ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

老将黄忠の活躍に関羽も嫉妬?生涯現役を貫いた猛将を考察

黄忠


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

五虎大将軍の黄忠

 

黄忠(こうちゅう)は蜀(221年~263年)の将軍です。蜀の建国前には亡くなっているので正確には後漢(25年~220年)末期の将軍が正しいです。

 

黄忠 厳顔 張郃

 

黄忠と聞けば小説『三国志演義』で厳顔(げんがん)と老将タッグで活躍したり、魏(220年~265年)の夏侯淵(かこうえん)を討ったことで有名ですが、史実の彼はどんな人物なのでしょうか?そこで今回は正史『三国志』をもとに史実の黄忠にスポットを当てて解説しようと思います。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「黄忠 活躍」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった

関連記事:黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いてないキャラ属性の増加っぷりに嫉妬する


荊州の劉表に仕えて孫策を苦しめる

黄忠

 

黄忠は荊州南陽郡の出身ですが、生年や若い時の事績については分かりません。おそらく生まれはそんなに良くなかったと推測されます。荊州の長官である劉表(りゅうひょう)のもとで中郎将に任命されますが、いつの話かも不明です。

 

呉の孫堅

 

劉表の前任者の王叡(おうえい
)
は初平元年(190年)に不仲であった孫堅(そんけん)に攻められて討たれました。劉表はその後任として朝廷から任命されて荊州の統治に当たります。もしかしたら黄忠は、前は王叡の配下であり王叡の死後にそのまま劉表に仕えた可能性も高いです。

 

黄忠は劉表の従子おい)劉磐(りゅうばん
)
に従軍します。劉磐は劉表軍でも腕の立つ猛将であり、孫策(そんさく)の領土に繰り返し侵入して民を苦しめました。

 

キレる孫策

 

つまり孫策にとって劉磐は厄介な存在でした。史書は何も語っていないのですが、黄忠も従軍して孫策を苦しめたと思います。しかし興平2年(195年)以降、劉磐にとって厄介な人物が登場しました。

 

太史慈

 

太史慈(たいしじ)でした。彼は武勇だけではなく統治能力にも優れており幾度も劉磐の侵攻を食い止めました。劉磐は太史慈が存命している間は、孫策・孫権への攻撃を控えます。


曹操劉備への降伏する黄忠

曹操に降伏する劉琮

 

時は流れて建安13年(208年)に劉表は亡くなり息子の劉琮が後を継ぎました。だが、劉琮はすぐに北方から来た曹操に降伏してしまいます。こうして黄忠の新しい主人は曹操となりました。黄忠の上司である劉磐も新しく赴任した韓玄(かんげん
)
と交代させられます。

 

魏曹操と魏軍と呉軍

 

主君と上司が交代しても黄忠は普通に働きます。ところが、曹操は劉備孫権の連合軍により赤壁で敗北・・・・・・

 

劉備と孫権

 

荊州も劉備孫権の領土争いに巻き込まれました。韓玄は建安14年(209年)に劉備に攻められて降伏。黄忠もこの時に降伏して劉備に仕えます。ここから黄忠の華やかな人生がスタートします。


夏侯淵を討ち、蜀軍ナンバー2の将軍となる

黄忠の様子を見に行く趙雲

 

劉備に仕えた黄忠は、建安17年(212年)から同19年(214年)にかけて劉備に従って蜀の劉璋を攻撃しました。黄忠の武勇は最も優れており次々と敵陣を陥落させました。この功績により黄忠は討虜将軍に任命されます。

 

魏の夏侯淵

 

建安24年(219年)に劉備は、漢中の定軍山を守備している夏侯淵(かこうえん)を攻撃しました。

 

法正と夏侯淵

 

蜀の軍師である法正(ほうせい)は夏侯淵が戦の駆け引きが得意でないことを分かっていたので、魏軍の柵に火を付けて夏侯淵を慌てさせます。

 

法正に敗れる夏侯淵

 

「消火しないと!」と現場に急行した夏侯淵。そんなことは部下にやらせればいいのに、夏侯淵は自分でやりにいきます。夏侯淵が動き始めたことを見届けた黄忠は兵を励ましながら魏軍に近付き、一気に奇襲をかけました。

 

あっという間のことであり夏侯淵は、黄忠に討たれてしまいました。おそらく何が起きたのか自分も気付かなかったのではないでしょうか。

 

黄忠VS夏侯淵

 

魏の幹部クラスである夏侯淵を討った功績により黄忠は征西将軍になりました。さらに劉備が漢中王になると後将軍に就任します。将軍の序列では関羽の次に位置します。劉備のもとで働いて10年で凄い出世です。

 

考える諸葛亮孔明

 

ただし、これには諸葛亮が難色を示します。

 

孔明 悲しい表情

 

「黄忠の名声人望は関羽馬超クラスじゃありません。それなのに彼を同等の位に就かせるのはいかがなものでしょうか?張飛馬超は彼の活躍を近くで見ていたので納得するでしょうが、荊州にいる関羽は納得しませんよ」

 

劉備は諸葛亮の心配ごとを聞くと、「俺が説得する」と言いました。もちろん自分が直接行くわけにはいきません。部下の費詩を関羽のもとに派遣します。

 

激怒する関羽

 

案の定、関羽は黄忠と同列にされたことに激怒する始末。

 

これに対して費詩は、「確かに劉備様は黄忠殿を後将軍に任命しました。しかし関羽殿と黄忠殿の心中の評価は一緒でしょうか?」とコメント。

 

関羽

 

費詩はさらに、位の高低を気にするのは間違っていると関羽を注意しました。それを聞かされた関羽は「失礼しました」と謝罪して前将軍の位を受け取ったのでした。


三国志ライター 晃の独り言 黄忠の年齢は?

三国志ライター 晃

 

こうして関羽と同列になり、これからも活躍が期待される予定だった黄忠でしたが残念ながら延康元年(220年)にこの世を去りました。享年不明です。

 

黄忠は高齢者という印象がありますが、彼の列伝には一箇所もその証拠が出てきません。どこに登場するのかと言いますと、関羽を説得した費詩の列伝に「老兵」という言葉で登場します。

 

昔は人生50年です。黄忠の年齢は不明ですが「老兵」と表記されるところから、おそらく50後半から60歳ぐらいでしょう。

当時としてはかなりの長生きの部類です。

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-13_bnr3

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

黄忠が好きという人はコメントを送ってください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夷陵の戦いにおける黄忠の壮絶な最期を考察【三国志演義】

関連記事:蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン!
  2. 司馬懿 司馬懿渾身の迷作?「讌飲詩」について徹底分析!
  3. 『三国志』をもっと面白く読むためには他の時代も勉強すべき!
  4. 皇帝になることを決意する孫権 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  5. 羊コ 羊祜 魏と晋 三国時代から西晋時代を駆け抜けた羊祜の魅力とは
  6. 司馬懿 司馬懿が就任していた太尉とは何をするの?太尉はどの程度の権力があ…
  7. 曹休 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当な…
  8. 三国志演義が今どき嫌われる理由

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 木戸松子
  2. 周瑜、陸遜
  3. 茶を飲む張角(太平道)
  4. 韓信vs孔明
  5. 陸遜
  6. スサノオノミコト(日本神話)
  7. 石川克世

おすすめ記事

  1. ワラビを食べて餓死!?伯夷・叔斉ってどんな兄弟? 殷の大様
  2. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  3. 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  5. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人 賢人に会いに行く王粲
  6. 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介 曹操&袁紹花嫁泥棒

三國志雑学

  1. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達
  2. そろばんを叩く関羽
  3. 曹操の頭痛の原因は関羽?


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁紹と曹操
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  4. 董卓
  5. 賈詡
  6. 陸遜 剣と刀

おすすめ記事

韓信vs孔明 諸葛亮は陣形・戦法・軍令を駆使して戦に臨んでいた!? 曹仁 曹仁伝から読み取る曹仁の生涯不敗漢、もはや伝説・・・ 劉虞 界橋の戦いで袁紹と戦った公孫サン、その猛将の寿命を縮めた人物とは? 袁術と孫策 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの? 孔融と禰衡 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】 【春秋左氏伝】まるで孫子!曹劌(そうけい)の戦車戦の神采配 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル) 蒙古襲来!鎌倉武士はあまりやる気が無かった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP