ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

匡亭の戦いから転落した袁術、彼はどうして皇帝を名乗ってしまったの?

袁術


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

美化された袁紹に羨む袁術

 

袁術(えんじゅつ)袁紹(えんしょう)の従兄、もしくは異母兄に当たる人物ですが、皆さんはどんな人物のイメージでしょうか。

 

袁術

 

もしかしたら「いきなり皇帝名乗って曹操(そうそう)袁紹にフルボッコされて負けた人」なんて思っていませんか?

 

袁術

 

悲しいことにそれは全部正しいのですが、そもそも彼はどうしていきなり皇帝を名乗ったのか。

匡亭の戦いでの敗北と共に、もう一度袁術という人物を振り返ってみたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
袁術 皇帝」
「匡亭の戦い 袁術」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?

関連記事:呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?


 

匡亭の戦いが始まるまでの袁術

袁術

 

匡亭の戦いの前までの袁術は、実はかなり力があった存在です。

 

袁術

 

公孫サン(こうそんさん)孫堅(そんけん)陶謙(とうけん)などの実力者たちを従えていたので袁家、というと袁紹よりも立場が上にありました。

 

袁紹と献帝と董卓

 

対する袁紹と言えばこの頃、董卓(とうたく)との戦いで弱っており、同盟者と言えばまだまだ無名な曹操

圧倒的な力の差を見せつける戦いになるはずだった、それが匡亭の戦いです。

 

袁術

 

しかしご存知の方も多いと思いますが、この戦いで袁術はボロボロに負けます。

 

亡くなる孫堅

 

孫堅は戦死、公孫サンも袁紹に完膚なきまでにボロ負けし、残った陶謙だけでどうなるはずもなく、しかも陶謙はその後曹操に…袁術自身も補給路を断たれて曹操にボロボロにされてしまいました。それはもう見事な連戦連敗です。

 

袁術

 

しかし袁術という人物に止めを刺したのはこの連戦連敗ではありません。この後に起こる、というよりも起こしてしまうある出来事です。

 


 

袁術、なぜかいきなり皇帝を名乗る

演説をする袁術

 

197年の正月に袁術は自らを中国神話の舜の血筋を引くと「自称して」仲王朝(ちゅうおうちょう)を起こし、寿春(じゅしゅん)を都と定めました。ですがこんなことが認められる訳がありません。

 

玉璽に興奮する袁術

 

皇帝というのは言ってみれば天命が決めるものです。ちょっと分かりにくいですが「徳」が重要になります。皇帝に徳があるから世の中が正しく回り、皆元気に安心して暮らせるのです。

 

疫病が蔓延している村と民人

 

逆に皇帝に徳が足りないと世の中が乱れます、天変地異も全部皇帝に徳が無いから起こります。もちろんそんなことはありませんが、当時の中国ではそう考えられていました。

 

皇帝に就任した曹丕

 

後に曹操の子の曹丕(そうひ)が皇帝になりますが、これは曹操が丞相として如何に民衆に「徳」があると認められるまでに貢献していたからこそ禅譲ができたのです。つまり血筋によっても徳は受け継がれ、皇帝も受け継がれるのです。

 

袁術と王允

 

この時、袁術はそこまで国に対して貢献していません。しかも皇帝の血筋の人物は曹操がしっかり保護しているので、袁術は猛反発と顰蹙をかってしまいました。

 

イケメン孫策と袁術

 

何せ可愛がられた恩義から裏切ることを躊躇していた孫策が、袁術から離反してしまったくらいですから、相当なものです。


 

どうして袁術は皇帝を名乗ってしまったのか?

袁術

 

ではどうして袁術は皇帝を名乗ってしまったのでしょうか。

 

袁術と献帝

 

実は元々袁術は献帝(けんてい)を迎えいれて保護するつもりでした。そのため袁術は献帝の代理人として既に味方や部下に爵位(しゃくい
)
を与えていたのです。

 

献帝を保護する曹操

 

しかしその献帝は曹操に保護されてしまいました。

 

袁術

 

ここからはあくまで推測になります。献帝がいないのなら袁術の与えた爵位は無意味になります。

 

袁術

 

悪意を持ってみれば言い出したから引っ込み難くなって自ら皇帝を自称した。

好意を持ってみれば自分に着いてきてくれた人たちに何とかして報いるために皇帝を自称した。

 

どちらとも考えられる結論だと思いませんか?

 

魯粛、周瑜、袁術

 

しかし「袁術はそんなにできた奴じゃない!」と思われる人もいると思いますので、最後にちょっと袁術の見方の変わるエピソードも紹介しましょう。


  

 

袁術を見直してみよう?エピソード

袁術

 

陸績(りくせき)という子供がいました。彼は()陸遜(りくそん)の同族で、まだ袁術が生きていた頃にはその配下にいたようです。

 

袁術

 

この時、何の縁かは分かりませんが、彼は袁術の食事に招かれて出された蜜柑(みかん)を隠し持って帰ろうとしました。しかし退出しようとした時に袖から蜜柑が零れ落ちてしまいます。

 

袁術02 喜

 

しかし袁術は怒らずに「お前はまだ幼いのにどうしてそんな盗人のような真似をするんだい?」と尋ねると「美味しそうな蜜柑だったので母に食べさせたかったのです」と陸績は答えました。それを聞いた袁術は陸績の親孝行を絶賛したと言います。

 

袁術

 

いかがでしょうか。

 

袁術

 

このエピソードを見ると袁術という人間は傍若無人な人物には見えませんよね。むしろ子供のやったことを頭ごなしに咎めるのではなくまず諭し、理由を聞く真っ当な人間に見えます。ちょっと袁術のイメージが変わっては来ませんか?

 

三国志ライター センの独り言

三国志ライター セン f

 

袁術はどうしても過小評価されているというか、戦った相手が袁紹や曹操という覇者と戦った人物であるが故に、比較されているように見受けられます。

 

袁術

 

しかし小さなエピソードから、袁術の別の見方もまた、できるのではないでしょうか?

その上でもう一度袁術が皇帝を名乗った理由を推測すると…不思議と何故か、憎めないような人間に感じられるからおもしろいですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音とは?

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  2. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  3. 楊奉 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  4. 魏王の曹操 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じ…
  5. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…
  6. 土いじりをする劉備 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け!…
  7. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  8. 呉蜀赤壁の戦い 陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹宇
  2. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  3. 曹操に仕えることを検討する荀彧
  4. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  5. 蒼天航路
  6. 前方後円墳(古墳)

おすすめ記事

  1. 【キングダム562話】壁ブネンと激突!「恐将」ネタバレ&レビュー
  2. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 読書する劉備
  3. 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行 袁家をイジメる董卓
  4. もし曹操が劉備と入れ替わったらどうなる?【三国志もしもシリーズ】
  5. 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才
  6. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?

三國志雑学

  1. 劉禅
  2. 二刀流の劉備
  3. 羅貫中と関羽
  4. 北伐を結構する孔明
  5. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川慶喜(幕末)
  2. 目玉が飛び出て亡くなる司馬師
  3. 茶を飲む張角(太平道)
  4. 陸遜
  5. 皇帝に就任した曹丕
  6. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二 劉表死す 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 蜀の馬超 「西涼の錦馬超」・・・彼はどこまで「西涼の」馬超だったのか? 呂布VS劉備三兄弟 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 西郷どんが坂本龍馬を殺したって本当? 噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー 法正と劉備 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、どういう意味?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP