ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

はじめての変

【イフ三国志】もしも袁紹と曹操の境遇が入れ替わっていたら?曹操にとってイージーモードだったのか?

曹操にコテンパにされる袁紹


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁紹と曹操

 

三国志序盤のライバル同士である、袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)。性格的にも出自についても、いろいろと違いの際立つ二人ですが、もしこの二人の境遇が逆だったら、いったいどういうことになっていたでしょうか?

 

袁紹と曹操

 

陳寿による『正史三国志』の展開を参考に、イフ展開を考えてみましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
袁紹 if三国志
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹の勢力拡大ペースがなかなかすごい件!もう少しで『四国志』になっていた?

関連記事:もしも公孫瓚と袁紹が協力して曹操に挑んだら勝てるか?【if三国志】

 

 

もし曹操袁紹の立場からキャリアをスタートさせていたら?

後継者を決めずにダラダラする袁紹

 

まずは『正史三国志』の「袁紹伝」から、史実の袁紹の出自を整理してみましょう。

 

・袁紹の一族は、代々、漢王朝の名門であった

・袁一族は天下に大きな影響力をもっていた

・その袁紹のところには大勢の人が身を寄せていた

洛陽(らくよう)に出てからは、時の権力の中心人物である何進(かしん)将軍に重用されていた

 

曹操

 

さて、この立場に曹操が生まれていたら、どういうことになっていたでしょうか?

 

洛陽城

 

それは、曹操が、いきなり名門の出身者として洛陽に登場する、ということです。各地の有力者たちや、志の高い若者たちが何もしなくても集まってきてくれる上に、何進将軍の右腕としていきなり権力の中枢に関われる立場からのキャリアスタートです、いいことばかりです。

 

盧植と何進

 

史実では、その何進将軍はあっけなく十常侍(じゅうじょうじ
)
に暗殺され、洛陽の混乱の端緒となるのですが、もし曹操が何進の右腕だったら、そう簡単に十常侍の陰謀を許すはずもなく、三国時代の序盤の展開が大きく変わってしまったかもしれません。

 

何進に見切りをつける蒯越(カイ越)

 

もっとも曹操が有利な立場からキャリアを始めたとしても、彼ならばなんだかんだ、いったん世の中が乱れるに「まかせる」という方針を採るでしょうから、漢王朝が生き永らえた可能性はありませんが。

 

袁術君08 コンフォートゾーン」から抜け出す05 董卓

 

たとえ何進が暗殺され、董卓が出現する、という展開そのままだったとしても、その場合でも袁紹の立場と入れ替わっている曹操は、いきなり「反董卓連合軍の頭領」になれます、いいことばかりです。

 

「曹操が反董卓連合軍のリーダー」って、その時点で乱世は終わって、曹操の天下統一がほとんど完成してしまいそうなほどのインパクトですね!

 

 

いっぽう袁紹が曹操の立場からキャリアをスタートさせていたら?

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

曹操の立場になった袁紹はどうなるでしょうか?

実は、これはこれで面白い展開になりそうです。

 

宦官たち 

 

袁紹ほどではないものの、史実の曹操もそれなりの家筋の出身者。ただし宦官として名を馳せた先祖を持っていたため、しばしば「宦官の子」と罵倒され、それがコンプレックスになっていたそうです。

 

袁紹がその立場だったら、どうなるでしょうか?

 

美化された袁紹に羨む袁術

 

史実でも曹操に食い物にさえされなければ、華北を統一したり、公孫瓚を撃破したりと、それなりに有能なリーダーシップを見せていた袁紹のこと、「宦官の子」と呼ばれてもそれほど根に持たず、粛々と仕事をこなす能吏として成長したかもしれません。

 

十常侍

 

血筋はまぁまぁ。黄巾賊討伐での活躍でもまぁまぁ。十常侍の横暴より始まる洛陽の混乱に際しても、事後処理は、まぁまぁ。

そんな袁紹と曹操が洛陽で出会ったとしたら?


まとめ:ありえる展開は、曹操が君主で袁紹がサブという「ちょうど良い関係」?!

魏の曹操孟徳

 

いささか意外な結論ですが、

・名門出身で、最初から諸侯のリーダーとして輝いている曹操

・地方の出身で、こつこつとまじめに出世してきた袁紹

この二人が出会った場合、曹操が君主、袁紹はその部下に収まり、存外、生涯ぶつかることもなく、うまくいってしまうのではないでしょうか?


三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

先述した通り、この展開では、曹操の覇業はかなり早い段階で「決まり」となりそうです。そのような情勢下で、あえて袁紹が「乱世の奸雄」となって世の中を荒らし、下克上を図るかといえば、そんな行動には出そうにありません。

 

曹操

 

曹操が皇帝、袁紹はその有能な部下として、結果としては華北のそれなりの大きな土地を与えられて、安泰な生涯を送ったかもしれません。そしてこのほうが、袁紹本人としては、幸福な人生かもしれませんね。

 

曹操

 

曹操が最初から覇王の座に近く、袁紹が最初から「欲の出しようがない」サブの家柄の出であったら、こんなに三国時代も平和に済んだのだ、と想像すると、「やはり人は身の丈にあった生き方を早く見つけるのが正しいってことなのかな」と、余計なことを考えてしまいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:白馬の戦い前から分かれていた曹操と袁紹の明暗!その原因とも思える田豊と逢紀の人柄

関連記事:袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考察

 

【三国志の時代の流れを決定付けた重要な戦い】
官渡の戦い特集

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  2. 九品官人法を作った陳羣 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  3. 張飛にお酒はだめだよ 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  4. 赤兎馬と武霊王 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  5. はじめての三国志 画像準備中 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSE…
  6. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  7. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  8. 陸遜 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名

    董卓を引き入れたのは袁紹なので
    曹操がそれを止め
    三国志が始まらないのではないでしょうか?

    • 匿名

    おそらく、反乱の首謀になり討伐されてるでしょうね。曹操は華北の統一が速くなる分、徐州のゴタゴタもなく、孫策の台頭も許さず天下統一できた可能性が高いでしょうね。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 荀彧
  2. 費禕
  3. 張飛
  4. 公孫サン(公孫瓚)
  5. 蜀の皇帝に即位した劉備
  6. よかミカンさん はじめての三国志ライター
  7. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  8. 賈詡
  9. 晋陳寿は批判の的
  10. 項羽(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. 【呂布の娘】呂玲綺は貂蝉の娘なの? 呂玲綺
  2. 「漢委奴国王」と刻まれた金印ってどんなもの?教科書でもお馴染みの金印 卑弥呼
  3. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍 反董卓軍マニアック(劉備 雷銅 リョカ サマカ 周倉)
  4. 【新機種】iPhoneX/ Xperia XZ1/ XZ1 Compact対応スマホケース発売開始です! 郭嘉スマホケース
  5. 織田信長はチンギスハンのように世界の覇権を取ることができた? チンギス・ハン
  6. 【悲報】上杉謙信はアナクロ過ぎて天下が獲れなかった 上杉謙信

三國志雑学

  1. 犬猫に襲われる孔明
  2. 曹操は女性の敵なの?もじのみ
  3. 徐晃と夏侯淵
  4. 孔明 東南の風
  5. 曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽の死
  2. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  3. 斎藤道三
  4. おんな城主 直虎
  5. 君たちはどう生きるか?劉禅
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介 朝まで三国志2017-77 kawauso キングダム「李牧の本陣を乱すのは亜花錦だ」 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆 人望のある劉備 ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期 楚の旗と兵士 キングダム最新614話ネタバレ予想vol4「どうして楚は秦を滅ぼせたの?」 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!? キングダム629話ネタバレ予想「ちぐはぐ李牧ホントに鄴までたどりつく?」 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP