【三国志ミステリー】匈奴にとらわれた女流詩人・蔡文姫と彼女の詩にまつわる異説


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蔡琰

 

興平年間(194年~195年)に董卓(とうたく)の残党は各地で暴れ回りました。その時に、ある1人の女性が動乱に巻き込まれて、匈奴(きょうど
)
まで拉致されます。女性の名は蔡琰(さいえん)蔡文姫(さいぶんき)が有名なので、この記事では蔡文姫で通します。彼女はいったい何者なのでしょうか?今回は蔡文姫と彼女の代表作「胡笳十八拍」の異説について紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

関連記事:蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人


蔡文姫とは何者?

 

蔡文姫は後漢(25年~220年)末期の政治家で、学者でもあった蔡邕(さいゆう)の娘です。

 

羊コ 羊祜 魏と晋

 

甥は西晋(280年~316年)の将軍である羊祜(ようこ)。まさに華麗なる一族です。蔡文姫は才女であり弁舌・琴に優れていました。父の蔡邕は後漢の歴史書『東観漢紀』を執筆したり、また董卓からの信任も厚く董卓は蔡邕の言ったことは絶対に聞いていました。

 

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

しかし初平3年(192年)に董卓が呂布(りょふ)王允(おういん)の手により暗殺されると、蔡邕は董卓派の官僚と同罪とされて処刑されます。娘の蔡文姫は無事であり夫の衛仲道と難を逃れますが、夫も間もなく死去。

 

李傕・郭汜祭り

 

やがて興平年間(194年~195年)に董卓軍の残党が逃亡した献帝(けんてい)を奪取するために、各地で略奪を始めます。蔡文姫はこの時、その争いに巻き込まれました。その結果、匈奴まで拉致されて、南匈奴の劉豹(りゅうひょう
)
(左賢王)の側室となります。

 

泣く曹操

 

やがて時は流れて建安12年(207年)に、蔡邕と親交があった曹操(そうそう)は蔡氏が途絶えていることを悲しみました。曹操は蔡文姫を探し当て彼女が南匈奴に捕まっていることを突き止めます。曹操は身代金を支払い蔡文姫を連れ戻しました。

 

戻ってきた蔡文姫は3度目の結婚をしますが、その相手が死罪に匹敵する行いをしました。蔡文姫は曹操を説得して、死罪を免じることを頼みます。曹操は夫の死罪を免じる代わりに、戦乱で失われた蔡邕の蔵書の復元作業を頼みます。現在の博物館学芸員の仕事です。

 

「分かりました」と了承した蔡文姫は、約束通りに綺麗に誤字・脱字なく復元作業を完成させることに成功しました。曹操は約束通り、夫の死罪を免じたそうでした。その後の蔡文姫については分かりません。

 

魏の嘉平元年(249年)まで生きていたようですが、確たる証拠はありません。


蔡文姫の詩は偽作?

 

蔡文姫には「胡笳十八拍」という詩があります。南匈奴に捕らえられている時に作ったものであり、悲しい内容の作品でした。これを聞いた曹操は非常に感動して、連れ帰ったと言われています。ほとんどの人は、蔡文姫の作品と言い張っていました。北宋(960年~1127年)の王安石(おうあんせき
)
黄庭堅(こうていけん
)
、南宋(1127年~1279年)の李綱(りこう
)
王応麟(おうおうりん
)
などは肯定論者です。

 

また近代の歴史学・文学者の郭沫若(かくまつじゃく)氏も蔡文姫の作品であると言っています。郭沫若氏によると内容から、体験者でないと書けないものが多いと断定しています。一方、劉大傑氏は以下の反対論を展開しました。

 

(1)文章の技巧が後漢のものではない

 

劉大傑氏によると文章の技巧が、後漢の作風に合っていないとのこと。筆者も中国文学の専門的な勉強は行っていないので、この話はここで筆を置きます。

 

(2)「胡笳十八拍」の話は唐(618年~907年)以前の書物には出ない

 

実は蔡文姫の「胡笳十八拍」は唐以前の書物には全く出ていません。『後漢書』・『文選』・『宋書』・『晋書』の掲載ゼロですし、当時の有名詩人でさえ彼女のことを全く話題に出していません。

 

そのことから、「胡笳十八拍」は唐以降の偽作という説が出ています。

 

(3)当時の状況を全く知らない

 

「胡笳十八拍」では南匈奴と後漢が長期間戦争状態である風に描かれています。ところが、南匈奴は後漢末期の時点で後漢に帰順しています。博識な蔡文姫が、そんなことを知らないはずがあり得ません。つまり、これは著者が状況を知らないで想像で描いた可能性が高いということです。以上のことから、現在の学会では蔡文姫の「胡笳十八拍」は偽作ではないかという説が濃厚になっているようです。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が蔡文姫の生涯と彼女の詩である「胡笳十八拍」の異説に関しての解説でした。これだけの仮説を出されていますが、肯定論者は主張を譲っていないそうです。詳細は不明ですが最近では「蔡文姫は本当に蔡邕の娘なのか?」、という議論まであるようです。そこまで話し合うか?、と突っ込みたくなりました。

 

余談ですが筆者は今から6年前に「曹操」というドラマを見ました。中国版『蒼天航路』です。その中で蔡文姫は曹操の初恋の人という設定だったことを記憶しています。ドラマのクライマックスで曹操は、夫の罪を免じる代わりに彼女に書物の修復作業をさせる話が出ます。

 

興味がある人はレンタルでもよいので、ご鑑賞してください。

 

※参考文献

・李殿元・李紹先(著) 和田武司(訳)『三国志考証学』(講談社 1996年)

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-12_bnr2

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事に興味・批判・反論がある人はコメントをお願いします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上

関連記事:曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

 

【多種多様な思想をわかりやすく解説】
はじめての諸子百家

 

 

関連記事

  1. 何晏
  2. 龐統

    デザイン担当:よりぶりん

    劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

    伏竜(ふくりゅう)というあだ名で呼ばれた孔…

  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 韓信

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP