を起こしたのです」と呂布へ伝えます。呂布は激怒しますが、陳宮を許して今まで通りそばに置いていたそうです。呂布の優しい一面が垣間見えます。

 

しかし呂布はその後も陳宮が提案した作戦を取り上げる事なく、滅亡を迎えることになるのです。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

関連記事:どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

 

呂布

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-陳宮
-,