『三国志演義』での張飛の活躍にアカデミー賞レベルの演技あり!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張飛の虎髭

 

張飛(ちょうひ)は蜀(221年~263年)の将軍です。

 

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

 

劉備(りゅうび)の挙兵当時から従っており、小説『三国志演義』では劉備・関羽(かんう)と一緒に義兄弟の契りを交わしたことで有名でした。ところで張飛の活躍はどのようなものがあるのでしょうか?

 

正史三国志 vs 三国志演義で揉める現代人

 

今回は『三国志演義』に焦点を絞って張飛の活躍を解説しようと思います。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「張飛 活躍」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:史実の張飛はどんな人だったの?インテリ層を大切にしていた張飛

関連記事:酒癖の悪さから失敗を起こす張飛は三国志演義の創作だった?


張飛、悪徳役人をこらしめる

李典と于禁、黄巾賊

 

中平元年(184年)に起きた黄巾の乱は劉備・曹操(そうそう)孫堅(そんけん)たちの活躍もあり鎮圧に成功しました。劉備はこの時の功績により、安喜県の県尉(警察署長)に任命されます。安喜県は黄巾の乱の最前線である下曲陽に近かったので、土地も荒廃して税金も取れる保証がありません。要するに劉備は外れくじを引かされていたのです。

 

蜀の劉備

 

そんなある日のこと、都から督郵(監察官)が劉備の仕事の視察に来ました。劉備は精一杯の接待をしましたが、やはり相手は都から来た人物。

 

「この大バカ者、接待の仕方も知らないのか!」と劉備3兄弟は怒鳴られました。「接待」とは賄賂という意味です。

 

大声を出す張飛

 

劉備と関羽は我慢しても張飛は怒りが収まりません。とうとう督郵の屋敷に殴り込みをかけて、督郵を木につるして叩いて重傷を負わせます。それを見た劉備は自分の代わりに泥をかぶってくれた張飛に対して感動して、県尉を辞職しました。

 

劉備の黒歴史

 

だが、この話は史実を基にしたフィクションです。実際に督郵を叩いたのは劉備でした。以前から督郵と劉備は顔見知りであり劉備は監察に現れた督郵が、昇進の口利きをしてくれると思ったのですが、彼が何もしてくれなかったので怒って叩いたのが真相のようです。


名俳優 張飛!? 劉岱と戦う

劉備と曹操

 

建安4年(199年)に曹操の命令で袁術を討伐した劉備は、許昌に戻らずに徐州の長官である車冑(しゃちゅう
)
を殺害。さらに袁紹と手を結んで曹操と敵対する意思を示します。

 

王忠

 

怒った曹操は王忠(おうちゅう
)
劉岱(りゅうたい
)
の2人を劉備討伐に派遣しました。しかし王忠は関羽に捕縛されて敗北。

 

劉岱

 

残った劉岱は張飛と戦います。張飛が来たと聞いて劉岱はビビッてしまい自陣から出てきません。張飛は試しに挑発するも全く効果なし。どうすればよいか悩んでいると張飛はピンときました。

 

五虎大将軍の張飛

 

張飛は兵士たちに食事休憩をとらせて、自分も食事と一緒に酒を飲みます。しばらくすると、劉岱は張飛の陣から変な声を耳にしました。

 

「張飛将軍、やめてください!」

「うるせい!お前の態度が前からムカつくんだ!」

 

酒癖の悪い張飛が部下に暴力を振るっているんだろう、と劉岱は思いました。

 

戦いに敗れる劉岱

 

その夜になると、張飛に暴力を振るわれて重傷を負わされた部下が劉岱に投降してきます。本当にケガをしているか劉岱が確認すると間違いありませんでした。劉岱はその兵士から張飛が夜襲の計画を立てていることを聞き出します。

 

準備をして待ち構えた劉岱は張飛を迎え撃ちます。夜襲をかけた張飛も最初は優勢でしたが、少しずつ劉岱に押され始めます。

 

「狙うは張飛の首のみ!」と劉岱は追撃開始。だが、ある程度まで走ると突然、張飛は反転して劉岱に目掛けて突進。

 

「わわわ、張飛だ!」と思った劉岱は今度は自陣まで逃げます。ところが陣に戻ると、なんと陣は張飛軍に占拠されていました。

 

張飛

 

実は劉岱が張飛を追いかけている間に、張飛軍の別動隊が劉岱の陣を占拠していたのです。こうして逃げることも出来なくなった劉岱は張飛の手により捕縛されました。張飛は手柄については、重傷を負ってまで大芝居を打ってくれた兵士に与えました。もちろん、悪者役をした張飛も立派な名俳優です。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が『三国志演義』における張飛の活躍でした。張飛とくれば暴力・酒癖の悪さからダメで見習ってはいけない大人という印象があるかもしれません。しかし彼はそのマイナス面を利用して敵をかく乱して、手柄を立てたのです。

 

蒟蒻問答 孔明と張飛

 

『三国志演義』での張飛は諸葛亮の影響あるのか厳顔・張郃との戦いでは知略を使うタイプに変身していきます。状況に合わせて人は進化していくもの、と筆者は感じましたね。

 

※参考文献

・上谷浩一「劉備玄徳の青年時代―『三国志』研究ノート<1>―」(『東洋史訪』13 2007年)

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

記事に対して批判・異論・共感がある人はコメントを待っています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:星彩とはどんな人?張飛の娘がモチーフになった美少女?

関連記事:長坂の戦いの張飛は正史と三国志演義だと全然違う武将だった!?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

関連記事

  1. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  2. 魔王曹操
  3. 曹操は女性の敵なの?もじのみ
  4. 五虎大将軍の趙雲

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP