羅貫中原作『三国志演義』における趙雲は、どんな活躍をしたのか?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

五虎大将軍の趙雲

 

趙雲(ちょううん)は蜀(221年~263年)の将軍であり、蜀の中でもトップクラスの五虎大将軍の1人です。彼は正史『三国志』では事績が少ないですが、小説『三国志演義』では、とにかく出番が多いです。どんな活躍が描かれているのでしょうか?

 

今回は小説『三国志演義』をもとに趙雲の活躍について解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「羅貫中 趙雲」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について

関連記事:なぜ趙雲は劉備に仕えたのか?損得勘定の心理とは無縁の忠義の漢?


文醜との一騎打ち

袁紹

 

初平2年(191年)に袁紹(えんしょう)韓馥(かんふく
)
から冀州を奪います。損害も出さずに冀州を奪えて安心していた袁紹でしたが、ある日、公孫瓚(こうそんさん)の弟(正史は従弟)である公孫越(こうそんえつ
)
が来ました。

公孫越

 

「一緒に冀州をとろうと言ったのに、あの約束はどうなったのですか?」

 

心中で面倒くさいと思った袁紹でした。もちろん約束は最初から守るはずありません。とりあえず公孫越にたっぷりと酒を飲ませて帰らせると、夜道で殺害してしまいます。

 

顔良と文醜

 

弟が殺されたことを知った公孫瓚は怒り心頭ですぐに出兵しました。迎え撃ったのは袁紹軍ナンバーワンの豪傑である文醜(ぶんしゅう
)
。文醜の前に公孫瓚軍の兵士は次々と討たれていきます。このままでは自分も討たれると思った公孫瓚はすぐに逃走開始。

 

「待て」と文醜は追撃。公孫瓚は絶体絶命でした。だがその時、槍を持った若い男がいきなり割って入ってきました。

「誰だ貴様は?」と文醜が尋ねるも、男は何も言わずに文醜に向けて槍の一突き。文醜が持っていた戟は吹き飛ばされました。

 

「勝負は後日・・・・・・」と捨て台詞を吐いて文醜はその場から姿を消します。さて、助かった公孫瓚は男に礼を述べて名前を尋ねます。

「私の名は趙雲、字(あざな)は子龍。元・袁紹配下です。主となる人物を探して袁紹にたどり着いたのですが、彼の人柄を見たら仕える気も失せました。」

 

それを聞いた公孫瓚はよければ自分の配下にならないか、とスカウトします。ところが趙雲は「あなたなら、まだマシのようですね」と笑うだけでした。その後、趙雲は公孫瓚の客将である劉備と知り合い、こっそりと主従関係を結びます。


劉備 孫権の妹と結婚

劉備と孫権

 

建安14年(209年)に劉備(りゅうび)孫権(そんけん)に無断で兵を動かして零陵・桂陽・武陵・長沙の領地を奪取しました。しかし間もなくして荊州の前の長官である劉表(りゅうひょう)の息子の劉琦(りゅうき)がこの世を去りました。孫権は待ってましたとばかりに、荊州領土問題の話を始めます。だが思った以上に進展しません。

 

劉備とイチャイチャする孫尚香

 

そこで周瑜は孫権の妹を劉備に差し出すことを提案します。ただし、結婚式は呉(222年~280年)で行うのです。周瑜は劉備を呉で捕縛することを提案します。グッド・アイディアと思った孫権は、早速劉備に話を持ちかけました。だが、孫権の妹は18歳、劉備は49歳・・・・・・親子ほど年齢が離れていますので、どう考えても不釣り合い。

 

孔明

 

どうせ罠だと分かっていた諸葛亮は、劉備のボディーガードとして趙雲を同行させます。諸葛亮は趙雲に巾着袋を渡して、ピンチの時に開けることを伝えます。

 

孫尚香

 

さて、周瑜と孫権の作戦は思わぬ形で失敗に終わりました。劉備と面会した呉国太(孫権の母)と喬国老(大喬・小喬の父)が劉備を気に入ってしまいます。それどころか、劉備は仁徳パワーで孫権の妹のハートを射抜きました。

 

孫権と周瑜は赤っ恥の上に、呉国太から滅茶苦茶怒られます。怒られっぱなしでは納得がいかないので、2人は第2の作戦に出ました。劉備を女のハーレムに投げ込むことでした。孫権たちに誘導されるまま、ハーレムに投げ込まれた劉備は女を周囲にはべらして、「俺TUEEE」とラノベの主人公のような暮らしを始めました・・・・・・

 

・・・・・・さすがにそんな劉備を見ていた趙雲は劉備のことを情けないと思います。「天下統一の夢はどこいった?」と嘆いている趙雲ですが、思い出したのが諸葛亮からもらった巾着袋。急いで開けると中には「なるほど」と思うことが書いてありました。


呉を脱出

劉備を徹底サポートする趙雲

 

趙雲が劉備のもとに行くと劉備は昼間っから絵に描いたようなラノベ生活送っています。ますます頭が痛くなった趙雲は、「曹操軍が荊州に攻め込んできました」と劉備にウソをつきました。もちろん、これはウソです。諸葛亮がウソのシナリオを巾着袋に入れておいたのです。

 

ウソにだまされた劉備は目が覚めて、「帰ろう!」と言い始めます。劉備の切り替えの早さも天下一品。こうして劉備と趙雲は荷物をまとめて孫権の妹と一緒に呉を脱出しました。途中で周瑜の妨害にあいますが、諸葛亮が配置していた伏兵により撃退されました。趙雲は見事に劉備を守って荊州に帰還したのでした。


三国志ライター 晃の独り言 行けなかった「三国志展」

三国志ライター 晃

 

東京国立博物館と九州国立博物館で開催されていた「三国志展」が終了しました。筆者は・・・・・行けませんでした!色々と忙しくて見に行くことが出来なかったのです(泣)どうか読者の皆様、筆者のことを「なんちゃって三国志」と思わないでください!これでも日々勉強はしています。どうかこれからも末永く筆者の記事をよろしくお願いします。

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-13_bnr3

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。趙雲のファンという人はコメントをください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん

関連記事:もしも趙雲が劉備の配下じゃなかったら?if三国志を考察してみる

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 

関連記事

  1. 若かりし劉備
  2. 五斗米道の教祖・張魯
  3. 劉備とサンタクロース
  4. kawausoと呂布と張遼
  5. 馬良って何した人だっけ
  6. 丁奉(ていほう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP