董卓の長安遷都の経済基盤はどこから来ていた?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操

 

老後2000万のために投資信託を始めて、毎日株価をチェックする友人がいます。「今日は株で勝った、今日は株で負けた」と毎日そんな話を聞かされます。友人の話を聞いている時に思ったのが、董卓の長安遷都でした。

 

董卓紙幣

 

あれだけの大規模な事業をどうして出来たのでしょうか?今回は正史『三国志』を中心に董卓(とうたく)の経済基盤について解説します。

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく解説しています

 

自称・皇帝
当記事は、
「董卓 経済」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?

関連記事:董卓ってどんな政治をしたの?残虐行為だけじゃない!知識人登用に熱心だった董卓


董卓の長安遷都計画

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

初平元年(190年)に袁紹(えんしょう)を盟主とした董卓討伐軍が結成されて洛陽まで進撃しました。董卓軍も迎え撃って曹操(そうそう)を敗走させますが、孫堅(そんけん)華雄(かゆう)を討たれたりして不利になります。

 

董卓

 

やむを得ず董卓は洛陽を放棄して長安に遷都する計画を立てます。正史『三国志』に注を付けた裴松之が持ってきた華嶠(かきょう)の『後漢書』によると董卓が長安遷都を計画したことが記されています。

 

楊彪(ようひょう)

 

もちろん、長安を首都にしていたのは前漢(前202年~後8年)の話であり、今更そこが首都として機能するか疑問視されます。部下の楊彪(ようひょう
)
楊脩(ようしゅう
)
の父)が、その点をツッコミました。

 

楊彪を司空に任命させる董卓

 

すると董卓は、「武帝(前漢の第7代皇帝)は時々、杜陵(現在の陝西省西安市杜陵県)に住まわれていたこともあって、そこには瓦を焼くための釜土がたくさんある。また、涼州の木材を使えば宮殿はすぐに出来るはず」と自信満々に返答しました。楊彪はそれでも反対しますが、董卓は最終的に遷都を強行します。さて、董卓の遷都の自信はどこから出たのでしょうか?


辺章・韓遂との密約?

ミニチュアで遊ぶ董卓

 

長安遷都に関して董卓は辺章(へんしょう
)
韓遂(かんすい
)
からも手紙が来て2人が長安遷都に賛成している、と部下に言いました。董卓1人が言っていることなので、どこまで本当なのかは分かりません。ただし、今回は手紙の内容が真実ということで話を進めます。

 

病死する韓遂

 

おそらく董卓が言っている手紙の内容は古いものです。なぜなら辺章は中平3年(186年)ごろに韓遂の手により殺害(または病死)されており、この世の人ではなかったからでした。それでは董卓はいつ頃から、彼らと繋がりを持っていたのでしょうか?実はそれらしき手がかりはあります。

 

出世した韓遂

 

中平2年(185年)に涼州の韓遂・辺章は後漢(25年~220年)に対して反乱を起こしました。この時に討伐軍の指揮官の1人として派遣されたのが董卓でした。

 

兵糧庫の中を一杯にした任峻

 

戦いは官軍の有利に進みますが、最終的には兵糧確保が出来なくなった官軍の敗北に終わります。この時、官軍の9割は壊滅したのですが董卓軍だけは、ほとんど無傷で帰還することに成功しています。史料によると董卓は川の水をせき止めて、即席のダムを完成させました。兵士は水が止まっている間に全員渡ってしまい、敵が追いついてきたらダムを壊して追いつかれないようにしたようです。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

なかなか見事な作戦ですが、問題はダムを作る木材がどこから提供されていたのでしょうか?筆者の推測の域ですが、おそらく董卓と韓遂・辺章の間で休戦の密約が交わされており、逃げる時の木材も彼らから得たのでしょう。その時に長安遷都までは言いませんが、将来的に長安で大事業をする計画を彼らと約束したのかもしれません。手紙は戦闘終了から間もなくして、届いたものと考えられます。

 

君主論 董卓

 

董卓が長安遷都後の宮殿造営に涼州の木材を使用することを言ったのは、彼らとの繋がりが途切れていなかったからと思います。以上のことから董卓の長安遷都における経済基盤は、韓遂・辺章の繋がりをもとにしていたと推測しています。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

11月17日に映画「レッド・クリフ」で小喬を演じておられた俳優のリン・チーリン氏が、EXILEのAKIRA氏と結婚式を挙げられました。おめでとうございます!映画の世界だけじゃなく、リアルの世界でも周瑜を選んだことには笑ってしまいました。

 

やっぱり、男は外見だったか・・・・・・まあ、冗談はよしておきます。「レッド・クリフ」から気が付くと10年も経過していたのか・・・・・・時の流れはあっという間ですね。最近、ツタヤでレンタルして見たのですが、本当にいつ見ても面白い作品です。

 

曹操のお墓(曹操高陵)

 

来年は曹操(そうそう)の死と魏(220年~265年)の建国からちょうど1800年なので、曹操関連の映画を製作してほしいですね。

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-12_bnr2

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事に興味・批判・反論がある人はコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも呂布が悪人・董卓を成敗しなかったら三国志はどうなる?

関連記事:董卓の名言を見れば董卓の真の姿が分かる!?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

関連記事

  1. 援軍に向かう陳表軍
  2. 魯粛と周瑜が詐欺を決行
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 鍾会を説得する姜維
  5. 水魚の交わり
  6. シリア 関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP