呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件!

実は頭がイイ賢い張飛




横浜関帝廟

 

日本各地の中華街に行くと、関帝廟(かんていびょう)というものがあります。中国の民間伝承の中では、いつしか、関羽(かんう)は神様として祀られることになったのですね。

 

横浜関帝廟

 

日本にも歴史上の偉人を神社に祀る習慣はあるので、関羽が信仰の対象になっていること自体は、日本人にとってもそんなに違和感のない光景ではないでしょうか?

 

関帝廟 関羽

 

「そりゃ、高潔な英雄である関羽は慕われているから、神様にもなろうさ。がさつ者の張飛(ちょうひ)とは違うよね」などと思った方がいるかもしれません。

ところが、中国民間伝承では、張飛もちゃんと「神」になっているのです!

 

自称・皇帝
当記事は、
張飛 すごい」
「張飛 神格化」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?

関連記事:関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

 

 

京劇の「張飛」の仮面が示す意味:関羽が神ならとうぜん張飛も神!

京劇の格好をした関羽

 

このお話は、『三国志演義の世界』(金文京著/東方書店)という書籍を参考に調べたこととなります。この本によると、中国の大衆芸能である京劇(きょうげき)の世界では、関羽の役者が被る仮面は赤く塗られ、張飛の仮面は黒になっています。

 

また民間伝説をもとにした芝居でのクマドリも、関羽が赤で、対となる張飛は黒と決まっています。この「赤い顔」「黒い顔」というのは、ともに人外の存在であることを示しています。

 

張飛の虎髭

 

つまり「関羽」が神であるという解釈とセットで、張飛も神なのです!中国民間伝承では、関羽はもともと天界にいた神の一人で、それが人間界に転生してきたもの、と説明されています。

 

当然、張飛も同じことで、もともとは天界にいたものが地上に降りてきた、と解釈されるわけです。

 

 

そのわりに関羽ほどには神々しくない張飛

張飛

 

概要は、以上の通りなのですが、「そのわりには、関帝廟というのはたくさんあるが、張飛の廟なんて見たことがないぞ?」と思われるかもしれません。

これはもう、役割分担の違い、としか言いようがない話です。

 

劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟

 

「関羽がひたすら凄い能力を持つ神」として大活躍をすればするほど、隣にいる張飛自身はあまり偉そうにせず、「そんな凄い関羽と人間の間を取り持つ」役回りに位置してしまうからですね。

 

西遊記

 

西遊記(さいゆうき)』で、孫悟空(そんごくう)があまりにも強すぎるため、猪八戒(ちょはっかい
)
が(彼も相当に強いのですが)ドジ担当で、人間に愛嬌を感じさせる役回りを演じているのと、同じことかもしれません。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

関羽と張飛がセットで現れたとしても、「同じ神様でも、何か奇跡を起こしてほしい時にお願いするのは関羽だが、日ごろの悩みを聞いてもらう程度なら、張飛のほうが話しやすい」というポジションわけです。凄すぎる神様と、愛嬌のある神様とのコンビというのは、他の国の神話や伝説でもよく見られるパターンですよね。

 

実は頭がイイ賢い張飛

 

張飛はこれにハマったわけで、だからあんまり「神様らしく」していない。そのせいで、日本にも「神設定」は伝わってこない。

 

でも、どちらかといえばトラブルメーカーとして振る舞いつつも、張飛は中国民間伝説内では神解釈、「人間界の外からやってきた」設定では関羽と同格に扱われることがあるのです。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 

そのせいかも!?演義における張飛がもはや超人扱いな理由

張飛

 

それを反映してか、『三国志演義』では、張飛の強さはことさら超人的に強調されています。

 

・基本的に一騎打ち名人ポジション。三国志に登場する「一騎打ち名人」たちとはだいたい一回はやりあっているイメージがある

曹操軍から脱出してきた関羽に襲いかかったことを含めれば、関羽とも一騎打ちをやったことになる!

・そのとき、関羽が本気ではなかったのかもしれないが、どうやら関羽を圧倒していた

・関羽自身も、曹操(そうそう)と話をしているとき、「私の仲間に張飛というものがいて、一騎打ちに関しては、あれに比べれば私などはまだまだ」という発言をしている

・この発言をきいて死者の国では顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう
)
が泣いていた(※関羽に一撃必殺された方々)

・なにせ曹操軍きっての軍師の一人、程昱(ていいく)が「張飛一人で兵士一万人とカウントしましょう(=やつには手を出さないようにしましょう)」という意味の発言をしている

・実際、長坂の戦い(ちょうはんのたたかい)では、張飛一人の剣幕で曹操軍がしばらく進軍を止めていたから、「一万人くらいの部隊が立ちふさがっているのと同じインパクトがある」はけっして程昱の誇張ではなく、冷静な分析の結果かもしれない

 

 

まとめ:関羽と張飛が並んで祭られている廟があるならお参りしたい!

長坂の戦い 張飛

 

一人突っ立っているだけでも戦場の形成を変えることができるって、もはや超人的ですね。ともあれ、これは『三国志演義(さんごくしえんぎ)』での描写なので、かなり物語としての脚色があることは確か。

 

張飛の男気人生

 

「張飛はとにかく無敵状態にしていないと読者たちの気が済まない」というプレッシャーを演義の著者に与えていたのが、何百年にもわたって中国民間伝承の中で培われた「イメージ」だったのだとすると、張飛の「神設定」、彼のキャラクター造形にはちゃんと生きていて、日本にも伝わっているといえるのではないでしょうか?

 

それに「関羽・張飛」がセットで神様というのは、二人がよいところ悪いところを補い合っていると考えると、関羽単体でいるよりも神様としてのご利益は上がるのではないか、とも考えてしまいます。

 

三国志ライターYASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO 孫悟空 f

 

関羽廟、というのはあくまでも中国の信仰ですが、「関羽・張飛セットの廟」みたいなものがもしあれば、これは日本人にも人気の出るスポットになるのではないでしょうか?

 

この二人が並んで神様になっている場所というならば、「友情」という面でご利益がたっぷりありそうですから!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較してみた

関連記事:張飛の酒乱を検証!アルコール依存症の張飛の酒の失敗と成功

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

【動画】張飛は繊細で優しい人だった理由


 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 朝まで三国志 劉備 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  2. 関羽 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?
  3. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  4. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義
  5. 呂蒙が病気になり心配する孫権 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  6. 袁尚と対立する袁譚 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  7. 曹操の頭痛の原因は関羽? 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹…
  8. 関羽 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉禅と董允
  2. 孔明 vs 司馬懿
  3. 趙雲 三尖刀
  4. 劉表に反旗を翻する張羨
  5. 典韋にボコボコにされる成廉
  6. 関帝廟 関羽
  7. 劉備と孫権
  8. 赤兎馬

おすすめ記事

  1. 全28代!漢王朝の系図をあっさり紹介するよ! 献帝
  2. 漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー 司馬懿
  3. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい) 悪来と呼ばれた典韋
  4. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの? 黄忠の様子を見に行く趙雲
  5. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの? キングダム 始皇帝
  6. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた 王平は四龍将

三國志雑学

  1. 馬岱
  2. 大喬・小喬侍らし酒を飲みたい曹操
  3. 曹丕


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志 象兵
  2. 畠山義就
  3. 黒船(ミシシッピ号)
  4. 蜀の姜維
  5. 劉邦と項羽

おすすめ記事

馬謖の陣形に笑う張コウ 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!? 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6 庶民、村人の家 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」 裏切りは許さぬ 曹操 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」 木戸松子 木戸松子とはどんな人?桂小五郎の妻は美人だった? キングダム52巻 キングダム582話ネタバレ予想vol3王翦はまだ動かない!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP