キングダム「王翦はどんな反撃をするのか?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

王翦

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、今スポットライトが当たっているのは、李牧(りぼく)本陣の右側で激突している龐煖(ほうけん)羌瘣(きょうかい)ですが、朱海平原では複数の場所で一騎打ちが発生しているので、同時進行で見ていかないといけません。

そこで今回は、傅抵(ふてい)と戦う事になった蒙恬(もうてん)がいかに戦うのかと、王翦(おうせん)が首尾よく田里弥(でんりみ)の軍勢に合流したら、どんな反撃が可能かを考えてみます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム621話最新ネタバレ予想「龐煖が恋のキューピッドになる?」

関連記事:キングダム最新620話ネタバレ「武神の咆哮」レビュー考察


蒙恬vs傅抵の戦いは?

馬で高速移動する王翦

 

馬南慈(ばなんじ)と傅抵の奇襲により絶体絶命に陥った王翦ですが、左翼から馬呈(ばてい)を追って、戦線を抜けてきた蒙恬が、意表をついて馬南慈に一撃を加えて右目を奪った事で何とか脱出する事に成功しました。しかし、趙の馬と秦の馬では速度に大きな差があり、必死に逃げていても傅抵の一群が王翦に追いつきそうになってしまいます。

そこで、蒙恬は戦えない王賁と総大将の王翦を救う為に馬首を巡らして傅抵との一騎打ちを決意しました。


蒙恬の覚悟

蒙恬

 

さて、蒙恬と傅抵の能力を考えてみますが、少なくとも馬南慈を相手にするよりは勝機は高いと言えると思います。蒙恬は線が細く、武の化身のような父蒙武(もうぶ)や用兵家である祖父蒙驁(もうごう)とは、似てもにつかないのですが、柔軟性(じゅうなんせい)に富んだ剣を使います。

馬南慈相手にも、その柳のような身体能力で矛の一撃を掻い潜り、馬南慈の顔面に剣の一撃を見舞ったわけですから、柔よりは剛の相手の方が隙に乗じやすいのでしょう。

聶政

 

ただ、そういう事になると、同じく華奢(きゃしゃ)な体形の傅抵とは相性が悪い事になりそうですが、幸いにして傅抵は失態を取り戻そうと頭に血が上っていて、その敏速な剣も単調になっている可能性もある事から、馬南慈の時と同じく単調な双剣の攻撃を掻い潜り、一撃を食らわせる可能性はあるのではないかと推測します。

或いは傅抵はまだ死ぬ段階にあるとも思えないので、蒙恬は機転を利かして、一騎打ちに応じるような態度を取りながら、隙を見て傅抵の馬を傷つけて倒し、追撃を不可能にしてから王翦の後を追うという事も考えられます。

矛を持った信

 

いずれにせよ、キングダム620話では李牧は信が討ち取ってくれると信じて、王翦を守るべく傅抵の前に出て来たので、それ相応の時間を稼ぐ必要はあります。ちなみに傅抵はフィクションっぽいですが実在の人物で史記に登場しますが、たった一行の記述しかなく、死んだとも何とも書いていませんので、ここで戦死するかどうかは微妙ですが、カイネもいる事ですし、ここで最期はなさそうです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


逃げた王翦は何をするのか?

王翦

 

傅抵の追撃を蒙恬が阻止したので、王翦が逃げ切る確率は99%はあると思います。それこそ、馬南慈が狂ったように猛追跡でもしない限りは大丈夫です。ただ、それはそれとして王翦は逃げ込んだ先で何をするのでしょうか?王翦は逃げている割には、戦況を冷静に観察しており、李牧の本陣により肉薄している田里弥の陣に入り込もうとしているようです。王翦は李牧の本陣が落ちるのは時間の問題と考えていて、それに対してさらにダメ押しの一撃を加えるつもりかも知れません。

亡くなる李牧

 

もっとも王翦が陣頭指揮をして李牧を討つというのは考えにくいです。そんな武勇がある人なら馬南慈に奇襲を掛けられた時にさっさと逃げたりはしないでしょう。王翦は弱くはないのでしょうが、一騎打ちには不確定要素が付きまといます。不確定要素とは、伏兵から矢を射かけられて負傷するなどしてしまえば、逆に李牧に狩られる危険を意味しています。だとすると、李牧に直接に手を下す危険は冒さないでしょう。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム52巻
  2. kawauso
  3. kawauso
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 君主論18 kawausoさん

コメント

  • コメント (7)

  • トラックバックは利用できません。

    • 通りすがりの金毛
    • 2019年 11月 06日

    李牧がいる本陣前に続々と主要キャラが集結中なのは各々の対決云々ではなく、信VSホウケンさんの最終対決のギャラリー
    としてでしょうね。
    オウセン、オウホン、モウテンなど秦軍武将等はホウケンさんの顔すら見たことないですし、ましてその実力は伝え聞きしかないのですから。
    つまり秦、趙軍の主だった将校や末端の兵士に至るまで皆が見守る中での信とホウケンさんによる一大決戦になるのでは?

    当然勝つのは信、そこへギョウ陥落の報せが李牧に届き長かった、本当に長かった戦(読んでる方が年齢を重ねるほど)は終了ではないでしょうか???

    • 去亥@故人
    • 2019年 11月 05日

    もうここまで来ると誰が誰を討つとかどーでも良くて
    如何にして読者が納得できる『王翦軍勝利』の状況を作るのか?って事ですよね
    ここで朱海平原の戦いが始まった当初から話題になってた閼与の扱いです
    王翦軍はどんなに戦況が優位でも兵站が繋がらなければ勝利は無いわけですが
    列尾を保持し兵站を繋ぎながら戦うっていう昌平君の策を王翦が捨てたと知ったときの昌平君の反応どうしても解せない
    そもそも王翦軍20万と別に閼与攻略のための軍勢を用意できるならわざわざ列尾保持の戦略をAプランとした昌平君の戦術感はおかしい
    2面攻略が軍事的に可能なら当然そちらの戦略をAプランにするのが真っ当な判断です
    だから昌平君の頭には列尾と閼与の2面攻略は最初から無かった(無理だった)と考えるべきです
    王翦の方針転換を知ってから慌てて閼与攻略の軍を仕立てるなんて普通に考えて無理です、しかも数日で
    原先生がこんな無理筋のストーリーを展開したら私は納得できませんね

    • 匿名
    • 2019年 11月 05日

    主要人物の死は史実通りにするから李牧は死刑だよ
    誰かが討ち取るとかはないしそれしたらつまらない

    • ワレブ
    • 2019年 11月 04日

    ワレブしつこ過ぎ

    • 令和の徐福
    • 2019年 11月 04日

    李牧の危機を救うべく銀髪がやって来る可能性はどうでしょうか?
    それとカワウソ様、予想を外したら素直に認めて下さいね
    (^_−)−☆

    もう重複連投はしないぞ!
    (やっとシステムを理解した)遅!

    • Ryu☆Gensoku
    • 2019年 11月 04日

    趙国の国門「列尾城(れつび)」は10万以上の大軍で封鎖されていますから、昌平君が太行山脈を越えて兵糧物資を届けに来るという予測は既に趙国の重要拠点「閼与(あつよ)」が陥落しているという前提にあるということでしょうか?

    王翦が閼与の攻略まで昌平君に依頼しているのであれば、なかなか図々しい戦略家ですね。

    • 邯鄲の夢
    • 2019年 11月 04日

    信対熊の一騎打ちはキングダムファンの最大の楽しみで原作者からしてみたら外せない内容(本作戦は全てはこの1点のためのエピローグと言っていい気がします)
    李牧戦線離脱は原作者の当初より(史実ではまだ李牧出番はなく、ホウケンも反対の燕国境付近で戦闘しながらギョウを目指すので原作者の創作の範囲内)の構想で離脱時に自軍の糧秣を焼く焦土作戦を取るかでしょうか?
    たとえ李牧が撤退しても王翦軍が補給を受けられなければいずれ王翦軍は壊滅し、他の2軍も孤立し降伏か餓死が必定。
    そうならないためには軍総司令へ依頼した内容が重要に?太原からアツヨまで180キロくらいしか離れていない点が重要か?(ただ、足の遅い荷台隊を妨害する敵から護衛して李牧へ知られぬように王翦軍へ連れくるには少数でも強力で敵国でのステルス性のある軍は?旧王騎軍しか思い浮かべません。ファルファル伝説剣登場を期待します。)
    本作戦開始当初に補給路確保をブログ主はいろいろ考察していたはず、さらりと流さず、次号までの長い中断期間を利用してじっくり秦本国からギョウまでの補給路確保を考察してほしいですね!)


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP