ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

虎形棺座とは何で作られたの?上坊1号墓から出土した虎形棺座を解説

虎形棺座


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

虎形棺座

 

虎形棺座(とらがたかんざ)。まず日本人でスラスラ読める人は少ないでしょう。用途は(かん)の台座です。その棺が()の栄えていた南京(なんきん)の墓から発掘されました。

棺の形から墓の主の真相まで分かりやすく解説していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
虎形棺座 理由」
「上坊1号墓 出土」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:朱然の墓にはお宝がざっくざく!?朱然の墓には何が入っていたの?

関連記事:董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行

 


 

虎形棺座はなぜ虎の形をしているのか?

呉の孫権は皇帝

 

江東の虎(こうとうのとら)」とは呉の孫権(そんけん)の威名。虎は古来より中国における強さのシンボルだったのです。

 

虎士(黒豹)

 

また、「前門に虎を防ぎ、後門に狼を進む」とは趙弼(ちょうひつ)の『評史』にある言葉。中国で虎が生息しているため、一般の人々にも身近な存在だったのです。

 

皇帝になることを決意する孫権

 

その一方で皇帝が身に付ける正装には「龍」の図案。形の上では後漢の皇帝が存在していたため、呉の親玉でも龍を使うことは憚られたのです。

 

鳳凰

 

そうなると残りは虎、鳳凰、麒麟などです。フィクション性の高い鳳凰などよりは身近な虎の方が武将として威厳を保てたのかもしれません。そして台座の模様も虎が選ばれました。

 


 

道路工事中に見つかった上坊1号墓

 

南京に「南京江寧科学園」という学校があります。緑豊かで敷地は広く、そこに道路が通っていたのです。人や自動車が構内を行き交うのが日常茶飯事の中国の大学。そこでは道路工事が行われていました。授業がある日も普通に工事が行われるのが中国。

 

すると大型の室内型墳墓が見つかったのです。あまりの大きさに工事関係者も目を瞠ったことでしょう。全長は20.16メートル、幅は10.71メートルもありました。

 

朱然

 

参考までに湖北(こほく)の孫将軍の墓の長さが9.03メートル、朱然(しゅぜん
)
の墓の長さが8.7メートルです。偉大な発見であることは間違いありません。まもなく地元では「南京市文物局(遺跡などを扱う)」と「南京市江寧区文化局」の二つが組織されました。

 

この発見は中国の考古学会を揺るがす発見となり、調査は8カ月にも及びました。発掘を進めるうちに中国でも最大級の墓であることが分かり、墓の主だけが判明しませんでした。

 

しかしながら、三国時代の呉の墓でも最大規模であるため、国家クラスの保護対象に格上げされました。

その墓の一部から「虎形棺座」は出土したのです


 

誰の棺が置いてあったのか?

戦死 霊柩車 槥

 

棺を置く台座ですから、上には誰かの亡骸が乗っていたはずです。

 

解煩督 呉

 

呉でも最大の墓。皇族の誰かの墓であることは確かでした。

 

虎形棺座は孫皓

孫晧(孫皓)

 

まずは「孫皓(そんこう)説」を解説。実は墓の両脇から「孫」と「皓」の二つの文字が刻まれていました。左右に一つずつという形です。

 

建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓

 

可能性としては孫皓説が最も高く、孫権の孫にあたる孫皓の墓ではないかと言われています。孫皓は呉のラストエンペラーで派手なものが好きでした。

 

孫皓と張俊

 

そのため、墓をいくつも建造していたのです。孫皓が皇帝としての地位にあった期間から算出しても整合性が取れていました。

 

始皇帝

 

しかし、反論もあります。(しん)の時代から(みん)(しん)に至るまで皇帝は即位すると同時に自分の墓を作り始める習慣がありました。孫皓が皇帝だった頃、(しん)武帝(ぶてい)は滅び、洛陽(らくよう)も陥落していました。そして上坊の墓に孫皓が埋葬されることもなかったです。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

さらに歴史書を見ても孫皓の記載はありません。西暦500年ころまでの墓の風習で、墓の片側に辞世の句などを記し、もう片方に墓の主に関連すること、つまり生前の名前や異名などを記していました。よって、偶然、辞世の句の中に「孫」または「皓」の字が入っていたとする主張です。


  

 

虎形棺座は孫峻説

諸葛恪と孫峻

 

次に大臣の「孫峻(そんしゅん
)
説」です。さきほど孫皓説を述べましたが、孫皓は洛陽の邙山(ぼうざん)に埋葬されました。

 

孫堅

 

同様にに孫堅(そんけん)丹陽(たんよう)孫権(そんけん)とその皇太子・孫登(そんとう)は南京の鐘山、孫亮(そんりょう)は丹陽、孫休は安徽省の馬鞍山、孫和烏程県(うていけん)と皇帝クラスの陵墓は正確な埋葬場所がわかっているのです。そうなると皇族に近く、権力を握った大臣の「孫峻」ではないかという説も可能性として捨てきれません。

 

まさに孫一族のミステリーです。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

 

発掘と推測による歴史のアドベンチャーは楽しいものです。

 

虎形棺座

 

数ある資料を調査、分類し、各々が想像力を膨らました説というのは説得力があります。これを機に読者のみなさんも「虎形棺座の主」を研究してみてはいかがでしょうか。夏休みの自由研究や大学の卒論にもいいかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹休の墓はどうやって発見されたの?DNA鑑定が出来なかった理由は?

関連記事:劉備の墓は三国時代どこにあったの?またいつ亡くなったの?

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 

上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  2. 関羽が殺されキレる劉備 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  3. 虎豹騎を率いる曹休 曹休が虎豹騎と呼ばれる最強部隊を率いていた?どんな部隊なの?
  4. 陳寿(晋) 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  5. 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復…
  6. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  7. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  8. 王昭儀 王昭儀、曹操に愛され曹丕に大事にされた世渡り上手な女性

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩
  2. 孔明 東南の風
  3. 陸遜
  4. キングダム54巻amazon
  5. キングダム 戦国七雄地図
  6. 文帝(前漢)
  7. 袁術

おすすめ記事

  1. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  2. プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由 黒船(ミシシッピ号)
  3. 戦国策【西周】強国の利害を利用して競わせるの巻 鼎(かなえ)
  4. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  5. 【教えて古墳時代!】庶民の暮らしや住居、税について徹底解説 前方後円墳(古墳)
  6. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編 孔明

三國志雑学

  1. 朱然
  2. 曹植
  3. 郭嘉 vs 法正
  4. 車に乗る諸葛亮
  5. 茶を飲む張角(太平道)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽と関索
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 徐庶の初陣
  4. 宣教師 ルイスフロイス
  5. 篤姫

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 保護中: てすと環境 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 船酔いする曹操 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化 馬岱 都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!? 篤姫 篤姫が日本で初めてミシンを使った?ミシンが日本に導入された経緯 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに曹休を追加しました 陸遜と孫権 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP