ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【赤壁の戦いの結末】劉備・曹操・孫権はどんな事があったの?

黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ


曹操

 

建安13年(208年)に曹操(そうそう)荊州(けいしゅう)を平定すると、すぐに()(222年~280年)の孫権(そんけん)と決着をつけるために南下しました。

 

魏曹操と魏軍と呉軍

 

しかし、孫権劉備(りゅうび)と連合して曹操を大破しました。有名な「赤壁の戦い」です。この赤壁の戦いの結末は複数ありますが、今回は有名な火責め作戦の話を筆者は採用します。さて、この戦で劉備曹操孫権の3人はその後どうなっていくのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
赤壁の戦い 結末」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら?

関連記事:赤壁の戦いの時の風土病は乱世では当たり前だった?

 


 

黄蓋の火責め作戦

むち打ちで裁かれる黄蓋

 

呉の将軍の黄蓋(こうがい)が虚偽の降伏文書を曹操に渡して曹操を信用させます。

 

奮闘する黄蓋

 

準備を整えた黄蓋は降伏すると偽って、大量の油を積んだ船で曹操の船に突っ込んでいきます。突っ込まれた曹操は、さあ大変。急いで逃げ帰ります。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

これは一般的に知られている内容であり、小説『三国志演義(さんごくしえんぎ)』でも取り入れています。

 

黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ

 

ちなみに、突っ込んだ黄蓋は長江に落ち込んでケガをするのですが運んだ兵が、黄蓋と気付かずに便所に転がしておいたようです。

 

韓当(かんとう)

 

黄蓋が可哀そうです。不幸中の幸いにも同期の韓当(かんとう)が通りかかったので、助けられたようです。

 


 

曹操 負けてもプラス思考

蜀の劉備

 

負けた曹操は船を劉備にも焼かれてしまいました。仕方なく敗残兵を率いて華容道を通っていきました。ところが、道は泥でぬかるんでおり風は強い。曹操は弱った兵に草を持たせて、ぬかるんだ道を舗装させた。鬼だ、悪魔だ、ブラック企業だ、法的措置を・・・・・・と言いたいところですが、時代が時代ですので言えません。

 

結局、弱い兵は馬に踏みつぶされて死にました。どうやら、この逃避行で莫大な死者を出したようです。曹操はどうにか逃げ帰ってこう言いました。(翻訳は現代の人に分かりやすくしています)

 

曹操VS孫権 R2

 

「劉備は私と同レベルなんだけど、ただ、計略を考え付くのが遅いよね。先に私の行く所に火でも放てば全滅だったのに」

 

負けてもプラス思考な曹操でした。


 

劉備と孫権 荊州借用問題の始まり

曹仁

 

孫権は赤壁の翌年の建安14年(209年)に、南郡にいる曹仁(そうじん)を破りました。ここから劉備と孫権の間で、ある問題が発生します。

 

「荊州借用問題」です。荊州は戦略上、重要な土地です。曹仁を破った同年に劉備は勝手に兵を動かして、荊州の西部・南部に当たる武陵郡・零陵郡・桂陽・長沙郡をとりました。ただし、長沙郡を除いた3つは重要ではありません。

 

周瑜

 

問題は勝手に兵を動かしてとった事です。周瑜(しゅうゆ)はこの機会に、劉備を拘束するべきと主張しました。一方、魯粛はその意見に反対して劉備を曹操に対しての牽制として用意するべきと主張しました。

 

魯粛と周瑜

 

間もなく、建安15年(210年)には周瑜が亡くなって呉軍の全権が魯粛が握ったので、荊州問題は魯粛が担当しました。つまり、魯粛の主張が入れられたのです。

 

魯粛、周瑜、劉備

 

こうして、劉備に荊州の領土の一部を貸すことが決定しました。これが有名な「荊州借用問題」です。孫権の言い分では「貸した」というだけです。

 

劉備と孫権

 

ただし、劉備の言い分では「もらった」と思っています。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

この問題は関羽(かんう)を討つ建安24年(219年)まで続くことになります。


  

 

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が赤壁の戦いの結末から、劉備・曹操・孫権の3人がどうなっていくのか記事にしました。なお、これはずっと後の話ですが、孫権は陸遜(りくそん)と昔の将軍たちについて話をしました。

 

呂蒙

 

具体的には周瑜・魯粛・呂蒙(りょもう)です。

 

この時に孫権は「荊州を貸したのは魯粛のミスだったな・・・・・・」と言いました。やっぱり、孫権の気持ちとしては周瑜の意見を採用したかったのでしょう。だから、呂蒙関羽を討つ時にあっさりとOKにしたのでしょうね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延を考察!もしも劉備が赤壁の戦いで負けていたらどうなっていた?

関連記事:曹休が赤壁の戦いに参加していたら曹操は天下統一できた?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 殺害される姜維と鍾会 鍾会の最期につながった「姜維とつるんでの突然の反乱」にはど…
  2. 魯粛と周瑜 魯粛の知力はこんなにスゴイ!実は雑魚じゃない呉の外交官・魯粛
  3. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  4. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  5. 孔明 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  6. 陳羣 九品官人法の書物 四友筆頭の司馬懿と二番手・陳羣はどんな活躍をしたの?
  7. 孟達を討伐する司馬懿 孟達の死因は司馬懿を甘く見たからだった!その理由を考察
  8. 蒋琬の政策の成功は姜維がキーマンだった!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹植
  2. 甄氏(しんし)
  3. 曹嵩
  4. 貂蝉を奪い合う曹操と関羽
  5. 関羽
  6. おんな城主 直虎

おすすめ記事

  1. 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実 木戸孝允
  2. 実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった? 馬超の兜にフォーカス
  3. 衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』 司馬懿と魏延
  4. 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介
  5. 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム?
  6. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)

三國志雑学

  1. 孫権
  2. 胡亥
  3. そろばんを叩く関羽
  4. 孫尚香


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と魏延
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 袁術を励ます魯粛
  4. 曹丕と曹植
  5. 袁術

おすすめ記事

曹植 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 本多忠勝 本多忠勝の身長はどれくらい?愛用の蜻蛉切や黒糸威胴丸具足から身長推測 なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 茶を飲む張角(太平道) 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命 韓信 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇 曹休 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将 カエサルの生涯が凄すぎる!古代ローマ版曹操【ドラゴンブレイド番外】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP